サブカルチャー

2019年5月 6日 (月)

190427平成ネット史展

190427平成ネット史展
平成は固定電話・パソコン通信→インターネット→携帯電話→スマホといった通信革命が起こった年代でもありました。
その平成のパソコン、ネットを振り返る展示会が大阪のNHKで行われました。
Img_4468 Img_4478 Img_4479
ほぼ50代~20代の層がなつかしーとか言い合ってましたw
Img_4562 Img_4480 Img_4481 Img_4484 Img_4485 Img_4487 Img_4489 Img_4490 Img_4491 Img_4492 Img_4492 Img_4493 Img_4496 Img_4495 Img_4501 Img_4502 Img_4503  
背面の「掲示板」にはまさにカキコ、記念パピコが多数。
Img_4529 Img_4536 Img_4535 Img_4531 Img_4530 Img_4534 Img_4533 Img_4532 Img_4471 Img_4472
さっきまでトークショーを行ってたセットは今年初頭に放送されたテレビ番組
「平成ネット史(仮)」の放送セットを真似て作ってあります。
Img_4504 Img_4560 Img_4524 Img_4520 
流石に後ろの本棚は書き割りですが、90年台に一斉を風靡したガジェットが並んでいます。
Img_4542 Img_4543 Img_4540 Img_4539 Img_4545 Img_4541 Img_4556 Img_4548 Img_4546 Img_4547 Img_4552 Img_4550 Img_4553 Img_4551 Img_4555 Img_4554 Img_4557 Img_4558 Img_4559
         

2018年12月 1日 (土)

181125PART3-上野発江戸行きタイムワープの旅

181125PART3-上野発江戸行きタイムワープの旅
今度は江戸にタイムワープ!
Img_3359Img_3360
いきなりなんだこの猫茶屋というのは?!江戸時代の猫カフェに来てしまったのか?!
実は、猫カフェが提供する出張店舗です。なかはまんま猫カフェですw

癒やしてくれる猫たちは保護猫、つまり捨てられたりした猫たちです。
良い里親が見つかれば引き取られるそうなのでお目当ての猫がいないからと行って嘆かないようにw
https://edonekochaya.com/

最後は江戸東京博物館。昨年半年休館してリニューアルオープンされました。
Img_3499
日本橋の再現です。
Img_3361Img_3363Img_3378
名刀白川臣正繁。美しい刀身です。
Img_3370Img_3373
体験できるかごです。子供が入って遊んでました。
Img_3375
体験できる纏(まとい)子供にはちょっと重たいかも?
Img_3380
江戸の出版に関する展示です。
浮世絵の版木や当時の出版状況、絵草紙屋や貸本屋の実態です
Img_3381Img_3382
Img_3383
Img_3384Img_3385
Img_3388Img_3387
Img_3389Img_3390
二八蕎麦の屋台。肩で抱えて売り歩いていたようです。落語「時そば」の蕎麦屋もこんなかんじだったことでしょう。
Img_3391Img_3394
Img_3396
Img_3397Img_3398
満杯の千両箱の模型。重さは実際に近づけてます。約11kg!激重ですw
Img_3400Img_3401
江戸歌舞伎の「助六」展示で知ったのですがこれって曽我兄弟仇討ち
(鎌倉時代の復讐譚。日本三大仇討の一つ)の変形だったんだと驚きました。
Img_3414Img_3416
今回、常設企画展「玉」ということで古代の勾玉やそれをアクセサリーとして
身につけた埴輪(首のところにネックレスがある)などが展示されています。
Img_3422Img_3420Img_3424
Img_3425
Img_3427Img_3429
復元された冠です。
Img_3431Img_3435
近代から昭和へ。
昭和の平屋も展示されてました。磯野家だw
Img_3441
ダットサントラックです。
Img_3442
戦後の闇市でうられていた日用品。
基本粗悪品をぼったくり価格で売っていたものですが、物資不足の折飛ぶように売れたそうです。
Img_3464Img_3461Img_3463
Img_3462Img_3465
昭和20年代の街頭テレビの復元です。
Img_3448
昭和の団地です。こんなの、私らにとってはただの現実なんですが、
これも平成っ子には過去の歴史、なんでしょうかね???
Img_3482Img_3484
Img_3483Img_3443
昭和~平成風俗の変遷です。インベーダーやゲームウォッチ、ファミコン、Imacまで。
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーパート2」で
クラシックコンピューターと銘打ってMacが売られてたのを思い出します。
現実が映画をこえちまったよw
Img_3451Img_3491Img_3453
Img_3454Img_3455_4
Img_3456Img_3457Img_3458
Img_3459Img_3460
やっと平成30年までもどってきてしまいました。
1日でしたが江戸~明治~昭和~の400年間をタイムワープして楽しんだ感がはんぱなかったです。
こういう秋もいいもんです。w

