旅行・地域

2017年4月 6日 (木)

170401堺お宝鑑定団

170401堺お宝鑑定団
今年春は堺市で門外不出の未公開物件が御開帳されています。
そのうち、本願寺堺別院と常安寺のお宝を拝見してきました。
本願寺は浄土真宗の拠点で、かつて上町にあった大坂石山本願寺(現在の大阪城の位置にあった)
とならんで関西の真宗の中心でした。堺は世界有数の都市であり、様々な宗教が混在していました。
妙国寺は法華宗(日蓮宗)、常安寺は浄土宗といったぐあい。
本願寺の山門。でかいです。
Dscn1992
こちらは御成門。明治天皇をお迎えしたという門です。
Dscn2019
境内に桜の木がありました。気温が低く遅い開花のため、まだ三分咲きくらいです。
Dscn1999
Dscn1994
堺の寺町のなかでは、妙国寺と並んで巨大な本堂です。中には2013年新作の襖絵(南蛮貿易)もあります。
新作と言っても、まるで安土桃山時代に描かれたかのような絢爛豪華かつ歴史を感じさせるものです。
さらに今回御開帳されたのは蓮如堂と経蔵。
蓮如堂は浄土真宗中興の祖、蓮如の分骨をまつったお堂です。
残念ながら近くによることは出来ませんでしたがアクリル越しに撮影は出来ます、
Dscn2006
経蔵は、お経を入れておく書庫で、当時にしては珍しく八角形の柱型の書庫。
納めた経を回すことで功徳が得られるというありがたいものです。
はいっている像はこの書庫を考案したと伝えられる中国の高僧、傅大士(ふだいし)です。
Dscn2014 Dscn2013
これは境内の大銀杏。北海道大学や本八幡の八幡さんにも匹敵する大きさです。
Dscn2011
常安寺は、小さいお寺ですが、ここにも重文級のお宝があります。残念ながら撮影許可は出ませんでしたが
鎌倉時代からの阿弥陀如来像と、平安時代に作られた腹帯観音という観音像(一説には梵天像友いわれていいる)を見せていただきました。
Dscn2023 Dscn2024
4月1,2、8,9日の限定公開(一部は1,2日のみ)です。
こういう、期間限定のお宝を見られるというのは特別な秘密を見られたような気がして得した気分がしますw
お寺によっては朱印帳に押印もしてもらえるのでスタンプラリー気分で行くのもいいと思います。
寺町を抜けるとそこから宿院までの通盛にあるのが山之口商店街。途中に開口神社(大寺さん)がありますのでお参りしてきます。
Dscn2032_2
Dscn2036
みると、大阪の専門学校生が描いた商店街の人々の似顔絵です。先には、彼ら自身のイラストも飾ってありました。
Dscn2043 Dscn2044_2
Dscn2045 Dscn2046
Dscn2047 Dscn2048
なんばでギャラリーもやっているようです。
Dscn2051
宿院からすぐのところに寺地町の停留所があり、そこから一筋入るとあるのがくるみ餅のかん袋。
Dscn2054
ここでお土産に買って行きます。日持ちはしないので地元でない場合は食べて買えるのが良いでしょう。
くるみ餅と言っても胡桃は入っておらず、緑色のあんと程よくからんだ白玉団子のようなお餅です。
あんで餅をくるんでいるからくるみ餅なんです。
あんはあまり甘くない程よい甘さで、見た目地味ながら千家のわび茶の思想にうまく合致したものに思えます。
ちなみに「かん袋」の屋号はあの豊臣秀吉から頂いたという由緒ある名前です。
つまり創業400年以上!

