パソコン・インターネット

2018年9月12日 (水)

180829モウイチドプレイシマスカ?(Y/N)

180829continueもう一度?
京都の城陽でゲームの展示会があるというので行ってきた。京都というよりはむしろ奈良に近いところで、
京田辺より奈良よりだった。
最初大阪から京都経由で遠回りしていってしまったのでえらい時間がかかってしまった。
会場の文化パルク城陽。
図書館にレストランが併設されている。まわりなんにもないので市民の唯一の娯楽の場かもしれない。
Img_1092 Img_1103
会場の歴史民俗資料館。
Img_1111
いきなりXBOXの鉄騎コントローラーw そうか、これが歴史になってるのか。
Img_1115 Img_1116
スタンディング型アーケード筐体。いわゆる駄菓子屋筐体よりはひとまわり大きい
Img_1117 Img_1118
Img_1121 Img_1123
ベクトレックス。日本では光速船の名で知られています。
ベクタースキャンというブラウン管でしか再現できない方式の映像です。
Img_1126
アドベンチャービジョン。はじめてみたゲーム機。ROMカセット交換式の携帯機?にしてはでかいけどw
Img_1127 Img_1128
かつてのFL管ゲーム。今はOLEDや液晶に取って代わられてますが自ら発光するFL管はきれいです。
Img_1129 Img_1131
Img_1133 Img_1134 Img_1137
単色LEDやランプを使った懐かしいもの。サイモンだったっけ?
Img_1135 Img_1136
時計の中にゲームが入ったALBAウォッチマン。当時欲しくてほしくてなあw
Img_1431 Img_1433
家庭用ゲーム機に混じってPC-8201。これビジネス機だけどね。ゲーム機ではなかったようなw
Img_1140 Img_1375
パイオニアのレーザーアクティブゲーム。PalcomとあるのでおそらくMSX用。
アステロンベルトとサンダーストーム、ロードブラスターくらいしか知らなかったが意外と数出てたのな
Img_1141 Img_1386
Img_1387 Img_1446 Img_1388
レトロPCきたこれ。FM-8、FM-7にX68000。なぜかpro。98も初代。
Img_1142 Img_1144
Img_1145
PC-6001にこんにちはマイコンが飾ってあるのがわかってるなあw
RX-78、ゲームパソコンM5、MAXマシーンの実物は久々に見た
Img_1149 Img_1146
Img_1148
コモドールVIC-1001。
Img_1150
コモドール64のカセットソフトだけど、ギャプラスあってびっくり。
あれ8ビットでは再現できないからって国内ではPC-9801での移植だったんだよなあ
Img_1152
Img_1153 Img_1154
テレビテニス。棒でたまを弾くだけなのにすごい画期的な遊びのように思えた。
Img_1155 Img_1156
世界初のTVゲーム機オデッセイ。TVにシートをはって、実際は盤にコマを置いたりチップを賭けるなど
ボードゲームの補助的なゲーム機だったらしい。いわばサイコロやルーレットの代わりに使うような感じだろうか?
Img_1160 Img_1161 Img_1162
初期のTVゲーム。ほぼすべてにポンの派生みたいなものなのかパドル(ボリューム)がついている。
一部レーシングとか、光線銃とかもあった。
Img_1163 Img_1164
Img_1166 Img_1168
ゲーム&ウォッチなど液晶携帯ゲーム。
Img_1171 Img_1172 Img_1173
カシオのゲーム電卓だ!
Img_1174 Img_1176
こちらはTVではないメカゲーム、ボードゲームいわゆるアナログゲームだ。
Img_1180 Img_1183
Img_1185 Img_1190
D&Dも網羅されている。そのくらいゲーム史に革命的だったということか。
Img_1181
漫画キャラのかるたは定番。「ぬ」と「る」の読み札が妙に不自然なんだよなあ
「ぬっとかおだすくも男」「ぬっとかおだすあしゅらだんしゃく」「るーるむしだぜとさまるこうこう」「るーるをまもろうライダーからのおねがい」w
Img_1188
棒でうごかすサッカーゲーム。いまはインテリアになってしまってるw
Img_1201 Img_1202
定番野球盤。
Img_1204
ぱちんこの元になったコリントゲーム。うちの親父も板に釘打って作ったことがあるそうです。
Img_1216 Img_1217