2018年11月30日 (金)

181125PART2-上野発江戸行きタイムワープの旅

181125PART2-上野発江戸行きタイムワープの旅
明治から平成までスピードで駆け抜けたので

いったん昭和に巻き戻してタイムワープ!
Img_3307
と、ここは御茶ノ水の男坂。
まだ登り始めたばかり…じゃなくて、降りるんです!w
ここは御茶ノ水の明大キャンパス内です。
明大には男坂と女坂があります。角度が急で登るのがしんどいほうが男坂、
ちょっとゆるくて女性でも登りやすいのが女坂だそうです。
Img_3308
その男坂を降りて、ちょっと曲がったところにあるのがコミケを創設した3人組の一人、
米やんこと米沢嘉博記念図書館。日本最大、ということは世界最大の同人誌図書館です。
Img_3310Img_3336

ここで企画展「魔夜峰央展」を見に来ました。代表作「パタリロ!」100巻発売並びに娘の山田まりえさんデビューを記念して?の
企画展です。ファンの女の子(ということにしときましょう)が多数詰めかけてました。

https://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-mayamineo.html
かわいい獣人のイラスト。
キチンと描いたら美麗になるんだろうなあw
Img_3312Img_3334

怪奇と耽美と関西ノリのギャグ。本来絶対合わないものを
ここまでうまく合わせられるのはさすが少女漫画界一、二を争うダンディーガイ。
Img_3315Img_3318
Img_3326Img_3329
Img_3330Img_3342
Img_3332Img_3333
Img_3339Img_3337
Img_3353Img_3345
Img_3347Img_3350
ボイスメッセージです。なかにスマホが仕込んであって再生ボタン(タッチパネル)を押すと
魔夜峰央先生の渋いお声を拝聴できますw
Img_3335
将来的にはこの辺り一帯を改装して大きなマンガミュージアムにする計画のようです。そして米沢嘉博記念図書館は
蔵書(米やんの同人誌コレクション)もろともマンガミュージアムに移転する予定だそうです。
まだ時期未定ですが、夢はでっかいなあー
Img_3356
おれはまだ登り始めたばかりだ、この男坂を・・・・いやさっさと登れよ、でないと先へ進まんだろがw
Img_3358

181125PART1-上野発江戸行きタイムワープの旅

181125上野発江戸行きタイムワープの旅

昨日のMI68がメインだったので、今日はのんびり過ごしたい。ビッグサイトでコミティアをやってるけど、
行ったら歩き回るのがわかってるので体が壊れてしまいそう…むしろゆっくり秋の東京を散策してみたい…
そんな考えで上野公園へやってきました。
Img_3047Img_3059
Img_3061Img_3062
上野駅構内のポケモンたち。ムンク展のポスターですが、今回はこっちは行きませんw
Img_3056Img_3049Img_3054
某パタリロ殿下の超能力みたいなタイムワープ能力で、明治時代へ行ってみますw
でわターいムワープ!
Img_3064
目的は国立科学博物館(科博)での特別展「日本を変えた千の技術博」です。今年明治150年ということで、
明治から大正、昭和、平成へとつながる150年の日本での文明と技術についての日本の近代史そのものです。
近代科学と技術は教育から始まりました。学校が始まり、近代的な教育、自然科学への啓蒙が行われます。
Img_3072Img_3078
Img_3085Img_3087
*****
度量衡(長さ重さ距離速度など単位系)の統一が近代化においては重要視されました
メートル、キログラムが西洋と同じものに規定され、世界と同じ”ものさし”を使うようになりました。
Img_3091Img_3092
Img_3094
*****
明治の産業は重工業よりも生糸生産などの軽工業が主でした。
Img_3097Img_3100Img_3101
*****
電信電話機。日本の情報化への始まりです。手紙より断然早い通信手段がスタートしました。
Img_3106Img_3111
Img_3108

