文化・芸術

2018年6月 6日 (水)

180527江戸の戯画

180527江戸の戯画
大阪市立美術館での企画展、「江戸の戯画」に行ってきた。
Img_3550 Img_3552
Img_3564 Img_3556
Img_3557 Img_3558
Img_3561
江戸時代の浮世絵は大衆芸術というよりエンタメ、いわゆる娯楽だったので
今の少年ジャンプのような自由奔放さがある。戦後漫画の手塚治虫や鳥山明、尾田栄一郎みたいな
各時代の天才がいた。
中でも北斎漫画の葛飾北斎、耳鳥斎、歌川国芳、河鍋暁斎の作品は
まさにマンガ。
ユーモラス、滑稽、そしてキャラの立ちっぷり。
なかでも国芳の金魚づくしは金魚の擬人化というより、金魚に人間の風俗を真似させた、
という感じの10連作だ。
10連作なのに9枚しかない。実は10作目は現存しておらず、
もっぱらコレクター垂涎の的。今回はそのヒントになる別作品「けんじゆつ」が展示されている。
他作者による作品だが、明らかに国芳の金魚シリーズを意識しており、
模倣、いわゆるトレスじゃないかと言われている。
それが9連作にはない「けんじゆつ」なのだ。したがって幻の10作目が「剣術」を題材にしてるのではないか
という予想の根拠になったのだが、はてさてどうでしょうか?w
実に面白い。
こういうキャラを動かすゲームとかで遊んでみたいなあw
おみやげに買ってきたポストカードとシール。
横に長い猫の絵は、東海道の宿場町を猫の仕草に見立てた漫画w
その名も猫飼好五十三疋(みょうかいこうごじゅうさんびき)www
たとえば始点、日本橋は鰹節二本で「にほんだし」 終点、京はネズミを締めて「ぎやう(ぎゅう)」というぐあいw 
良い解説をされているぶろぐがありましたのでリンクしときます。
https://www.konekono-heya.com/ukiyoe/myoukaikou.html
    
国芳の猫はとてもユーモラスで大好き。
広重の名所江戸百景は構図がとにかくかっこいい。1ヶ月位かけて、全部回ってみたくなるくらいいい。
 
ぜひマンガ展を見に行く感覚で見に行ってください。6月10日まで。
Dscn4767 Dscn4768

2018年4月29日 (日)

180421点描の鬼

180421点描の鬼
モモモグラでレオ澤鬼展。
レオ澤鬼といっても名は知らない人が多いと思うが絵を見ればあっと思い出す人も多いだろう。
点描で主に女性のヌードを描くのが特徴で、スポーツ新聞のエロいページやポルノ小説の挿絵が多い。
あとは週刊誌のハードボイルド小説の挿絵で有名だ。
Img_3372
Img_3373 Img_3377
Img_3374

とにかく点描が半端ない。いまではスクリーン・トーンで処理するようなものを
すべて手作業で点を打つのだ。
これで描かれたヌードは艶めかしいとかよりもむしろ大理石の彫像のような硬質な印象すら受ける
(目の中に瞳を描かないことも多いので余計にそう感じる)それが女体のヌードを
肉体というより女神とか悪魔とかそういう人外のものにすら見えてくる。もっというと
魔除けにおいてるガーゴイルのイメージ。
Ext01
ちなみに、ヌードやハードボイルド以外にも、児童文学の仕事もされている。
シャーロック・ホームズやフランケンシュタイン、透明人間など名作の少年向けリライトの表紙絵だが
やっぱり徹底的な点描。ホームズに至ってはカラーでやっている。これだけでも脱帽ものだ。
Img_3375
Img_3381
Img_3379_2 Ext02
ただ、レオ澤鬼先生の特徴として、女体は巨乳しか描いていないw貧乳は1枚も描いてないのだ。
おれはおっぱい星人なんだというこだわりなんだろうなあwww

2018年3月25日 (日)