昭和初期に流行った闘球盤。おはじきみたいなゲームらしい。氷上のカーリングやあの滋賀県限定遊戯のカロムにも似ている。
ひょっとするとご先祖なのかもしれない。
Img_1219 Img_1218 Img_1220
アーケードゲーム(NEOGEO)の内部。カードスロットがあるのは業務用かな?
Img_1221 Img_1222
ゲームボーイのROMむき出しなのは開発用。EPROMかEEPROMだと思う。ベータバージョンをいれて動作テストなどしたらしい。
Img_1225 Img_1226
Img_1228
ゲーム雑誌。インターネットが普及してない時代、ゲーム情報は情報誌が頼りだった。LOGINやベーマガ、I/O、ファミ通の発売を心待ちにしてた時代w
Img_1237 Img_1238 Img_1239
ゲームから派生したメディア。攻略本やコミカライズ(漫画化)、アニメ化、キャラグッズなど。
Img_1241_2
難易度シンセサイザー。これはシューティングゲームではなく、敵の出現数、時期の大きさ、たまの数などをリアルタイムに増減させて
プレイヤーの兄妹が最も飽きずに遊べるベストなゲームバランスへ調整するというゲーム?だ
極端に難しすぎるとすぐに飽きるし、極端に簡単でも飽きる。
ゲームが上手い兄と下手くそな妹。その両方が食い付くバランスはなかなか難しいw
Img_1258 Img_1249
Img_1246 Img_1256
Img_1247
Img_1257
Img_1243
VS筐体。エキサイトバイクやスーパーマリオ(アーケード版)など対戦ゲーム用の筐体。通信対戦が実現する前の任天堂の苦肉の策
Img_1259
インベーダーでおなじみテーブル筐体。ここにコーヒーやジュースをおいてインベーダーに興じる「インベーダー喫茶」が流行ったが、
タバコふかしたおっさんばっかりで小学生は怖くていけなかったのでもっぱら駄菓子屋でした。
駄菓子屋にもスタンド筐体だけでなくテーブル筐体もおいて、買った駄菓子食いながらインベーダー見てました(遊ぶほど金なかったw)
Img_1265 Img_1264
別ケースでの展示だったぷよぷよ。
なんとMSX版しかもタケル販売とはw
Img_1272 Img_1288
ファミコン以降の家庭用ゲーム機。現在レトロゲームと言われてるのはほとんどこの世代。
Img_1311 Img_1316 Img_1351
ファミコンの一番右端。改造したハッカーバージョンじゃねーか。
あとで任天堂に意匠権たてに訴えられて販売中止に追い込まれたマシンw
Img_1322 Img_1325
携帯カセット交換式ゲーム機、ゲームポケコン。
全然ポケットサイズじゃない。
本当のポケットサイズ(と言うには無理があるけど)はゲームボーイを待たねばならない
Img_1329
PCエンジンやセガの名機たち。
ツクダのオセロマルチビジョンもセガ互換機(オセロが予め入っている)
Img_1330 Img_1340
最新のミニファミコンも並んでます
Img_1342
レーザーアクティブのタイムギャル。これはメガドライブとつなぐメガLDのもの(結局機種ごとに違うLDソフトがいるのが最大の欠点)
LDプレーヤーは共通なのにゲーム機ユニットとソフトは各機種ごとに買わねばならないという…
Img_1354Img_1355
バーチャルカメラマンは実写ギャルゲーの走り、かな?
Img_1358
マイクロビジョン。オーバーレイとソフトが一体化してるらしい。
オーバーレイがそれぞれソフトの操作パネルを兼ねている珍しい携帯ゲーム機
Img_1363 Img_1364 Img_1365
ATARI2600。刺さってるソフトは伝説のクソゲー「E.T」
Img_1368 Img_1369
スーパーカセットビジョンのレディースセット。
どピンクとはすごい。ソフトも占い系か?
Img_1376 Img_1378
Img_1379 Img_1377
箱のデザインがホント昭和でいいわあw
Img_1410 Img_1412
駅までめっちゃ遠いので、昼食は館内のレストランで頂きます。地元の野菜を使った天丼。
野菜が柔らかくて美味しいです。
Img_3780
帰りは近鉄寺田駅まで歩きます。およそ400m。暑い中へとへとになってたどり着きました。
ここから柏原で乗り換え、なんばまで一直線です。こっちのほうが早かったwww
Img_1465 Img_1470

2018年8月15日 (水)