これは電話交換機。
Img_3109
*****
蓄音機。いまのレコード、CDプレーヤではなく、むしろ録音機能に重点が置かれていました。
いまのアナログ・レコードともずいぶん違います。
Img_3114Img_3115
Img_3116
*****
腕時計用のゼンマイです。
Img_3121Img_3122

世界初のクオーツ腕時計。49年前です。アポロが月に行った年ですね。
確かアポロ11号のパイロットが使ってた時計はオメガかタグホイヤーでクオーツではなかったような?
Img_3125
*****
主に昭和期に作られた家電製品です。
棒状の湯沸かし器は水の桶に入れて電熱器の要領で沸かすものです。お風呂用?
Img_3133Img_3134
Img_3136Img_3139
氷型冷蔵庫は喫茶店や寿司屋など商売で使う人が主に使っていたようです。
Img_3141
*****
中島式の栄発動機です。零戦にも使われた名エンジンですが、熱を持つと潤滑油が漏れてえらいことになったそうです。
そこら編はアメリカのグラマンやドイツのメッサーには叶わなかったそうです。
Img_3149
戦後中島や三菱の開発者(零戦の堀越二郎などが有名)が再度挑戦したのが旅客機YS-11です。
Img_3150Img_3152
*****
はやぶさが気の遠くなるような世界からイトカワのかけらを持ち帰ってきた、その動力になったのがこの小さなイオンエンジン。
原付きのエンジンくらいの大きさしかありません。
Img_3154
*****
なんと大正時代製造されていた電気自動車です。当時の燃費やバッテリー性能の面で実用化には程遠かったようですが、当時から考えていた人はいたんだなあと。
Img_3160
*****
マツダの名車コスモスポーツです。
かっこいいんだけど燃費は悪いw
Img_3162Img_3166
*****
セルロイドも昭和の貴重な遺産です。
もっとも非常に燃えやすいので、保存しづらいとは思いますが。
Img_3169Img_3170
Img_3171Img_3173
Img_3174Img_3175
Img_3179
*****
合成繊維、いわゆるナイロンです。
Img_3181Img_3182
Img_3183Img_3184
*****
公衆電話。ダイヤル式がいまは新鮮です。
Img_3203Img_3204
*****
ポケベル。もう使い方思い出せないやw
Img_3205Img_3206Img_3207
*****
最初の携帯電話。ショルダーホンとその前身である自動車電話です
Img_3209Img_3210
Img_3213

これは1970年の万博で提供されたワイヤレスホンです
Img_3212

AV機器の走り、テープレコーダーです。
Img_3214Img_3215
Img_3216Img_3220_2

*****
セイコーの世界最小腕時計型TV、ウォッチマンです。
チューナーはでかいんだけどねw
Img_3227Img_3230
いまはスマホでハイビジョンが映るなんて夢みたいだw
*****
戦前に使われたX線撮影装置(レントゲン)。いまみたいに鉛の壁で覆った
放射線源を使ったものに比べるとずいぶん開放的過ぎて怖いw
Img_3233
*****
計算機の歴史です。
手回し計算機、計算尺、シャープのフルキー電卓「コンペット」です。となりはなんとソニー製電卓。
フルキーは各桁の0-9を叩くタイプで、電卓の前の電動計算機では常識でした。
これをテンキー型にしたのはカシオです。
Img_3239Img_3240

