旅行・地域

2019年5月 6日 (月)

190413 平成最後の通り抜け

190413 平成最後の通り抜け
造幣局の通り抜けに行ってきました。
今年は平成最後とあって人手が多いですが、いつもより2週間は早いためまだ満開じゃない花も多かったです
(例年は4月第3週くらいに公開)たぶん、前倒しして令和元年のコイン製造に入るためだろうとおもわれますw
Img_4199 Img_4200 Img_4207 Img_4209 Img_4210 Img_4217 Img_4221 Img_4231_1 Img_4243_1 Img_4250 Img_4253 Img_4252 Img_4254 Img_4255 Img_4258 Img_4265

通り抜けは天満橋川から森町がわへの一方通行で、引き返すことはできません。
だからそのまま南森町方向へあるきます。当然、天神さんこと大阪天満宮をとおります。
めずらしいことに芸人がいました。猿回し。
Img_4269 
おさるが見事なジャンプを披露してくれました。
Img_4267 Img_4317 Img_4318 Img_4319 Img_4324 Img_4326
天神さんの門の近くに喫茶店がありましたが、ネコが邪魔をしていました。
一匹は中へ入りたいのかじっと見ていますw
もう一匹は…なめくじ?w
Img_4336 Img_4327 Img_4328

190407 BANANAFISH展+茶臼山+ザリガニ

190407 BANANAFISH展+茶臼山+ザリガニ
天王寺あべの近鉄百貨店にてアニメBANANAFISHの原画展を開催していた。
待望のアニメ化で女性に絶賛された作品だが、1980年台からの作品ということもあり、
原作初期からのオールドファンからアニメからハマったと思しきティーンエイジャーまで幅広い年齢層の”女性”ファン多数。
貸出される音声ガイドはアニメの主演声優二人によるガイド、とあってすでに払底状態w
アニメの名場面を模して再現したセットと、アニメ原画(こっちは撮影禁止)で構成されていました。
最後のグッズ物販コーナーはこれまた大盛況。山程かかえて買い物する女子が行列でした。
Img_4132 Img_4119 Img_4120 Img_4122 Img_4121 Img_4123 Img_4128 Img_4130 Img_4134
時間があったのでてんしば(旧天王寺公園)から茶臼山、新世界へ
ちょうど桜の花盛りでかぞくづれ多数です
Img_4139 Img_4140Img_4148Img_4150Img_4163

新世界ではレトロゲーセンザリガニへ。
ここはいまではお目にかかれない名作ゲーム筐体を多数おいており、
レトロゲームファンやヲタな日本観光客の新たなる聖地になりつつありますw
Img_4185 Img_4186Img_4187 新世界から恵美須町モモモグラへ。
ファンタジー展をやってます。アニメ化が決定した空挺ドラゴンズや、WEB漫画で人気の王様ランキングなど。
特に後者は児童漫画みたいな絵柄で敬遠していましたが読んでみてびっくり。子供の成長物語であると同時に大人の物語でもありました。
この作品を知っただけでも価値がありました。
Img_4188 Img_4189 Img_4191

190220利休利休利休、なんでこの秀吉を崇めんのだ!(いらち)

190220利休利休利休、なんでこの秀吉を崇めんのだ!(いらち)
ひさびさに堺旧市街まででてきた。さかい利晶の杜で黄金の茶室が復元されたと効いたからだ。
秀吉の利休に対する最大の”嫌がらせ”wとして知られる黄金の茶室が1Fの奥で再現されている。
きらびやかー!悪趣味ー!www
Img_4240 Img_4242 Img_4241 Img_4244 Img_4243 Img_4245
下はパノラマで180度撮影したものです。
Goldtearooms
堺旧市街にはけっこう1500年くらい前のがいろいろ埋まってるみたいで、マンションの建設現場がときどき
遺跡発掘のため中断することがありますw東大阪や奈良でもよくある話なんですが
Img_4223
地元では大寺さんの名でしられている開口神社。
Img_4231 


190102神事(再掲)

190102神事
神社へ初詣。今日1月2日は弓の神事が奉納される日とあっていつもより多くの人が詰めかけていた。
Img_3559Img_3562Img_3556Img_3557Img_3558Img_3564 Img_3563Img_3567Img_3585
Img_3654 Img_3672  