180303 オナニーとフェティッシュとタナトス

180303 オナニーとフェティッシュとタナトス
日本橋の画廊モモモグラで開催された大オナニー展w
もうタイトルからネタだとしか思えない。
ないようも中年男性のオナニーをオナニー帳に記録したというだけのもの。
何をオカズにしたか、いくら位の出費だったか、感想はどうだったか?
それを記録したオナニーノートを9人ほど展示されている。
みてみるといろいろなものを使ってて参考に、はならんなw
ガチャで売られてた朱印帳ならぬ手淫帳という点取り占いのパロディがなかなかおもしろかった。
Img_3258
Dscn3676 Dscn3679
ついで大阪とらのあなで開催されていたよむ。展
よむ。氏はパンストフェチなイラストレーターで、
黒いパンストに包まれた脚が魅力的なイラストを多数作成されている。
東京、大阪を経て現在は名古屋での開催中だ。
自分はアブノーマルな性癖はないと思ってはいるのだが、黒パンストに包まれた脚をこれでもかとみていると
なんというか、ただの裸よりもいやらしい感じがするw
Dscn3684 Clipboard01 Dscn3683

翌日3月4日は京都で開催されていたゴッホ展の最終日でした。
Img_3266
Img_3263 Img_3264
知っての通りゴッホは生前彼の絵がまったく評価されず
貧困と絶望の中、自殺という悲惨な生涯を終えています。
自分の耳を削ぎ、自らを殺さなくてはいけないほどの狂気に囚われた彼は
後の炎の画家なんて評価とン億円で取引される絵をどう思うだろうか?
ゴッホの絵はアルルの明るい色彩のも、なんかぐちゃぐちゃになっていった最後期の作品も、
浮世絵から何かを見出そうとしていた作品も、見ているとなぜか不安なものが感じられてならない。
それは何なのかはわからないが、ヌメヌメしたものを触ってしまったようななんか言いしれぬ
気持ち悪さに近いものと、触ったら潰れそうな危うさと、それでもなお惹きつけられる強烈なイメージがごっちゃになったもの。
精神がヤバイ方面に行った人がその感情をドーパミンダバダバに描いたものだから、
目をそらしたいけどそらせない、そんなものを感じるのだ。
そういう意味でゴッホはあんまり長時間みていたくはない作家の一人です。

2018年2月20日 (火)

180217 atelier coco個展開催

180217 atelier coco個展開催
以前、コミックトレジャーにサークル参加されていた180217 atelier cocoさんから、個展開催のお知らせはがきを頂いていたので、行ってみた。
2/16~2/20の5日間、堂島リバーフォーラムで実施されています
http://atelier-coco.com/
Img_3207 Img_3206
なかなかおしゃれなスペースです。
中はわざと薄暗くなっています。というのも、
得意とする切り紙が照明効果に酔って何倍も美しいものになるからです。
Img_3144 Img_3145
Img_3146 Img_3155
Img_3151 Img_3152
Img_3153
Img_3171 Img_3173
Img_3178
Img_3182
Img_3179_2 Img_3180_2
さらに、中ではちょっとしたアトラクションが。
LEDのランプを付けたプラレールが走っているのですが、
LEDライトのお陰でなんともいえない影と光の相乗効果が。
Img_3169 Img_3167
動画ではこんな感じです。
https://youtu.be/HksAWGITbhM
お遊びのコーナーですw
おなじみお菓子のパッケージも飛び出す立体パッケージに早変わりwww
Img_3156_2 Img_3157
Img_3158 Img_3191_2
中では物販も行われており、可愛い絵柄のポストカードセットと、解説本を買いました。
解説本は、作者の作品に使われている背景世界の話。
ただのファンシーではなくて、確固とした世界観をもつ一つのファンタジー世界の物語が
あるのだとわかりました。
Dscn3604 Dscn3605_2
Dscn3606 Dscn3607 Dscn3608

2017年11月24日 (金)