2017年2月12日 (日)

170115 let's明太子のパラダイス

170115 let's明太子のパラダイス
イベント帰りにATCまで脚をのばす。というのも11月に大洗にあった
めんたいパークがオープンしたと聞いていて
是非行ってみたいとおもいつつもなかなかATCに行く用事をつくれなかったからだ。
https://mentai-park.com/park/osaka/
ATCはニュートラムのトレードセンター前でおりたところにあるが、中ふ頭から歩いてもすぐのところだ。
Dscn1311
 
フェリーの船着き場がすぐのため、さんふらわあなんかがよく停泊している。
Dscn1315 Dscn1317
ここが入り口。
Dscn1324 Dscn1325
明太子の製造過程を説明したコーナー、工場内部をガラス通しでみられる見学ゾーン、
そしてできたての明太子を味わえる試食ゾーンw
Dscn1334 Dscn1335
カフェテリアでは明太子たっぷりのおにぎりや明太子豚まん、明太子ソフトクリームなどを、
また、おみやげコーナーではできたて明太子、冷凍明太子を買えます。
ここならではとしては、お茶は無料の給茶機でのめます。明太子ばっかりたべると辛いからねw
これは明太子豚まん。ピリッとしたアクセントが癖になりますww
Dscn1326 Dscn1327
謎な看板「コスプレの方も」?インテックスのイベント合わせ???w
Dscn1323 Dscn1322

170103 天神橋筋をまーっすぐ

170103 天神橋筋をまーっすぐ
3が日の最終日は天神さんへ行こうと思ったが、すごい人に辟易w
仕方ないので、日本一長い商店街を1日かけてゆっくりあるいてみよう、と思い立つ。
JR北新地もしくは地下鉄南森町近辺に天神橋筋1丁目。ちょっと南へ行くと天満橋がある。ここを南端として
ここから北上し、天神橋筋六丁目(天六)までのほぼ2kmが天神橋筋商店街である。
Dscn1249
スタートの天満橋。なんかしらんが放水している。
Dscn1253 Dscn1256
各番地ごとに個性的な看板があるのが楽しいw
天一
Dscn1264
フクロウのみせ。どうやらフクロウカフェ?らしい。
http://www.owlfamily.co.jp/
ふくろうグッズも売ってるようで、
グッズを見る買うだけでも歓迎とのこと。
Dscn1262 Dscn1263
天ニ
Dscn1266 Dscn1267
天三
Dscn1269
天四
Dscn1270
天五
Dscn1271
天六
Dscn1279 Dscn1272
天六の暮らしの生活館に行くつもりだったが、正月休みで開いてませんでした。残念。 
Dscn1276
天神なのに戎?近くに堀川戎神社があるのです。
今宮と同じく西宮の流れをくむ「えべっさん」です。
Dscn1275 Dscn1277
しっかし、2km近く歩くのはけっこう運動になるわーw

2017年1月 8日 (日)

170102 初詣

170102 初詣
今年の初詣は「神絵師」のところへいってきました。
小さな神社ですが「金岡神社」というところがあります。地下鉄から1kmほど歩いた金岡町にあります。
ここの神様はスサノオノミコトなど古来の上に加えて、なんと絵師を祀ってあります。
まさに神絵師w
絵師の名は「巨勢金岡」(こせのかなおか)といいます。
Dscn1234
名前の通りこの金岡という土地は巨勢金岡の領地だったようですね。
宮廷絵師で、それまで主流だった唐絵(中国の唐で用いられた絵の様式)から
平安時代の絵巻物などで知られる大和絵の様式を確立した人物として知られています。
ただ、残念ながら巨勢金岡作という絵は現存していないため、
どれが大和絵を確立した作品かはまだ発見されていないということです。
彼の弟子が多数大和絵を描いているので、もし金岡の絵が発見されれば美術史に残る大発見になるでしょうね。
さて、その金岡を祀ってある金岡神社。
住宅地の真ん中にある非常に小さい神社です。
Dscn1232 Dscn1239
Dscn1241 Dscn1243
しかしながら参拝客が多い。おそらく地元の人だろうとは思う。
地元の社として1100年あるのは伊達じゃない。
Dscn1244 Dscn1245
私もここで願をかけてきました。「絵がうまくなりますように」…

2016年5月 3日 (火)

