書籍・雑誌

2017年2月12日 (日)

170122おおさか作戦

170122おおさか作戦
大阪ではめずらしいガルパンのオンリーイベントおおさか作戦に参戦してきました。
淀屋橋から少し歩いたところにある貸し会議室AAホールで、ほんとうに狭い空間に、所狭しと多くの参加者が参加されていました。
ガルパン放送から4年は立ってますがいまだ人気衰えずとは恐れ入ります。
こちらはフリースペースの落書き。愛されてる感がたまらん。
Img_2409Img_2411_2
こっちはお習字コーナーの書き込み。
Img_2412
おおさか作戦の後、ちょっと谷町五丁目へ寄り道。
古書会館へ。ここでは月一古書会という即売会を定期的に行っていて、
古書マニアや目利きが猛禽類の目で狙ってますw
Img_2413 Img_2414
今回目についたのは雑誌「大阪人」です。
丸善からだしている「東京人」の向こうを張ってだしていて、わりと地元色豊かな雑誌だったのですが出版不況を受けて休刊してしまいました
その末期、2007年の号で、特集が「日本橋の逆襲」歴史的経緯と、
ストリートフェスタなど新しい顧客獲得、
ロマのフ比嘉監督などのコンテンツ作成に注目したものでした。
Dscn1343 Dscn1344
Dscn1345 Dscn1346
Dscn1347
残念なことに、今の日本橋は活性化どころか、
なんば梅田向け外国人観光客用ホテル街と化しつつあります。要は寝るだけの場所、と。

170114 幻獣辞典

170114 幻獣辞典
Amazonで買い求めた幻獣辞典が届いた。
幻獣辞典はボルヘスが古今東西の想像上の動物を記載した時点で、日本版はあいうえお順、最初の項目は
這いよる影である「ア・バオア・クー」である。ほかにも東洋の龍や、
不思議の国のアリスにでてくるチェシャ猫など個性豊かな幻獣がならんでて読んでるだけで楽しい。
Gen01
Gen04 Gen05
Gen06
実は先に文庫版を買っていたのだが、文庫版は挿絵が既存文献の流用
ばかりで物足りなかった。やっぱりイラストによる挿絵のほうがみてて楽しい。
Gen02 Gen03

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