171111東京へいくぞ

171111東京へいくぞ
翌日のゲームレジェンドへさんかスべく、前日から東京へ向かう。
本当は江戸東京博物館にいって2018年のカレンダーを買いたかったのだが、
残念ながらよく3月まで改装のため休館中でした。せめてカレンダーだけでも他所で買えないかなあ…
ひさびさに秋葉原をブラブラしてみました。秋ブラですw
駿河屋で、8BITMUSICPOWERFINALを購入。3300円と何故か安い。
たぶん、マジックで落書きがしてあると思ったのかもしれないが
これ、作者RIKIさんのサインです。値落ち要素どころかお宝ですw
Riki
ほかには3DOの「シンジケート」を見つけた。これは悪の秘密結社による世界征服ゲームです。科学者を拉致、「説得」し、
一般人を拉致改造して悪のサイボーグとして暗躍させるという…
作中にある「説得」というのは実質「洗脳」というヤバさw
Dscn3377_3
オウムの時代のゲームなんでスーファミにも移植された割に敬遠されてました。
スーファミではシナリオも差し替えになってるようですが、
原作(IBM-PC)のヤバさはこの3DOとFM-TOWNS版が忠実ですw
英語版ならwindows版が500円でダウンロード販売してました。
その後、神田神保町へ久々に赴く。ここはかび臭いけど嫌いになれない場所だ。
途中で、痴漢防止ポスター。なぜか80年代ラブコメ漫画風に絵柄が変わっているw
Img_2985 Dscn3290
途中見つけた猫本専門店「姉川書店」。中に入ると猫の本しかないw最高だ。
Img_2973_2 Img_2974_2
ならではのものはアーチストによる猫の映画パロディ絵葉書。
Dscn3291
なんでも「ねこ検定」なるものもあるときく。挑戦してみたいが間違いなく落第するだろうなあw
Dscn3295
晩御飯は神保町の「くいしんぼ」で200gのすごいステーキその名も「くいしんぼステーキ」
まんまですw サラダとご飯ついて980円(税抜き)なので安い。
Img_2982 Img_2979
Img_2977

171104北斎

171104北斎
あべのハルカスで公開中の北斎展。
Img_2954 Img_2955
今までの作品だけでなく、
今回は初の「濤図」のパネル絵が展示されているところから連日大人気。
よりによって土日に行こうものなら長蛇の列に巻かれることになる。
チケット買うのに30分近く並んだ上に、中庭へいって時間ごとの整理券をもらわないといけない。
もらった整理券は14:30。げっ、1時間も後だわ。
時間つぶしまくって、やっと入室時間。
中に入るとすごい人。
どんだけみんな北斎だいすきなんだよとw
しかし、それでも北斎は偉大だった。両国のすみだ北斎美術館でみたのとくらべると、
初刷りあり、肉筆画ありととんでも豪華、
極めつけは 最晩年の大作「上町祭屋台天井絵「濤図」」が展示されていたこと。
巨大な物で120cm四方の大きさ。桐の板に描かれているので重量も相当あります。
おみやげにガチャガチャもありました。最近の展覧会でけっこうありますね。
Img_2957
また、今年は阿倍野近鉄百貨店の80周年でした。そこで近鉄百貨店の歴史展示も行われています。
Img_2952
Img_2958_2 Img_2959
お歳暮コーナーの隅ですが、当時の広告や引札などを見ることが出来ました。
当時のデパガの制服も一部展示されています。東京の白木屋火災の経験
(和服の店員が飛び降りれば助かるのに裾がまくれるのを嫌がり、結果多くの店員が焼死した)からか、
開業当時から洋服の制服を導入したみたいですね。

2017年8月17日 (木)