180813神田明神のハイスコアガール

180813神田明神のハイスコアガール
今日は友人との約束でアキバめぐりを計画。
宿が田原町だったので思ったより早く着いてしまった。
早く着いてしまったので神田明神へ。
神田明神では納涼祭が12日で終わってしまっているのだが、
同時開催のシュタインズ・ゲートの関連展示は31日まで行われているとのこと。
300円の奉納を納めて、資料館へ。
資料館は2階、3階とあるのだが、関連展示は2階のみ。
しかもオープンスペース兼休憩所の1Fフォトスペースと、2F展示スペースは撮影が可能です
Img_0889 Img_0891 Img_0892
ただし3階の常設展示は写真撮影不可です。
2階の展示内容はパネル展示と作品内の事物の展示、その解説になってます。
それに加えて貴重な秋葉原の過去の記録の展示、神田祭(日本3大祭の一つです)のジオラマも展示されています。
神田祭のときは秋葉原の中央通りが豪華な神輿の通り道になり、三社祭に匹敵する賑わいを見せます。
Img_0895 Img_0900 Img_0897
Img_0901 Img_0898
Img_0906 Img_0911 Img_0912
Img_0915 Img_0925
Img_0927 Img_0909
Img_0945 Img_0942 Img_0947 Img_0944
Img_0955 Img_0954
Img_0956 Img_0957
Img_0941 Img_0940
Img_0933 Img_0936
まだ時間がある。
秋葉原アトレにいくとアニメ「ハイスコアガール」のコラボでショップが出店していました。
限定グッズの販売や、
協賛店とのキャンペーンで、記念撮影ボードや500円以上の買い物でSDキャラカードのプレゼント、
近所のゲーセン巡りによるスタンプラリーを実施していました。
Hsg2
スタンプラリーでゲーセン巡りをすると、記念品のポストカードがもらえます。
Img_1041 Hsg1
ここでやっと待ち合わせの時間になり、友人と会いました。
やはりちょっとレトロよりになります。
時々ゲリラ豪雨が降る中、BEEPショップや駿河屋で買い物したり、淀で最新モバイルPCをみたりしました。
実に中身が濃い充実したアキバめぐりでした。

2018年8月14日 (火)

180729新マシン行き着くところはこれやった(SSD換装編失敗)

180729新マシン行き着くところはこれやった(SSD換装編失敗)
SSDを250GBに変えるため、準備としてクローンを作る。
Img_0324
裸族のM.2に装着したM.2の250GBSSDをHDDケースに入れてUSB接続。
クローンソフトでクローン作成開始。
Img_0331 Img_0332
Img_0334 Img_0333
6時間近くかかったw物理フォーマットしながらクローン作業してるっぽい。
念の為、リカバリーUSBも作成しておく。
恐ろしことに16GBでも足りなかった。なくなく32GBのUSBメモリを探して使う。
底面のカバーをネジで外し、底面を開ける。
Img_0342
ネジはやたら数が多いため、一つ一つ外しては底面を印刷した紙に両面テープでネジを貼っていく。
Img_0341
全部外すと簡単に外れた
Img_0343 Img_0344
ここの黒いカバーがついているのがSSD。ネジをはずすとびよん、と飛び出すw
Ssd1 Img_0350
代わりにクローンしたSSDをはめてネジ留め。あとは両面テープで貼ったネジを同じ位置にはめ直す。
手間はかかるが作業は複雑ではない。
これでクローンがきちんと出来ていれば起動するはず、だったが、
起動しなかったwww
6時間無駄ー!
原因はわからない。普通クローンしたSSDは無条件でブートしてくれるはずんだが…windows10特有の事象なのか?
皮肉なことについででとっといたリカバリーUSBが役に立ってしまったw
完全にクリーンインストールするしかない。
Img_0354 Img_0352_2
リカバリーすればつづいてWINDOWSUPDATEが始まるが、やたら時間がかかる。
タスクマネージャでみてみると、なんじゃこりゃ?!
全然通信実績がない。つながっては切れ、つながってもほとんどデータが届いてない。
どうやら無線LANドライバが悪いみたいだ。しらべると、2018年4月の最新無線LANドライバがアップロードされてたので
早速当てると、嘘のように通信状況が良くなった。
http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/004760?no=1&p1=103&p2=103106&p3=103106359&score=1.0&sri=5145171&trn_org=2
かんがえたら、この機種が出た2016年ごろは11acも出たばっかしでドライバもこなれてなかったのかもしれない。
結果クローン化は失敗に終わったが、250GBSSDでリカバリーして使用できるようになったのでこれはこれでOK。
あとは定番ソフトのインストールと
chromeブックマークのインポート、thunderbirdのメールデータコピーで環境もだいたい整った。
覚書としてインストールしたソフトをいかに記す。
Avast!
https://www.avast.co.jp/index#pc
あとでかぶるのでWindowsDifenderを無効化した。
https://boxil.jp/mag/a13/