そのカシオのカシオミニ
Img_3243
*****
シリコンウェハーです。かつては日本の専売特許だったメモリ技術。
Img_3244
*****
これは投網でもゴミでもありません。ロジック回路を構成したジャンパワイヤです。
これが回路一つ一つをつないでいます。とはいえ、
このUNIVAC I 相当の性能はいまの8ビットパソコン程度なんですがね。
高集積化が恐ろしく進んだことがわかろうというもの。
Img_3249Img_3247 Img_3248 Img_3250
*****
8080A(インテルの8ビットマイコン)用のマイコンキット。日本ではもうちょい遅れて
Tk-80やMZ-80などが作られました。
日本にとってらッキーだったのは、8080ではなく、
洗練されたZ80が主流になってから普及したこと。
けど最初のBASICパソコン、日立ベーシックマスターはインテルでもザイログでもなく、
モトローラでしたw
Img_3251
Img_3252Img_3253
*****
初代PC-9801です。日本の、日本語のパソコンを本格的に引っ張った初代機です。
ワープロ、表計算(当時は簡易言語とよんでました)、データベースのビジネス三種の神器を
不自由なく高速に処理できる16ビットパソコンでした
8086だったのでOS(MS-DOS)が使えるのもメリット大でした。
個人的には唯一国内パソコンで「ギャプラス」が動くので羨ましかったですw
Img_3254Img_3258

謄写版、いわゆるガリ版です。今はゼロックスが当たり前ですが、
40年くらい前はふつうにこれでわら半紙にテストとか印刷してましたw
Img_3259

日本初のワープロです。キーボードとか見ても今のパソコンとあまり変わりません。
Img_3261Img_3264
私も高校の頃、1行か2行表示の持ち歩きできる(といってもトランクくらいの大きさだった)
簡易ワープロを買いました。
不自由な環境でしたが、日本語で文章書いて、きれいな文字で印刷できる。
それだけで夢のようでした。そう、私は字が汚かったのですw
これでマイコンクラブの会報作ったりとだいぶ活躍させてもらいましたね。
*****
セイコーの腕コン。パソコンと連携する、いまでいうウェアラブルの元祖です。
後にエプソンのHC-20、RAPUTAでやっと日本語表示、そしてAppleWatchで劇的に進化していきました。
Img_3265Img_3268
*****
高度成長期に見た夢。真鍋博先生が21世紀のイラストとして1969年に描かれたものです。
今見るとあたってるところが多くて驚きます。
Img_3283
未来の放送。他チャンネルを同時にはネット配信やデジタル放送が実現してますね。
Img_3286
未来のコンピューター。TV電話はできるけれど色んな事情で実現してませんが、ネット投票はまだまだですね。
Img_3288_2
未来の百貨店。これまさにAmazonですねw
Img_3290
*****
科博らしいお土産。なんと本物の化石がガチャで入ってますw一つ300円とリーズナブル。
ゴニアタイトとか琥珀は美しいんだけど、
恐竜の骨の化石なんてただの汚い石ころにしか見えないぞw
でも、テンション上がるわーw
Img_3291Img_3292Img_3293
3回まわして一つはゴニアタイトが出ました!琥珀が出なかったのがちょと悔しいけれどw
Img_3521Img_3524Img_3522_2
Lineup
*****
昼食は上野駅2Fのつばめグリルでいただきました。品川だけでなく上野にもお店があったとは。
現在、博物館や美術館のチケット提示で割引やサービスが受けられるチケットキャンペーンがおこなわれています。
つばめグリルでは、アイスorホットコーヒー1杯無料です。ちょと得しましたw
Tubame1Tubame3

*****
その2へ続く

2018年11月26日 (月)

181118共産圏写真展(心霊ではない)

181118共産圏写真展
かつて栄華を誇った旧共産圏。ロシアを始め、ウクライナ、キエフ、カザフスタン、グルジア(ジョージア)
エストニア、リトアニア、ラトビアなど
ソ連邦(ソビエト連邦)を担ってきた数々の国々。それらの強国スローガンを掲げた象徴、
工業を支えた発電設備、かつての都市だった”もの”はすでに忘れられて久しい。