170811_すみだ北斎美術館toアキバ

170811_すみだ北斎美術館toアキバ
両国といえば現代の相撲の聖地「両国国技館」と江戸東京博物館、そして新たなスポットがオープンした。
すみだ北斎美術館である。
まだオープンしたばかりで、あまり知られていないスポットではあるが、
画狂老人こと葛飾北斎の富嶽三十六景を中心としたコレクションを展示している。
児童公園と総武線沿線の蕎麦にいきなり宇宙人の秘密基地みたいにあるので違和感半端ないw
Dscn2870 Dscn2873
Dscn2869
今回の特別展は富嶽三十六景に加え、後に描き下ろしたイラスト集「富嶽百景」を展示している。
Dscn2941 Dscn2944
02 01_2
百景は多色刷りの錦絵ではなく、
モノクロ描きのイラスト集である。そのため北斎漫画みたいなシンプルな絵面だが、
富士山がちょろっとでも乗ってれば後は何描いてもいいという
90年代エロマンガみたいな好き勝手感(?)にあふれている。
水面に写った富士(いわゆる逆さ富士)だけでなく、
水面が揺れている逆さ富士などどれひとつとして同じイラストがない。
まさにマンガ感覚のライトな読み物になっている。
北斎というのは90歳で死ぬまで描き続け、本人は150歳まで生きて絵を描き続けるつもりだったらしい。
「70なんてまだまだひよっこよ」とカラカラ笑う画狂老人を見た気がしましたw
妖怪絵やエロ絵、美人画、生物画、風俗画などなんでも描いた北斎老人に後世の絵師は
どこまで挑み続けられるだろうか?
  
このあと、友人と落ち合ってアキバへ。
友人が予約してくれたVRゲームを体験させてもらった。
最初はアイマスやラブライブみたいなアニメアイドルのライブ体験。持ってるコントローラーが
サイリウムになって振ったりして応援するものだが、基本特等席(かぶりつき)での鑑賞。
おどったり歌ったり迫ってくるのだが驚いたのは振ってくる紙吹雪。おもわずてで掴めそうな錯覚で
ライブなのに上を見上げること何回もwひらひら舞う紙が手元へオチてきそうなまでに感じます。
2つ目にジェットコースター。スーパーマリオみたいにコース上に転がってるコインをゲットするものだが、
見てるだけなのに単なる錯覚なのに、強風を感じて思わず避けてしまったり
コースターが上下するたびにコシを浮かせてしまったりとまんまと幻想に取り込まれてしまいました。
思い出したのが1990年花の万博でみた立体映像体験。液晶シャッターメガネで、書割じゃない、
リアリティ最大の立体映像技術を展示していて、その時感じた「てにさわれそう」感覚が
今回の物に近かった。逆を言えば三菱が国内最大級のイベントに何十億という金をつぎ込んでようやく
実現できたものが、いまはPC+VRゴーグルで30~40万円で実現できているという技術の進化。
友人に言わせると「これより数段劣る」PS4VRでも可能性を期待してしまいます。
女の子の家庭教師なんかどうでもよかったが
レーシングやコクピットシューティングのいいのが出るならがぜん期待してしまうわーw
帰りにRaspberryPIと組み合わせてSCSIデバイスをエミュレートするRaSCSIと
ネタで雑貨店でハンドスピナーを購入。
ハンドスピナーはただくるくる回るだけのもので
もともとは発達障害者のリハビリ用だったそうだが、(障害といっても昔で言う「落ち着きのない子」レベル)
いまやなぜか大はやり。
実際、コレを猿みたいに回してると貧乏ゆすりとか手遊びとかペン回しとか
他のことをしてしまいがちなきっかけ、イライラ感がなぜか失せるのだw
俺の子供の時これがあれば貧乏ゆすりとかくせにならずにすんだのかもしれない。
Dscn2966 Dscn2968
これ、LEDが仕込んであって、押すと光ります。無駄な機能だなあw
Dscn2960 Dscn2961

2017年8月16日 (水)