180729新マシンlet'sRZ5

180729新マシン行き着くところはこれやった
ボーナスで気が大きくなったのか、新マシンを買ってしまった
let'snoteRZ5 あるいみモバイルマシンの究極。
Img_0300

過去のマシンとの邂逅。まさにRZはチャンドラやPT-PC110系統の正統後継者じゃないかと思えてしまうw

Img_0238 Img_0244
Img_0234
キーボード配置も申し分なし。今までのモバイル機でここまでノンストレスなのはthinkpad220やMacbookair以来だw
Img_0302
まず圧倒的に軽い。0.7kgのインパクトは強い。下手するとSafaceみたいな単体タブレットPcより軽く感じる
次に液晶画面がようやくまともになった。let'sで不満だったのが液晶の質が悪く、きれいに見えないことだったのだが、
安物の液晶テレビやもう1万円台の中華タブレットですら使われているIPSパネルを数世代前からようやく採用
してくれた。もうTNパネルはいやづら
*****
3つ目に画面の割に解像度が高いこと。この手の軽量PCは1378*768や1280*800が多い。本機は1920*1200とフルHD(1920*1080)よりも高解像度。
10インチなのにやたら広く感じる。これで足りなければwindows10の今更ついた(アプリとしてはwindows3.0時代からあった)
新機能「仮想デスクトップ」で増やすことができる
*****
4つ目にバッテリーが交換可能。MacbookAir以来、ウルトラブックにしても他のノートにしても
バッテリーが交換できなくなったものが多い。dynabook、FMV、とうとうthinkpad280Xですら交換不可になってしまった。
ASUSやAcerは言わずもがな。そんななか小型スリムなモバイル型で
工具なしにバッテリー交換可能なのはlet'sだけになってしまった。
******
5つ目に見た目の割に頑丈。カバンに無造作に放り込んでも大丈夫なのは心強い。クッションケースだけでも十分。
******
6つ目に各インタフェースが省略されてないこと。
USBは3基搭載してるし、有線LAN、SD(Microでなくフルサイズ。デジカメのカードをそのまま入れられる)、HDMIとVGAまでついてる。
VGAがついてるのはプロジェクターでプレゼンするというビジネス要求からだけど、
それにしてもアダプターなしに直接接続できるのは嬉しい
******
今どき珍しく、音量はハードキーで調整できる。従来どおりfnキーでも調整できます。
SSDは128GB、調べるとM.2のSATAタイプでした。今最新のだと1500MB/Sもあるんだけど、これはSATA縛りがあるので500MB/Sがせいぜいです
それにしてもやたら遅い。リカバリしてWindowsUPDATEしても数時間立っても全然バーが移動しない、なんか変だとタスクマネージャでリソース状況を見ると、
無線LANが全然動いてない。スイッチはONだし接続中なのだが、セッションがまったくない。
アクセスもだいぶ遅いし、中古失敗したかと思った。
まあ、もともとそのままの状態で使うつもりもなく、
せめて250GBはほしいなあと。
先にWEBでRZシリーズのSSD換装方法を確認しました。
わかったのは
SSDはM.2形状のSATAタイプのしかつかえない。
クローンには変換機が必要。こんなやつ↓
http://www.century.co.jp/products/crin25m2.html
SSDは前提で250GBを用意しました。
Img_0330

2018年7月14日 (土)