もちろん旧共産圏だけではない。我々自由主義国家でも開発の影に廃墟がある。
また現在中国などでは開発とゴーストタワマンなど廃墟化が急速に同時進行しているという。

そんな旧共産圏や台湾、韓国、日本の廃墟を取り続けているフォトグラファー、星野藍氏の写真展である。
https://www.momomogura.com/
Img_2814Img_2816Img_2817
Img_2815Img_2819
Img_2820Img_2821
Img_2818Img_2823Img_2825
Img_2824Img_2826
Img_2827Img_2828
Img_2829Img_2830
Img_2833Img_2835
Img_2836Img_2842
Img_2843Img_2848
Img_2849Img_2852
Img_2855Img_2856
Img_2861Img_2840


まるでアニメか特撮に出てくるような未来デザインだが、当時はこれに本当に社会主義や産業の未来を見ていたのは間違いないわけで。
こういうの見るといたたまれないのは、1970年台ニューファミリーの象徴としていた
かつてのニュータウン団地の状況とオーバーラップしてしまうからだろうか?

今回はくじ引きを引いてみた。
Img_2863
あたったのはただのトートバッグ。しかし、このあと恐ろしいことが待っていた。
部屋に放置して、電気を消すと…
Img_3514




Img_3517



おわかりいただけただろうか…
Owakari
きゃーーーーーーーーーーーーーー!!!

2018年7月14日 (土)

180708オールアバウトベーマガ2SP_in大阪

180708オールアバウトベーマガ2SP_in大阪
豪雨一過ベーマガイベントへいってきました。
先日までの雨がやんでくれたのは天の恵みか、と感謝して南港ATCへ。
トレードセンター駅で降りると、わくわくしてきます。
Img_0161 Img_0162
途中で海へ出ると、さんふらわあが見えてきます。快晴とは行きませんが、悩まされた雨がやんでくれただけでもありがたいです。
Img_0163 Img_0164
会場につくと、まず物販コーナーへ。買い物目当て化とばかにするなかれ。物販はイベント継続のための重要なファクターなのだ。
物販はそのブースの売上につながり、次回のイベントへの協賛資金になる。
現に、前回前々回の結果が良好だったからこそ、今回の大阪イベントは
有志ではなく電波新聞社がビジネスとして主催してくれたわけですしおすし。
Img_0174 Img_0175
ヘルメッツさんのブースは今回はこちらの会場へ移動。
X68000/X68000XVIラズパイケースの先行販売を行っています。
参考出品としてアクセサリとしてのX68000キーボード、マウス、ジョイスティックを。
ケースに添えるインテリア(単なるオブジェ)として出るかもしれません。
Img_0062_2 Img_0222
九十九電機とスマイルブームとのコラボで作られたラズベリーバイ専用プチコン(smilebasic)「PiSTARTER」です。
すでにmicrosdにOSとBASICがパッケージングされていてラズパイに差すだけで使えます。
サンプルのシューティングゲームで遊んでみましたが3DSのプチコン以上に動いてくれます。
プチコンと違ってUSBキーボードやUSBコントローラも使え、より自由度が高いです。
Img_0182 Img_0183
ツクモさんによると店頭でも販売したいのだが、時期はまだ未定。
ただし出すとしてもパッケージは変わるとのこと。なぜならパッケージに誤植がみつかったからw
だから先行販売は本会場だけの限定版になります、とのことでしたw
Img_0224 Img_0226
Img_0227
電波新聞社のブースではベーマガTシャツやタオル、シールなどを販売していました。
おもしろいところでは電波新聞社で使われているゴミ箱!鉄でできたすごく丈夫なゴミ箱です。
会場入口ではベーマガのキャラを使ったアクリルホルダーをがちゃがちゃで販売していました。
オールドスタイルは早々に完売。私が当てたのはかなり後期の方のつぐ美バージョンでした
Img_0186 Img_3609
秋葉原のゲームショップBEEPさんはベーマガのバックナンバーを販売。隣ではレトロPCの展示が行われていました
PC-8001MKII、PC-9801、FM-NEW7、PC-6001mkII、X1、X68000も
Img_0176 Img_0177
Img_0178 Img_0185
Img_0180 Img_0181
会場で手続きをすると、クリアファイルと歴代ベーマガの表紙が記載されたパンフレットをいただきました。
ほかにも、アーケードゲーム「クレイジークライマー」を特集した冊子も。
これ、kindleで電子書籍として出たものを冊子にしたものです。
電子版買ってたんだけどなあw
Img_0216
Img_0217 Img_0219
入場証として、つぐ美ちゃんイラストのバッジもいただきました。これをみにつけてれば会場を出ても大丈夫です。
Img_3612
さて、会場が始まり、司会の山下章さんが登壇。割れんばかりの拍手が巻き起こります。
Img_0193 Img_0194_2
そして、第一部ゲストの面々。
向かって左から順にベーマガ大橋編集長、森巧尚さん、断空我さん、大堀康祐(当時のPN:うる星あんず)さん、古代祐三さん。
Img_0204
最初に注意で、写真撮影は登壇時のみでお願いします、
SNSやブログで裏話は無用に願います、と言われてしまうw
なるほど、実際話し出すとやばいはなしがマジ卍でポンポンとでてきます。どこを切り取っても
公表NGな内容で、困ってしまいましたw
なにせ一部伏せ字にしただけでこのとおり全くなにがなんだかわからなくなりますw
Fuseji
************
いくら東京から500km離れた大阪だからって羽目外しすぎじゃないかと心配してしまいましたw
第2部は電波開発ルームのなにわ(藤岡忠)さんが出てきて、
DEMPAマイコンソフトの裏話を(これも表に出せない話ばっかり)
Img_0214
*************
第3部では全ゲストが集まって更にやばい裏話がどどどどんと。
香港旅行の羽目外しすぎナイトや
テレビの企画でスペインまでド***しに行った話や
編さんや影さんにまつわる驚愕の事実までw
*************
非常に充実した3時間でした。
終わってから、ATC内のサイゼリヤで速い夕食をとりましたが、
内容を反芻するだけでニヤニヤしてしまい、店員さんに引かれたかもしれないw
Img_e3613
待ったかいがあってとても楽しいイベントでした。
追記:先日の豪雨のせいで当日参加できなかった方も多数おられたそうで、
twitterでイベント主催者から不参加だった人に当日の配布物を差し上げたいとの申し出があった。
山下さんの最初のあいさつも豪雨災害被災者へのお見舞いでした。