170730_怖い絵展

170730_怖い絵展
怖い絵、というと日野日出志の恐怖漫画や幽霊の絵、呪いがかかるいわくつきの絵、なんてのを想像しちゃいますが
今回は、描かれたモデル、描かれた時代、そして描いた人間や想像力そのものの恐怖がテーマになってます。
つまり、恐怖そのものが題材の絵、とでも言えば良いのか。
もともとはこのような絵を題材にした「怖い絵」という本でベストセラーになったシリーズの10周年記念展です。
キービジュアルのポール・ドラローシュ作「レディ・ジェーン・グレイの処刑」は恐怖と言うには
あまりにも可哀想過ぎるエピソードに涙すらしてしまいます。
カトリックとプロテスタントという同じ宗教の宗派の違いで凄惨な殺し合いを行っていた
イギリスの暗黒面を象徴する絵で、処刑されようとしている純白のドレスの少女は
政略結婚のあげくわずか9日間女王に祭り上げられた後、反逆者として処刑される。
自分と関係ないところで宗教紛争に巻き込まれ、16歳、今でいう高校一年生で
殺されなければならなかった彼女の慟哭「どうして。」が本展覧会のキャッチコピーでもある。
Dscn2810 Dscn2811
兵庫県立美術館は阪神の岩屋駅を下車してあるいて10分ほど。木でできたおしゃれな歩道橋をあるいて行きます。
Dscn2815 Dscn2816
上にあるカエルの巨大なバブルパペット(風船人形)が目印w
入り口にはキービジュアルを用いたショッキングなオブジェもあります。
Dscn2818 Dscn2819
個人的に面白かったのは
・神話伝説に基づくもの、
オデュッセウスに誘惑の盃をすすめる魔女、
日本では大岡裁きとして有名なソロモン王の子供を引っ張る裁判の故事。
・地獄や悪魔、魔物
サッキュバスやインキュバスといった夢魔や
ワイルドの舞台「サロメ」のイラストなどが目を引きました。
恋するものの首を奪ってでも独占したいというまるで娘道成寺のような女の執念。
・現実(殺人、貧困、暴力)
セザンヌの初期の作品はやたら暗い殺人を題材にしたものだったり、
安酒のジンが貧困層に大量に出回りいまでいうドラッグのように風紀を著しく乱すさまを啓発するポスター、
狂気の殺人鬼切り裂きジャックに魅せられそのアパートを訪れてスケッチした画家も又狂気の産物、
まさに「恐怖の聖地巡礼」
・崇高な風景
ソドムとゴモラを硫黄の日で焼き尽くす天使や、恐ろしい監獄など。
特に神の命でソドムを焼く天使はまるで害虫駆除を仕事で行う業者みたいに
表情無しで街を一つ焼いてしまうえげつなさとのギャップが怖い。
絵にはないけれど聖書ではロトの家族だけは神罰を見ないことを条件に街から逃げることを許すんだけど、
お母さんだけは振り返って神罰を目の当たりにしてしまったことで塩の柱になった、
というのはクリスチャンでなくても知ってる有名な話。
しかし、ロトの家族だけを救うことにした理由というのが、人間に化けた天使を美少年だと思いこんで
レイプしようとした連中から匿って助けたからというのがなあ…まさに悪徳の都。
なんでロトの家族はこんなところに住んでたんだ?
・歴史
クレオパトラ、マリー・アントワネットなど歴史上の悲劇の人物たち。
清教徒革命で処刑されるリチャード一世の幸せだった時代の絵とかもあります。このあと、罪人扱いで首を来られ、
その後君臨したクロムウェルも内部のいざこざで粛清され、王政復古まで血まみれの粛清合戦になると
いうのが救われない。
ここにあの「レディ・ジェーン・グレイの処刑」も飾られています。すごい大きい超大作です。
9月18日までは兵庫、10月7日からは東京での開催なのでぜひ見ておくと良いと思います。
最初は怖いもの見たさ、でもいい。ただ見た後にこのもやもやした感覚はなんだろうと思えるはずです。それが恐怖の源泉「黒い方向の想像力」なのかもしれない。

2017年5月13日 (土)