この弓の神事、弓を射て的に当てるのが目的ではない。
「弓の音で魔を払う」のが目的なので、矢はわざと外したり当てたり、また地面に当てたりもするのだ。
毎年行っている弓師の鍛え抜かれた筋肉がすごい。
動画はこの辺で。
https://youtu.be/iFRIJeBDIKU

2018年12月 1日 (土)

181125PART3-上野発江戸行きタイムワープの旅

181125PART3-上野発江戸行きタイムワープの旅
今度は江戸にタイムワープ!
Img_3359Img_3360
いきなりなんだこの猫茶屋というのは?!江戸時代の猫カフェに来てしまったのか?!
実は、猫カフェが提供する出張店舗です。なかはまんま猫カフェですw

癒やしてくれる猫たちは保護猫、つまり捨てられたりした猫たちです。
良い里親が見つかれば引き取られるそうなのでお目当ての猫がいないからと行って嘆かないようにw
https://edonekochaya.com/

最後は江戸東京博物館。昨年半年休館してリニューアルオープンされました。
Img_3499
日本橋の再現です。
Img_3361Img_3363Img_3378
名刀白川臣正繁。美しい刀身です。
Img_3370Img_3373
体験できるかごです。子供が入って遊んでました。
Img_3375
体験できる纏(まとい)子供にはちょっと重たいかも?
Img_3380
江戸の出版に関する展示です。
浮世絵の版木や当時の出版状況、絵草紙屋や貸本屋の実態です
Img_3381Img_3382
Img_3383
Img_3384Img_3385
Img_3388Img_3387
Img_3389Img_3390
二八蕎麦の屋台。肩で抱えて売り歩いていたようです。落語「時そば」の蕎麦屋もこんなかんじだったことでしょう。
Img_3391Img_3394
Img_3396
Img_3397Img_3398
満杯の千両箱の模型。重さは実際に近づけてます。約11kg!激重ですw
Img_3400Img_3401
江戸歌舞伎の「助六」展示で知ったのですがこれって曽我兄弟仇討ち
(鎌倉時代の復讐譚。日本三大仇討の一つ)の変形だったんだと驚きました。
Img_3414Img_3416
今回、常設企画展「玉」ということで古代の勾玉やそれをアクセサリーとして
身につけた埴輪(首のところにネックレスがある)などが展示されています。
Img_3422Img_3420Img_3424
Img_3425
Img_3427Img_3429
復元された冠です。
Img_3431Img_3435
近代から昭和へ。
昭和の平屋も展示されてました。磯野家だw
Img_3441
ダットサントラックです。
Img_3442
戦後の闇市でうられていた日用品。
基本粗悪品をぼったくり価格で売っていたものですが、物資不足の折飛ぶように売れたそうです。
Img_3464Img_3461Img_3463
Img_3462Img_3465
昭和20年代の街頭テレビの復元です。
Img_3448
昭和の団地です。こんなの、私らにとってはただの現実なんですが、
これも平成っ子には過去の歴史、なんでしょうかね???
Img_3482Img_3484
Img_3483Img_3443
昭和~平成風俗の変遷です。インベーダーやゲームウォッチ、ファミコン、Imacまで。
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーパート2」で
クラシックコンピューターと銘打ってMacが売られてたのを思い出します。
現実が映画をこえちまったよw
Img_3451Img_3491Img_3453
Img_3454Img_3455_4
Img_3456Img_3457Img_3458
Img_3459Img_3460
やっと平成30年までもどってきてしまいました。
1日でしたが江戸~明治~昭和~の400年間をタイムワープして楽しんだ感がはんぱなかったです。
こういう秋もいいもんです。w

2018年11月30日 (金)

181125PART2-上野発江戸行きタイムワープの旅

181125PART2-上野発江戸行きタイムワープの旅
明治から平成までスピードで駆け抜けたので

いったん昭和に巻き戻してタイムワープ!
Img_3307
と、ここは御茶ノ水の男坂。
まだ登り始めたばかり…じゃなくて、降りるんです!w
ここは御茶ノ水の明大キャンパス内です。
明大には男坂と女坂があります。角度が急で登るのがしんどいほうが男坂、
ちょっとゆるくて女性でも登りやすいのが女坂だそうです。
Img_3308
その男坂を降りて、ちょっと曲がったところにあるのがコミケを創設した3人組の一人、
米やんこと米沢嘉博記念図書館。日本最大、ということは世界最大の同人誌図書館です。
Img_3310Img_3336