180708オールアバウトベーマガ2SP_in大阪

180708オールアバウトベーマガ2SP_in大阪
豪雨一過ベーマガイベントへいってきました。
先日までの雨がやんでくれたのは天の恵みか、と感謝して南港ATCへ。
トレードセンター駅で降りると、わくわくしてきます。
Img_0161 Img_0162
途中で海へ出ると、さんふらわあが見えてきます。快晴とは行きませんが、悩まされた雨がやんでくれただけでもありがたいです。
Img_0163 Img_0164
会場につくと、まず物販コーナーへ。買い物目当て化とばかにするなかれ。物販はイベント継続のための重要なファクターなのだ。
物販はそのブースの売上につながり、次回のイベントへの協賛資金になる。
現に、前回前々回の結果が良好だったからこそ、今回の大阪イベントは
有志ではなく電波新聞社がビジネスとして主催してくれたわけですしおすし。
Img_0174 Img_0175
ヘルメッツさんのブースは今回はこちらの会場へ移動。
X68000/X68000XVIラズパイケースの先行販売を行っています。
参考出品としてアクセサリとしてのX68000キーボード、マウス、ジョイスティックを。
ケースに添えるインテリア(単なるオブジェ)として出るかもしれません。
Img_0062_2 Img_0222
九十九電機とスマイルブームとのコラボで作られたラズベリーバイ専用プチコン(smilebasic)「PiSTARTER」です。
すでにmicrosdにOSとBASICがパッケージングされていてラズパイに差すだけで使えます。
サンプルのシューティングゲームで遊んでみましたが3DSのプチコン以上に動いてくれます。
プチコンと違ってUSBキーボードやUSBコントローラも使え、より自由度が高いです。
Img_0182 Img_0183
ツクモさんによると店頭でも販売したいのだが、時期はまだ未定。
ただし出すとしてもパッケージは変わるとのこと。なぜならパッケージに誤植がみつかったからw
だから先行販売は本会場だけの限定版になります、とのことでしたw
Img_0224 Img_0226
Img_0227
電波新聞社のブースではベーマガTシャツやタオル、シールなどを販売していました。
おもしろいところでは電波新聞社で使われているゴミ箱!鉄でできたすごく丈夫なゴミ箱です。
会場入口ではベーマガのキャラを使ったアクリルホルダーをがちゃがちゃで販売していました。
オールドスタイルは早々に完売。私が当てたのはかなり後期の方のつぐ美バージョンでした
Img_0186 Img_3609
秋葉原のゲームショップBEEPさんはベーマガのバックナンバーを販売。隣ではレトロPCの展示が行われていました
PC-8001MKII、PC-9801、FM-NEW7、PC-6001mkII、X1、X68000も
Img_0176 Img_0177
Img_0178 Img_0185
Img_0180 Img_0181
会場で手続きをすると、クリアファイルと歴代ベーマガの表紙が記載されたパンフレットをいただきました。
ほかにも、アーケードゲーム「クレイジークライマー」を特集した冊子も。
これ、kindleで電子書籍として出たものを冊子にしたものです。
電子版買ってたんだけどなあw
Img_0216
Img_0217 Img_0219
入場証として、つぐ美ちゃんイラストのバッジもいただきました。これをみにつけてれば会場を出ても大丈夫です。
Img_3612
さて、会場が始まり、司会の山下章さんが登壇。割れんばかりの拍手が巻き起こります。
Img_0193 Img_0194_2
そして、第一部ゲストの面々。
向かって左から順にベーマガ大橋編集長、森巧尚さん、断空我さん、大堀康祐(当時のPN:うる星あんず)さん、古代祐三さん。
Img_0204
最初に注意で、写真撮影は登壇時のみでお願いします、
SNSやブログで裏話は無用に願います、と言われてしまうw
なるほど、実際話し出すとやばいはなしがマジ卍でポンポンとでてきます。どこを切り取っても
公表NGな内容で、困ってしまいましたw
なにせ一部伏せ字にしただけでこのとおり全くなにがなんだかわからなくなりますw
Fuseji
************
いくら東京から500km離れた大阪だからって羽目外しすぎじゃないかと心配してしまいましたw
第2部は電波開発ルームのなにわ(藤岡忠)さんが出てきて、
DEMPAマイコンソフトの裏話を(これも表に出せない話ばっかり)
Img_0214
*************
第3部では全ゲストが集まって更にやばい裏話がどどどどんと。
香港旅行の羽目外しすぎナイトや
テレビの企画でスペインまでド***しに行った話や
編さんや影さんにまつわる驚愕の事実までw
*************
非常に充実した3時間でした。
終わってから、ATC内のサイゼリヤで速い夕食をとりましたが、
内容を反芻するだけでニヤニヤしてしまい、店員さんに引かれたかもしれないw
Img_e3613
待ったかいがあってとても楽しいイベントでした。
追記:先日の豪雨のせいで当日参加できなかった方も多数おられたそうで、
twitterでイベント主催者から不参加だった人に当日の配布物を差し上げたいとの申し出があった。
山下さんの最初のあいさつも豪雨災害被災者へのお見舞いでした。