160501ああデパートの屋上遊園地

160501ああデパートの屋上遊園地
全国のデパートから屋上遊園地が消えている。
かつて、デパートに行く事自体がイベントだった時代があった。
食堂でお子様ランチ食べて、屋上遊園地で乗り物やゲーム(TVゲームじゃない、機械式ゲーム)に遊んだ記憶がある。
そんな時代も平成に入って急速に失われ、くに2000年以降、どんどん閉鎖して何もない空間(青空休憩所)か、ビアガーデンという大人の空間に変わっていっている。
wikipediaによると東京でもすでに2箇所となってしまっているそうな。
その2箇所、池袋東武百貨店と吉祥寺東急百貨店にいってみた。これは葬送の巡礼かもしれない。
池袋東武は、東上線池袋駅のお膝元。JRの駅と地下でつながっており看板は並んでいる。
屋上に上がってみると、劇画「孤独のグルメ」にも出てきた青空カフェがある。
連休中なので家族連れが多い。
しかしながら遊園地的施設はほとんどない。あるのは狭いゲームコーナーの一角のみ。
グリーンのところは足蹴り自転車のデモンストレーションをおこなっていた。
そう、池袋東武の屋上遊園地も既に滅んでいたのだ・・・
Dscn0232
Dscn0207_2 Dscn0216
Dscn0222 Dscn0226
遠くにうすぼんやりとスカイツリーが見える。
Dscn0217 Dscn0221
失意の中、次に行った吉祥寺。
商店街をちょっと歩くと見えてくる。
Dscn0249
池袋があんなダシ、正直期待は出来なかったのだが・・
あった!
Dscn0268
あった!
Dscn0250 Dscn0251_2
ここにはまだあった!「子供の空間」が!
機関車トーマスのミニ列車、ぐおんぐおん(としか言いようのない)電車やバスのムービング、ミニカーと。
Dscn0252 Dscn0253
Dscn0254 Dscn0265
Dscn0256 Dscn0263
Dscn0257 Dscn0258
Dscn0269
観覧車はないものの、ここには子供の頃デパートで見た夢の国がわずかにあった。
もはや東京最後かもしれない。
ちなみに関西にはすでにないのだが、ドン・キホーテやHEP5の巨大観覧車が新たに作っれている。
でも、俺はこのノスタルジックなショボさが好きなのだ。
近いうちになくなるだろうことは確実だが、昭和の最後の残り香がここにはあった。
ちなみに、お子様ランチは日本橋三越でまだ食べられるそうな。

2016年4月24日 (日)

160417隅田の川は 俺の川 俺の果てしないあこがれさ~

160417隅田の川は 俺の川 俺の果てしないあこがれさ~
もうすぐ引っ越すということで友人が息抜きの旅行に招待してくれた。旅行と言っても東京都内。
隅田川を水上バスで下るクルーズだ。
これだけなら別に珍しくはないが、船が、すごい。
松本零士先生がデザインしたアルカディア級、ヤマト級アンドロメダ級ガミラス級wな観光船
「ヒミコ」「ホタルナ」である。
http://www.suijobus.co.jp/index.html
Dscn0004 Dscn0011_2
その「ヒミコ」の予約を取ってくれた。
当日は残念ながら曇り空でぽつぽつ雨も降ってきた残念な天気ながら、
ヒミコが桟橋に入港してくるとそれだけで興奮してくる。
Dscn0012 Dscn0013
Dscn0014 Dscn0015
本当に、宇宙船のような観光船。これはインパクトでかい。
(涙滴のメージということです。キャプテン・フューチャーの
コメット号を彷彿とさせてくれます)
Dscn0006
船内も窓だらけで通過する橋も真下から拝むことが出来ます。
残念ながら船内に「零士メーター」はありませんでしたがw
Dscn0016 Dscn0017
Dscn0019
Dscn0062
船内には銀河鉄道999のキャラの立看板があり、並んで撮影ができます。
Dscn0020_2
すごいのは零士メーターこそないものの、松本零士世界と隅田川観光を
きれいに融合させていること。
なんと、観光ガイドのナレーションはメーテル、鉄郎、車掌さんの(中の人)三名が
999の役そのままで演じているのです!
なんて贅沢な競演wしかもこの船内だけでしか聞けない特別プログラムです。
「鉄郎、あれがフジテレビよ」
「すごいね、メーテル。まるでメガロポリスみたいだ」
「つぎは、永代橋。停車時間は地球時間で・・・」
Dscn0022 Dscn0023
Dscn0038 Dscn0040
雨に加えて強風も心配されていましたが、
浅草からお台場まで約1時間強、船酔いすることもなく、非常に安定したクルーズでした。
Dscn0050 Dscn0051
Dscn0045 Dscn0046
悔しいのはお台場についた途端晴れたことw
Dscn0075 Dscn0076
Dscn0077 Dscn0081
近くのショッピングモールでベーグルアイスを食べながら楽しく友人と語らいました。
Dscn0083 Dscn0089_2