ここで企画展「魔夜峰央展」を見に来ました。代表作「パタリロ!」100巻発売並びに娘の山田まりえさんデビューを記念して?の
企画展です。ファンの女の子(ということにしときましょう)が多数詰めかけてました。

https://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-mayamineo.html
かわいい獣人のイラスト。
キチンと描いたら美麗になるんだろうなあw
Img_3312Img_3334

怪奇と耽美と関西ノリのギャグ。本来絶対合わないものを
ここまでうまく合わせられるのはさすが少女漫画界一、二を争うダンディーガイ。
Img_3315Img_3318
Img_3326Img_3329
Img_3330Img_3342
Img_3332Img_3333
Img_3339Img_3337
Img_3353Img_3345
Img_3347Img_3350
ボイスメッセージです。なかにスマホが仕込んであって再生ボタン(タッチパネル)を押すと
魔夜峰央先生の渋いお声を拝聴できますw
Img_3335
将来的にはこの辺り一帯を改装して大きなマンガミュージアムにする計画のようです。そして米沢嘉博記念図書館は
蔵書(米やんの同人誌コレクション)もろともマンガミュージアムに移転する予定だそうです。
まだ時期未定ですが、夢はでっかいなあー
Img_3356
おれはまだ登り始めたばかりだ、この男坂を・・・・いやさっさと登れよ、でないと先へ進まんだろがw
Img_3358

181125PART1-上野発江戸行きタイムワープの旅

181125上野発江戸行きタイムワープの旅

昨日のMI68がメインだったので、今日はのんびり過ごしたい。ビッグサイトでコミティアをやってるけど、
行ったら歩き回るのがわかってるので体が壊れてしまいそう…むしろゆっくり秋の東京を散策してみたい…
そんな考えで上野公園へやってきました。
Img_3047Img_3059
Img_3061Img_3062
上野駅構内のポケモンたち。ムンク展のポスターですが、今回はこっちは行きませんw
Img_3056Img_3049Img_3054
某パタリロ殿下の超能力みたいなタイムワープ能力で、明治時代へ行ってみますw
でわターいムワープ!
Img_3064
目的は国立科学博物館(科博)での特別展「日本を変えた千の技術博」です。今年明治150年ということで、
明治から大正、昭和、平成へとつながる150年の日本での文明と技術についての日本の近代史そのものです。
近代科学と技術は教育から始まりました。学校が始まり、近代的な教育、自然科学への啓蒙が行われます。
Img_3072Img_3078
Img_3085Img_3087
*****
度量衡(長さ重さ距離速度など単位系)の統一が近代化においては重要視されました
メートル、キログラムが西洋と同じものに規定され、世界と同じ”ものさし”を使うようになりました。
Img_3091Img_3092
Img_3094
*****
明治の産業は重工業よりも生糸生産などの軽工業が主でした。
Img_3097Img_3100Img_3101
*****
電信電話機。日本の情報化への始まりです。手紙より断然早い通信手段がスタートしました。
Img_3106Img_3111
Img_3108

これは電話交換機。
Img_3109
*****
蓄音機。いまのレコード、CDプレーヤではなく、むしろ録音機能に重点が置かれていました。
いまのアナログ・レコードともずいぶん違います。
Img_3114Img_3115
Img_3116
*****
腕時計用のゼンマイです。
Img_3121Img_3122