180707 MAKERSbazaar

180707 MAKERSbazaar
大阪で年一回行われているメイカーたちのものづくりのお祭りメイカーズバザールに行ってきました
Img_0050 Img_0051
http://makersbazaar.jp/
折り悪く記録的豪雨の翌日なので、ブースの参加者も遅刻や不参加が出てましたが
そんななかでも次世代の若きメイカーを育てようと大人たちが熱気を持って迎えてくれました。
今回は3箇所のスタンプラリーでオリジナルグッズがもらえるイベントを行っています。
何も作れないお父さんでも、子供と楽しめる工夫ですね。
スタンプ会場は無人で犬のロボットが迎えてくれます。スタンプをロボ犬にかませると、
自動でスタンプが押されます。
Img_0045 Img_0047 Img_0123
会場で気になったのは、こんな感じ。
3Dプリンタで柔らかいものをつくってました。てで握るとふにゃっと。
Img_0065 Img_0066
ぴこぴこの雨降りバージョン?と書いてますが中身はインテリジェント。
実はインターネットから降雨情報を得て、その地域の降雨予測を立てるというものです。
当初は空気中の湿度をセンサーで把握して…というものだったそうですが、
それだとセンサーの位置で極端に数値が変わる(窓際や厨房だと極端に湿度が上がったり)ので
実用的でなかったそうです。
Img_0052
3Dプリンタで実用的なものやフィギュアなどの委託制作を行っているところです。
歯型も最近は3D制作があるんですね。
過去の歯型を記録しとけば将来入れ歯になっても安心。
たとえ出っ歯でもキレイな歯型に修正できそうですw
Img_0073 Img_0074
小型ペンプロッタの数々。ユニバーサル基板で作った初代機から
いろんな方向性(ペンではなく紙の方を動かすなど)を趣味で作られている。すごいの一言。
ボールペンプロッタは一時期製図で使われてましたが、いまはあまり見られなくなくなりました。
ヘッドがボールペン先なので交換が容易、多色が使える、紙が専用紙でなくてもいいなど
メリットもあったんですが、
印刷が遅い(ペンを動かして物理的に描くので当たり前)という致命的な欠点がw
なんで一枚物を書いてからコピーするのが普通でした。
Img_0075 Img_0078
Img_0076
ポケットコンピュータ用にも出てたくらいメジャーなプリンタだったんですけどね。
 
はにわ印鑑ケース
かわいくも縄文弥生の古代人に思いを馳せられる印鑑ケース。
3Dプリンターで出力し、あえて磨かないことで、素焼きのざらざら感も再現w
なかにはシャチハタネーム9がはいるので、宅配便の受付用にいれとくといいかもw
Img_0080 Img_0156
ひとつ買いましたw
Img_0158
非常にカラフルなアナログシンセサイザー。目を引きますね
Img_0083 Img_0084
実物大R2-D2
ラジコンで実際動きます。
Img_0085 Img_0086
動画はこちら。
R2-D2実物大
こどもパソコンichigojamのメカトロ耕作です。
ゲームボーイ風につくったichigoboyや、キーボード一体パソコン風、
Img_0088
Img_0092Img_0091
ichigojamを心臓部に、LEDを光らせるサイネージ
Img_0094
バーコードを読ませて、動作をプログラミングし、(USB接続のバーコードリーダを使用)
そのとおりに動かせるロボット。タミヤのカムロボットを改造しています。
Img_0095
共立さんでのいろんなスピーカー。
Img_0097 Img_0099 Img_0100
このちっこい部品、なんとうまれかわった真空管。
Ntube(ニューチューブ)というそうです。
オーディオ用のアンプ部品として使うんだとか。
Img_0103 Img_0104
Img_0105 Img_0106
obinz
一見ただのマイコンボードのようですが、これが画期的なのは開発環境。
なんと全機器に紐ついてクラウドの開発環境があります。
ききに表示されるQRコードを読んで、スマホでクラウドにアクセスすればそこがすでに開発環境。
PCでもスマホでもプログラミングし、スマホからIOT機器を操作実行させることができます。
https://obniz.io/
Img_0108 Img_0109
Img_0110 Img_0111
写真では十分表現できていませんが、これはまるでホログラムのように画が浮かんで見える仕掛けです。
内部に鏡を2枚入れて映像を反射させ、さも上に絵が浮かび上がっているように見せるというもの。
例として、サイネージや、浮いている(用に見える)映像に手を入れると電源がON/OFFになるスイッチとか
がデモされていました。
Img_0124 Img_0126
Img_0127
鮮やかなLEDアクセサリ。使われているLEDは芥子粒ほどの大きさ。コメより小さい。
こういうのをならべて腕時計とか作ると面白そうだけど、はんだ付けが地獄の作業になりそうだw
Img_0145 Img_0140
Img_0142 Img_0143
HELMETSさんのブース。
念願の初代X68000ラズパイケースが先行発売です。
これでX68000を自宅にお迎えしましょう。
Img_0055 Img_0134
Img_0056
箱、説明書もX68000ぽさを醸し出しています。
Img_0153 Dscn4849
他には駄菓子屋筐体が!7月予定
昔じじばば(Gさんバーさんが経営してた駄菓子屋)で
ドンキーコング(のパクリw)とかギャラクシアン(のパクリ)とか
1PLAY50円でやった思い出が
Img_0132
しかも一つは映像が動いてる。ラズパイZEROかなあとおもったが、後に聞くと、
液晶一体基盤をつかって動画を再生してるとのこと。
ラズパイではありませんでした。
Img_0058
動画はこちら。
https://youtu.be/guwaLV6wn58
既存のXVIケースも売ってました。増産したようですね。ちかぢかショップに入るかも。
Img_0061 Img_0062
Img_0063
帰りはめんたいパークで念願の明太フランス。ヤングはコーラで…とおもったら
か、か、…固いwフランスパンやたら硬いっすw
噛み切れるけど、顎が疲れる…ああ、もうヤングではなかったよw
Img_0147 Img_0149