160321江戸川べり

160321江戸川べり
東京を舞台にしたドラマ(とくに学園ドラマ)でよく出てくるのがこの江戸川べりの土手。
よく草野球したりとか、夕陽の中自転車押して帰ったりとかしてるアレである。
総武線で通るたびにこの川と橋を写真に収めようと思ってたのだがやっとできた。
Dscn9740 Dscn9739
江戸川は名前の通り江戸と千葉の境目に位置する川で、葛飾などにも比較的近い(葛飾は下町だが、
実はかなり江戸より千葉寄り、
むしろ葛飾という地名はもともと千葉の地名だったので葛飾区がパクったと言えないこともないw
ただ江戸川があるのは江戸川区ですw
京成江戸川をおりて400mほど歩くと坂があって、登ると江戸川ベリです。
Dscn9721 Dscn9724
ちょっとあるくと総武線の鉄橋が有ります
Dscn9737 Dscn9742
夕陽の逆光を浴びるとものすごく映えますね
Dscn9740_2
なんとなく、、金八先生のシーンみたいで不思議なタイムスリップ気分になります
(金八先生の土手は荒川ですがw)
Dscn9727 Dscn9744
Dscn9743
Dscn9764 Dscn9739_2 Dscn9730
Dscn9757 Dscn9761
Dscn9746 Dscn9752_2
Dscn9755_2

2016年4月16日 (土)

160410浅草浅草寺内伝法院庭園

160410浅草浅草寺内伝法院庭園
暖かくなってきていい時期なので、前から考えていた浅草ーお台場のクルージング・・・
と行きたかったのですが残念ながらチケットは売り切れ。
松本零士先生デザインのヒミコ、ホタルナという宇宙船みたいな遊覧船があるので是非のって見たかったのですが
来週にお預けですねw
ぶらぶら浅草寺を歩いていると、GW時期までのあいだ伝法院が公開されているというので言ってみました
伝法院は小堀遠州作の庭として知られ、
庭園、造園を行う人は必ずみておけな一品。
Dscn9935 Dscn9942
いつでも見られるわけではなく、期間限定の公開です。
Dscn9943 Dscn9948
Dscn9950 Dscn9955
たしかに、この庭は見る場所によって雰囲気が変わるというがまさにそんな感じである。
院のそばに”蘇鉄”が植わっているのも堺大好きな徳川家康の趣味っぽくていい。
Dscn9957_2 Dscn9969
池のまわりをぐるっとまわると、
仏教で言う諸行無常(ずっと同じものなどありえない)という感じを受けますね。
一つの池の周りを回るだけで、これだけいろんな表情がでてきます。
Dscn9961 Dscn9962
Dscn9965 Dscn9972
Dscn9974 Dscn9976
Dscn9977
Dscn9979 Dscn9981
Dscn9980 Dscn9985
Dscn9986
最後に180度のパノラマで
Dscn9959_3

2016年1月 3日 (日)