世界初のクオーツ腕時計。49年前です。アポロが月に行った年ですね。
確かアポロ11号のパイロットが使ってた時計はオメガかタグホイヤーでクオーツではなかったような?
Img_3125
*****
主に昭和期に作られた家電製品です。
棒状の湯沸かし器は水の桶に入れて電熱器の要領で沸かすものです。お風呂用?
Img_3133Img_3134
Img_3136Img_3139
氷型冷蔵庫は喫茶店や寿司屋など商売で使う人が主に使っていたようです。
Img_3141
*****
中島式の栄発動機です。零戦にも使われた名エンジンですが、熱を持つと潤滑油が漏れてえらいことになったそうです。
そこら編はアメリカのグラマンやドイツのメッサーには叶わなかったそうです。
Img_3149
戦後中島や三菱の開発者(零戦の堀越二郎などが有名)が再度挑戦したのが旅客機YS-11です。
Img_3150Img_3152
*****
はやぶさが気の遠くなるような世界からイトカワのかけらを持ち帰ってきた、その動力になったのがこの小さなイオンエンジン。
原付きのエンジンくらいの大きさしかありません。
Img_3154
*****
なんと大正時代製造されていた電気自動車です。当時の燃費やバッテリー性能の面で実用化には程遠かったようですが、当時から考えていた人はいたんだなあと。
Img_3160
*****
マツダの名車コスモスポーツです。
かっこいいんだけど燃費は悪いw
Img_3162Img_3166
*****
セルロイドも昭和の貴重な遺産です。
もっとも非常に燃えやすいので、保存しづらいとは思いますが。
Img_3169Img_3170
Img_3171Img_3173
Img_3174Img_3175
Img_3179
*****
合成繊維、いわゆるナイロンです。
Img_3181Img_3182
Img_3183Img_3184
*****
公衆電話。ダイヤル式がいまは新鮮です。
Img_3203Img_3204
*****
ポケベル。もう使い方思い出せないやw
Img_3205Img_3206Img_3207
*****
最初の携帯電話。ショルダーホンとその前身である自動車電話です
Img_3209Img_3210
Img_3213

これは1970年の万博で提供されたワイヤレスホンです
Img_3212

AV機器の走り、テープレコーダーです。
Img_3214Img_3215
Img_3216Img_3220_2

*****
セイコーの世界最小腕時計型TV、ウォッチマンです。
チューナーはでかいんだけどねw
Img_3227Img_3230
いまはスマホでハイビジョンが映るなんて夢みたいだw
*****
戦前に使われたX線撮影装置(レントゲン)。いまみたいに鉛の壁で覆った
放射線源を使ったものに比べるとずいぶん開放的過ぎて怖いw
Img_3233
*****
計算機の歴史です。
手回し計算機、計算尺、シャープのフルキー電卓「コンペット」です。となりはなんとソニー製電卓。
フルキーは各桁の0-9を叩くタイプで、電卓の前の電動計算機では常識でした。
これをテンキー型にしたのはカシオです。
Img_3239Img_3240

そのカシオのカシオミニ
Img_3243
*****
シリコンウェハーです。かつては日本の専売特許だったメモリ技術。
Img_3244
*****
これは投網でもゴミでもありません。ロジック回路を構成したジャンパワイヤです。
これが回路一つ一つをつないでいます。とはいえ、
このUNIVAC I 相当の性能はいまの8ビットパソコン程度なんですがね。
高集積化が恐ろしく進んだことがわかろうというもの。
Img_3249Img_3247 Img_3248 Img_3250
*****
8080A(インテルの8ビットマイコン)用のマイコンキット。日本ではもうちょい遅れて
Tk-80やMZ-80などが作られました。
日本にとってらッキーだったのは、8080ではなく、
洗練されたZ80が主流になってから普及したこと。
けど最初のBASICパソコン、日立ベーシックマスターはインテルでもザイログでもなく、
モトローラでしたw
Img_3251
Img_3252Img_3253
*****
初代PC-9801です。日本の、日本語のパソコンを本格的に引っ張った初代機です。
ワープロ、表計算(当時は簡易言語とよんでました)、データベースのビジネス三種の神器を
不自由なく高速に処理できる16ビットパソコンでした
8086だったのでOS(MS-DOS)が使えるのもメリット大でした。
個人的には唯一国内パソコンで「ギャプラス」が動くので羨ましかったですw
Img_3254Img_3258