明太ソースはバターきかせてあってめちゃめちゃ」美味しかっただけにフランスパンの硬さが…
せめてコッペパンだったら。
 
ついでに明太バターのレシピを頂いたので自宅で作ってリベンジだw
Mentai

2018年5月26日 (土)

180506GW最終日のアキバ行

180506GW最終日のアキバ行
GW最終日。友人と秋葉原をうろつく。
行きたかったのはかつての若松通称があったビル。
いまはなんと同人誌ショップのとらのあなが使っていた。
まんだらけにまけじと中古フィギュアやレトロゲームの取扱を開始して「とらのあな2nd」と称している。
Img_3457
品揃えはまだまだ不十分だが値付けがこなれていないのか意外と値段にばらつきを感じる。
え?こんなのがこんな安いの?とこれがこの値段は高くね?が混在してる状態。
目利きならせどってひと儲けできるかもしれないが、自分はPS2のエースコンバット4を購入。300円。
片渕須直監督がサイドストーリー監修していると聞いて買いたかった。

家電のケンちゃんで伝説の店員H田氏がかつて携わったスーファミの非公認エロゲー
「SM調教師瞳」シリーズのエピソードについてのインタビュー同人誌を買いました。500円。
もう一つ穴場に案内。TRADERのPCゲーム売り場。
ここはアダルトゲーム、いわゆるエロゲーの中古を売っているフロアだが
その一角にレトロPCゲームのコーナーがある。
Windows95はもとよりPC-9801やX68000、MSXもここにおいてある。
ここで買い求めたのはMicrosoftFlightSimulator2000。Windows98時代のフライトシミュレーションゲームです。
正直これがWindows7の64ビットで動くのかどうかはだいぶ怪しい。
ネットではうまく行かないという評判だ。32ビットなら可能かもしれないが。
他にもまもなく閉店するジャンク屋を巡ったり、閉店セール中の店に顔を出したり駿河屋やBEEPにいって
PC-8801やFM-7のソフトによだれたらしたりととても楽しませてもらいました。
Img_3471
Img_3454 Img_3455
毎回行くたびに少しづつ変わっていくのが楽しいところです>秋葉原
Img_3448
Img_3468 Img_3464
帰りには必ず食べる横浜名物シウマイ弁当。冷めても美味いのだw
Img_3473 Img_3476

2018年4月16日 (月)

180415 モバイルルータを変えた

180415 モバイルルータを変えた
現在つかっているモバイルルータは DocomoのLG製 L-09C。
バッテリーも大きく、長持ちするので愛用してたのだが、欠点も多く、不満もあった。
Dscn4091
・電源ボタンがやわい(反応が過敏でちょっと推してもON/OFFしてしまう
・発熱が多く、熱くなりすぎて熱暴走してしまうことがある(とくにカバンに入れてると高確率で起こる)
・800mhz帯非対応(この周波数帯が使えないとつながりにくくなってしまうのでとくに地下鉄内やビル内で切れることが多かった)
・古い機械なので仕方ないが規格がb/g/nまでの対応
 