170507ねことりゅう

170507ねことりゅう
明日でおわりなので、阪急の「岩合光昭 ふるさとのねこ展」にいってきました。
http://www.crevis.co.jp/exhibitions/exhibitions_047.html
Dscn2573
1年をかけて、青森の農村で生まれたばかりの子猫が成長する過程を丁寧に追い、
写真に収めてきた珠玉の作品集です。
https://www.amazon.co.jp/dp/4904845552
林檎の色づきとともに徐々に大きくなって、遊びながら生きる力を身に着けていく猫達には感動させられますし、
岩合さんの猫の視点に立ったアングルの臨場感と、猫の信頼を得ているところが毎度すごい。
(普通レンズを向けると猫はそっぽを向く事が多い)
猫の栞型の入場券はなかなかいいデザインだなあ(2年前に関東で行ったときもこの形のチケットだった)
まるしげなどお菓子屋さんではいま岩合さんの写真をつかった
「ねことあめ」が売っていますが今回阪急のショップでは売ってなかった。残念w

終わって、出て見ると、前のイベントスペースが恐竜一色w恐竜ランドかジュラシックパークか。
メカトロニクスで動くロボ恐竜、上に椅子がついていて恐竜試乗体験?ができる所、化石などの展示もあり、
家族連れの長い行列が。今日NHKで恐竜の番組をやる相乗効果もあって
GWの客寄せとしては大盛況な催しでした。
Dscn2600 Dscn2579
Dscn2577 Dscn2581
Dscn2582 Dscn2583
Dscn2597 Dscn2576
Dscn2592

2017年5月 9日 (火)

170504資料性博覧会10 

170504資料性博覧会10 
中野まんだらけが主催のイベント「資料性博覧会」に参加した。
https://mandarake.co.jp/information/event/siryosei_expo/
ここは資料系同人誌やフィギュア(おもにソフビ)の即売会で、
今回はまんだらけのイベント大まん祭の一環として実施された。
そのため、会場も中野サンプラザである。
Dscn2491
大まん祭の企画として「益子かつみ」先生の原画展示が行われている。
かの快獣ブースカのキャラデザインとコミカライズを行った漫画家です。
Img_2523 Img_2526


コミケットほど幅広いジャンルというわけではないが、サークルは皆一家言ありそうな癖の強いところだ。
昔の貸本漫画の復刻を行ってる所、TV番組の検証本を作っている所、TV雑誌のグラビアページを
紹介している所など、内容の濃さではマンガ系、小説系に引けは取らない。
今回買ったのは以下のとおり。
ラクメキアそーさいさんの児童誌グラビア本は相変わらずの高クオリティ。
Dscn2557 Dscn2556
Dscn2563 Dscn2561
Dscn2560
Dscn2564Dscn2565
場所が中野サンプラザということで、すぐ近くに中野ブロードウェイがあります。殆どがまんだらけなんですがw
同人ショップやおもにおもちゃのBOXショップがあります。
今年僧形50年ということで築城50年なるキャンペーンをやってました。そうか、城なんだw
Img_2539 Img_2530
Img_2536
地下には子供も楽しみなジャンクフードショップ、デイリーチコがあります
このデイリーチコ、最小サイズでも3種類のフレーバー(味)を選んだソフトクリームが名物で、
私は上からイチゴ、夕張メロン、ぶどうとわざとハデな毒々しい色を選んでみましたw
遊園地のソフトクームみたいな味がして美味しいですw
Img_2531 Img_2534
帰る前に中野駅前、おやきのれふ亭でおやき(関東で言う今川焼き、関西では回転焼き)を買いました。
ここは季節の味や定番以外にも色んな味があります。黒、白、カスタード、チョコ、ベーコンチーズなど。
ここのイチオシはちょっと高いけどズバリ「あんチーズ」あんこにクリームチーズが入っていて、
この味の組み合わせはすごい。甘い、酸っぱい、濃厚と、この味は癖になります。
Dscn2493 Img_2540
Img_2542 Img_2544

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