謄写版、いわゆるガリ版です。今はゼロックスが当たり前ですが、
40年くらい前はふつうにこれでわら半紙にテストとか印刷してましたw
Img_3259

日本初のワープロです。キーボードとか見ても今のパソコンとあまり変わりません。
Img_3261Img_3264
私も高校の頃、1行か2行表示の持ち歩きできる(といってもトランクくらいの大きさだった)
簡易ワープロを買いました。
不自由な環境でしたが、日本語で文章書いて、きれいな文字で印刷できる。
それだけで夢のようでした。そう、私は字が汚かったのですw
これでマイコンクラブの会報作ったりとだいぶ活躍させてもらいましたね。
*****
セイコーの腕コン。パソコンと連携する、いまでいうウェアラブルの元祖です。
後にエプソンのHC-20、RAPUTAでやっと日本語表示、そしてAppleWatchで劇的に進化していきました。
Img_3265Img_3268
*****
高度成長期に見た夢。真鍋博先生が21世紀のイラストとして1969年に描かれたものです。
今見るとあたってるところが多くて驚きます。
Img_3283
未来の放送。他チャンネルを同時にはネット配信やデジタル放送が実現してますね。
Img_3286
未来のコンピューター。TV電話はできるけれど色んな事情で実現してませんが、ネット投票はまだまだですね。
Img_3288_2
未来の百貨店。これまさにAmazonですねw
Img_3290
*****
科博らしいお土産。なんと本物の化石がガチャで入ってますw一つ300円とリーズナブル。
ゴニアタイトとか琥珀は美しいんだけど、
恐竜の骨の化石なんてただの汚い石ころにしか見えないぞw
でも、テンション上がるわーw
Img_3291Img_3292Img_3293
3回まわして一つはゴニアタイトが出ました!琥珀が出なかったのがちょと悔しいけれどw
Img_3521Img_3524Img_3522_2
Lineup
*****
昼食は上野駅2Fのつばめグリルでいただきました。品川だけでなく上野にもお店があったとは。
現在、博物館や美術館のチケット提示で割引やサービスが受けられるチケットキャンペーンがおこなわれています。
つばめグリルでは、アイスorホットコーヒー1杯無料です。ちょと得しましたw
Tubame1Tubame3

*****
その2へ続く

2018年11月26日 (月)

181111住之江のあひるちゃん

181111住之江のあひるちゃん
すみのえアート・ビートにいってきました。
https://suminoeartbeat.wixsite.com/home
こっちは大阪市の広報
http://www.city.osaka.lg.jp/suminoe/page/0000449279.html
これは住之江のクリエイティブセンター大阪、旧名村造船所跡地を利用したイベントで、
北加賀屋からちょっとあるいたところにあります。
港ではないのですが、運河に海水が入ってきてるのでちょっと磯の匂いがします。
毎回の目玉は巨大なラバーダック。以前道頓堀にも浮かんでましたが、オランダのアーティスト、
フロレンティン・ホフマン氏の「作品」で全世界をまわっては浮かべるパフォーマンスを行っています。
http://www.hetgallery.com/rubber-duck-project.html

今回も、ラバーダックの周りはスマホを向けて写真を取るひとや一緒に写ろうとポーズを取る人で賑わっていました。
Img_2727Img_2728
会場へ向けてあるいてると、うわ!とびっくりしますw
Img_2729Img_2732
Img_2730
わかってはいるけれど、全長9mの大きさはけっこうありますね。しかも
お台場ガンダム(これもかなりのものなんですが)と違って周りに高層建築がないので
余計に巨大に見えますw
Img_2739Img_2742
Img_2753Img_2756
Img_2744

横の車(ラバーダックカー?)と比較すると大きさが実感できますw
Img_2749

イベントで展示されていた二階建てバスです。物珍しいのか子どもたちの食いつきが半端ねえw2階は子供に占領されて登ることができませんでしたw
Img_2759
これは一階。がらがらですw
Img_2760
Img_2792
偶然ですが、最大の目玉イベントラバーダックドローンのお披露目に立ち会うことができました。
1mくらいの大型のドローンが軽々と大空に舞います。足をばたつかせ、華麗にホバリングwww
Img_2765Img_2766
Img_2767Img_2768Img_2769
Img_2777Img_2783Img_2782
Img_2779Img_2772Img_2781
ほかにもファストフードの屋台や、港南造形高等学校によるアート発表もありました。
海の環境保全をテーマにした体験型のアートです。
最後に出迎えるのは、ペットボトル(廃物)でできたエコシップです。
Img_2734Img_2735
Img_2799_2Img_2801_2
Img_2802Img_2803
Img_2804Img_2806
Img_2807Img_2808
帰りに見ると、造船所の堤防に可愛いアートが。
Img_2810