160101初詣

160101初詣
あけましておめでとうございます
今年は、八幡さんにお参りしてきました。前に行った葛飾八幡宮です。
結構、20分近く並んだと思います。けっこう地元では有名な神社みたいです。
八幡とは、応神天皇とその母である神功皇后(朝鮮征伐=白村江の戦い)を祀ってある神社で、
どっちかというと戦勝祈願の神社なんですよね。
そのため、かつては武人が多数戦の勝利を祈願したと言われています。
その証拠の一つが、駒止の石。
Dscn8841
あの源頼朝が戦勝祈願に訪れた際、馬が脚をかけて止まったという(何がありがたいのかよくわからない?)
石が由緒ある者として残されています。
あと、神社なのに寺のような鐘があり、何かを祈ってか皆が順番についていました。
Dscn8846
千本銀杏も、葉は散ってしまってましたが、また夏には青々とした葉をつけることでしょうね。
Dscn8845
並んで冷えてしまった体には、甘酒が温まります。
Dscn8847
おせちじゃないけれど、それっぽいものは作ってみましたがw
流石に、雑煮をたべる気にはなれなかったので、野菜と肉でガッツリと元日からソース焼きそばを作りました
Dscn8850_2
野菜のセットがあるのでこれを使って先に肉を炒めて火が通ったら野菜をぶち込む。野菜に火が通ったら、
Dscn8851
焼きそば麺と水を入れてほぐしていく。水気がなくなりかけたら
粉ソースと、ウスターソースどばどばかけて
縁日みたいなジャンクなソース焼きそばの出来上がりw
Dscn8852 Dscn8854
ジャンクな焼きそばにはジャンクなコーラがよく似合う。
Dscn8855_3

2015年12月 6日 (日)

151205八幡の藪知らず

151204八幡の藪知らず
昔、土曜ワイド劇場で「京都妖怪地図」というドラマが有った。
これはオカルトをまぜたサスペンスで、 たいがい殺人事件の影に何百年も生きている女(いわゆる八百比丘尼ですね)が絡んでた、というもので
その年令もどんどん900歳→400歳→800歳→400歳→900歳→1200歳とインフレ化してったのが最高でしたw
  さらに必殺でお馴染み松竹京都で撮影していたため、叙情あふれる京都の風景が印象的でした。
いまだ京都殺人案内と並んでDVD化されてないので、お願いします>松竹

関東も実はこの手の伝説に事欠かない場所で、 以前からきになっていたのが「八幡の藪知らず」
  wikipediaの記述や、地元の広報でもあるとおり、関東ではかなり有名なスポットである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%B9%A1%E3%81%AE%E8%97%AA%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9A

http://www.mpchiba.com/articles/69.html
 
オカルトというより、タブーの地、という方が正しいのか。

場所はJR本八幡の北に5分ほどの場所。かなり近いところです。
面白いのは、古い案内板には書いてあるのだが、新しい案内板には記述がないこと。
やっぱりなんかあるのか?
*旧案内板は北が下になってるので画像はひっくり返してあります
Dscn8731 Dscn8732

現地に行ってみるとなるほど、まわりは真っ昼間で明るいのにこの場所だけ、夜のように暗い。

竹が覆い尽くして、中心部はまったく見えない。
Dscn8733 Dscn8734
Dscn8735 Dscn8737

 
かつて蛮勇でここに乗り込んだ若き日の徳川光圀(リアル水戸黄門)が妖怪にさいなまれ、
二度とこないよう 言い含められて帰されたという伝説があるくらい。

その後、ここを開発しようとするたびにいろいろ起こるのでとうとう柵をして隔離してしまったという。
 
隣には、葛飾八幡宮があり、名物の大銀杏が見られる。
直径だけで2mはありそうな巨木だ。
Dscn8742 Dscn8744
北海道大学でみた大銀杏に匹敵する大きさにあっけにとられました。

ちなみにこの葛飾八幡、参道の途中に踏切があり、京成電車が通っています。
あるいみ、すげー光景ですw  
Dscn8746

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