2018年4月29日 (日)

180421点描の鬼

180421点描の鬼
モモモグラでレオ澤鬼展。
レオ澤鬼といっても名は知らない人が多いと思うが絵を見ればあっと思い出す人も多いだろう。
点描で主に女性のヌードを描くのが特徴で、スポーツ新聞のエロいページやポルノ小説の挿絵が多い。
あとは週刊誌のハードボイルド小説の挿絵で有名だ。
Img_3372
Img_3373 Img_3377
Img_3374

とにかく点描が半端ない。いまではスクリーン・トーンで処理するようなものを
すべて手作業で点を打つのだ。
これで描かれたヌードは艶めかしいとかよりもむしろ大理石の彫像のような硬質な印象すら受ける
(目の中に瞳を描かないことも多いので余計にそう感じる)それが女体のヌードを
肉体というより女神とか悪魔とかそういう人外のものにすら見えてくる。もっというと
魔除けにおいてるガーゴイルのイメージ。
Ext01
ちなみに、ヌードやハードボイルド以外にも、児童文学の仕事もされている。
シャーロック・ホームズやフランケンシュタイン、透明人間など名作の少年向けリライトの表紙絵だが
やっぱり徹底的な点描。ホームズに至ってはカラーでやっている。これだけでも脱帽ものだ。
Img_3375
Img_3381
Img_3379_2 Ext02
ただ、レオ澤鬼先生の特徴として、女体は巨乳しか描いていないw貧乳は1枚も描いてないのだ。
おれはおっぱい星人なんだというこだわりなんだろうなあwww

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