181021堺まつりパレード

181021堺まつりパレード
大阪の秋の風物、堺まつりパレードです。
https://www.sakai-tcb.or.jp/s-matsuri/
小学校のマーチングバンド
Img_1879 Img_1880
百舌鳥古墳群の世界遺産化を要望するキャンペーンです。
ゆるくないキャラ、はにわ課長もいますw
Img_1886Img_1884

Img_1887Img_1885
*******

少女チアリーディングチーム。大学生顔負けの激しいパフォーマンスは圧巻です
Img_1892Img_1893
Img_1894Img_1897
*******
おなじみの時代行列。古代から中世
Img_1912Img_1919
Img_1923Img_1959
Img_1960
Img_1967
*******
戦国時代の三好一族。大河ドラマなどでおなじみ。
Img_1978Img_1980
Img_1981
Img_1983
*******
実は堺とも縁があった真田幸村、忍者のお姉さんもキメてくれました。
Img_2001Img_2006 Img_2004Img_2005
*******
そして、これを待っていた、鉄砲隊の火縄銃デモンストレーション。
Img_2019Img_2025
かまえて、
Img_2022
ズドーン!決まった。このシーンが撮りたかった。
実際はすごい音と空気の振動で三脚+連写機能 がないとブレちゃうんですよ。手持ちではこれが限界w
Img_2023
*******
後方で出番を待っているのはふとん太鼓。
岸和田のだんじり、祇園祭の山鉾、三社祭や神田祭の神輿にも並べられる神に奉納する山車です。
豪華壮麗なふとん太鼓は、秋祭りで神社へ奉納されますが、堺まつりにも出張して最後のトリを努めます。
Img_2074Img_2063
Img_2077Img_2078
*******

ふとん太鼓の詰め所(臨時)です。いかに巨大な山車かがわかります。
ちなみにここは市役所合同庁舎のフロントですw

Img_2067Img_2071
Img_2070Img_2072
*******
おみやげは旧市街にきたなら寺地町の大寺餅。与謝野晶子の時代から変わっていない看板です。

どこでも買えない、ここだから買える味です。以前は他の店にも出してたのですが、いまはここだけ。生菓子は通販もやってないのでここでしか味わえません。
大寺餅(赤福みたいなあんこで来るんだ餅です)もいいのですが、今回は大福餅。

Img_2034Img_2033
Img_2110Img_2111
*******
山之口商店街によって、おぼろこんぶを買ってきました。じつはこれも堺名物。
北海道のがごめ昆布をかんなでうすーく削って作る昆布でとろろ昆布とくらべて味が濃く、高級品です。
堺まつりのときは通常の半額くらいで買えるのでうれしい。
Img_2112
*******
市庁舎21階の展望ロビーからみる堺市街。

古代遺跡とビル街が混在してるかんがえたらすごい光景です。
世界でもギリシャ、ローマくらいじゃないでしょうか?
中国やインドにもありそうですが、開発して潰しててそうで…

Img_2101Img_2103
*******

いま更地になっているここは、もとはダイエーと8F建てのビル”ジョルノ”がありました。(ジョジョ5部の主人公とは無関係w)
昔はよく買い物に行ったものですが、跡地に何ができるのでしょうか・・・?

Img_2099

2018年5月 1日 (火)

180430EVA初号機発車!

180430EVA初号機発車!
GWのさなか、京都は梅小路の鉄道博物館へ行きました。
Dscn4215 Dscn4218
弁天町の交通科学館が閉館して、梅小路に移転しました。
広さもずいぶん広く、梅小路の操車場すら展示スペースに使い、二条駅舎も利用しています。
開業直後に特番やタモリ倶楽部でみて、前々から行ってみたかったところです。
さすがに家族連れが多く、幼児や乳児連れの人が多い。さながら玄関先はベビーカー駐車場と化してましたw
最初に入ると蒸気機関車C62や0系新幹線のお出迎え。写真撮影スペースです。
Dscn4232_2
Dscn4228
Dscn4230
一階の展示スペースに入ると、山陽新幹線で走ったEVA仕様の500系新幹線がメインに居座っています。
Gw中に行きたかったのはコレのためです。
実はこのEVA仕様新幹線、5月6日までの期間限定公開なのです。
Dscn4245 Dscn4250
雰囲気を出すために、NERVのステッカーや、シートの色も紫と初号機カラーになってます。
Dscn4252 Dscn4253
Dscn4254 Dscn4286
EVAというだけあって、カラーリングだけですがEVA初号機の雰囲気を出しています。
このカラーリングはエヴァンゲリオンのメカデザイナー、山下いくと氏によってデザインされたもので、
庵野秀明監督の修正も入っているそうです。
旧交通科学館にもあった明治の233蒸気機関車や特急雷鳥なども移設されて展示されています。
Dscn4238 Dscn4239
Dscn4246 Dscn4247
Dscn4259 Dscn4262
いまは既に現役を退いた300系新幹線です。Dscn4268
Dscn4264
昭和の駄菓子屋っぽい展示物。ミゼットはバーハンドルじゃないので後期型っぽいですねw
Dscn4269 Dscn4270
Dscn4271 Dscn4272
駅舎内に展示されてたおそらく昭和20年代の旧式のレジスター。フルキーボードですね。
当時は運賃が最大でも1000円以下だったのがわかります
(数字が拾円台と百円台の二桁しかない!一円台は5だけある。0か5ということだろう)
昔は販売員に「どこそこまでオトナ一枚」と口頭で注文して買ってたんです。
Dscn4276 Kippu1
動輪(車輪)です。昔の蒸気機関車のほうが直径が大きいですね。
Dscn4277
つい先日引退した大阪環状線の車両です。昔から乗り親しんだ車両です。
Dscn4279
特急さくら。ブルートレインの代表格でした。
Dscn4282 Dscn4284
EVA仕様のプリクラ。
Dscn4288
ポイント切替器です。よく線路脇のをがっちゃんするシーンがありますが、実際は制御室からレバーで操作する、当たり前だけどw
Dscn4289 Dscn4290
2階に上がると、鉄道の仕事を見られるところになります。抽選で電車シミュレーターや電車管制の体験ができます。
これは自動改札。いかにも古めかしいですが、そもそも昭和の国鉄時代には有人改札が多かったぞ、と。国労の圧力でなw
Dscn4292
特急券発行機「マルス」の初期型。これできっぷに印字して手渡してました。漢字が印字できないので手で漢字活字をはめ込んで印刷してました。
Dscn4293 Dscn4296
その後すこしづつ自動化され、いまはタッチパネルでカンタンに印刷したきっぷが出てきます。
私はネットで予約して券売機で受け取ります。時代も変わったなあw
 
2Fの張り出しから1Fの展示を見下ろせます。EVA新幹線も。
Dscn4301 Dscn4305
Dscn4306 Dscn4307
Dscn4308
他の私鉄のコーナー。これは京都市電。
Dscn4309 Dscn4310
京阪のひらかたパーク菊人形展チケット。
Dscn4312
阪急の記念チケット。宝塚はいまでもありますが、阪急ブレーブスが懐かしい…
Dscn4314
企画展示のエヴァンゲリオン展です。
Dscn4324
Dscn4335
Dscn4336 Dscn4337
Dscn4338 Dscn4339
Dscn4343 Dscn4346
このEVAじゃないEVAは?まさか5/5のシンカリオンで出るのかな?!
Dscn4340 Dscn4341
EVA初号機の等身大フィギュアです。
Dscn4349 Dscn4351
Dscn4347 Dscn4352
Dscn4348 Dscn4350
Dscn4353 Dscn4354
3Fはテラスになっています。一休みできるのですが、外に列車が行き交うため休憩にならないw
Dscn4315 Dscn4316
東海道線の新快速や新幹線も行き交いますし、観光用の蒸気機関車も走ってます。これは煙で分かる通りバックしてます。
Dscn4330 Dscn4333
Dscn4329
東寺の五重塔です。
Dscn4319 Dscn4318
蒸気機関車が駅に入ってきました。
Dscn4368 Dscn4379
1F屋外は梅小路操車場をそのまま屋外展示スペースに使っています。
Dscn4377 Dscn4370
旧交通科学館にあったD51です。運転席の石炭窯も見えます。
Dscn4383 Dscn4389
出口です。隣の建物は旧二条駅舎です。いまはお土産販売所(ミュージアムショップ)になってます。
Dscn4396 Dscn4397
買ってきたお土産。
ラングドシャクッキーとクリアファイルです。
Dscn4398

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