と欠点も多く、特に熱に弱いのはいかんともし難かった。
裏蓋を明けてバッテリーを一旦外してまたつける(冷却する)ということをしないと
最悪電源をOFFもできなかったときも。
 
今度買うときは
・サポートや情報が集めやすいメジャーメーカー
・SIMフリー(または使ってる格安SIMに対応した縛り、うちの場合はDocomo)
・800mhz帯対応
・規格がa/b/g/n/ac対応(今後の端末の進歩に合わせて5GHZも使えるようにしておく)
・電池が8時間以上持つ(絶対条件。モバイルバッテリー持ち歩きは可能な限り避けたい)
ということで目をつけていたのはNEC AtermMR05LN
 
価格.comやAmazonレビューでも目立った悪評がないのでこれに決めた。
*NECも前々世代のMR03とかは悪評が多かったので躊躇してました。
 
幸い、未開封の新古品がじゃんぱらで売られていたので買ってきました。
早速セットアップ。といっても、APN設定を格安SIMに合わせて再設定するくらいで特に困ることはなかったです。
Dscn4088
面白いことにこの機種はSIMが2枚刺さります。今は1枚しか刺してませんが、
使い分けが必要になったら2枚めをつかって切り替えることができます。海外旅行で現地のプリペイドSIMを使うとかにつかえます。
Dscn4090
他には、エコモードやbluetoothによるテザリングもサポートしてるので
バッテリーの長持ちに貢献してくれそうです。
バッテリーも標準で14時間、bluetoothテザリングでは30時間と圧倒的な電池の持ち、
話半分としても7時間くらいは連続使用できそうです。
バッテリーの比較。
LG L-09Cの2700mahと比べてバッテリー容量は小さい(2500mah)にもかかわらず、使用可能時間はこっちが長い。(説明書ではLG L-09Cの持ち時間は LTE動作時6時間となっています)
Dscn4096_2
本体の消費電力が格段に低いのと発熱抑止の差でしょうか?
NEC AtermMR05LNは充電しててもあまり熱くならないのも好感です。
夏場はちょっと怖くなるくらい発熱してたからなあ>L-09C
 
もちろん、LG L-09Cは2011年発売の機種なので、LG製だから性能が悪いというわけではなく、ここ5年のモバイルルータ全体の性能が上がってるということです。
LGでも昨年の機種は性能上がってますし、ファーウェイなど新興メーカーもスペック高いです。デザイン的には衝撃に弱い角ばったデザインでかつ傷が目立ちやすい光沢黒のNECはいまいちだとは思うくらいですが。
    
タッチパネルも、脆弱性につながる(割れたら一切の操作ができなくなる)のでやめてほしかったし。物理キーのほうが良かった。

2018年2月 3日 (土)

180126ベーマガ表紙

180126ベーマガ表紙
先日行われたマイコンBASICマガジンのイベントでパンフレット代わりに配布された表紙集が
秋葉原BEEPさんで販売されることになり、注文した。
https://beep.theshop.jp/items/9571900
イベントに行けなかったので、コレだけでも見られるのは感激だ。
過去のベーマガ表紙と、付録のスーパーソフトマガジンの表紙が全部収録されている。
Dscn3530 Dscn3531_2
Dscn3532 Dscn3533
おもえば、昔つくったマイコンクラブ会誌にこれらの主にナムコ絵を模写したなあ、とみょうな感慨にふけってしまった。
いまのコピペ文化に慣れた人にはわからないかもだが、
昔はトレーシングペーパーをアテて手作業で模写したのよw

2017年8月17日 (木)

170811_すみだ北斎美術館toアキバ

170811_すみだ北斎美術館toアキバ
両国といえば現代の相撲の聖地「両国国技館」と江戸東京博物館、そして新たなスポットがオープンした。
すみだ北斎美術館である。
まだオープンしたばかりで、あまり知られていないスポットではあるが、
画狂老人こと葛飾北斎の富嶽三十六景を中心としたコレクションを展示している。
児童公園と総武線沿線の蕎麦にいきなり宇宙人の秘密基地みたいにあるので違和感半端ないw
Dscn2870 Dscn2873
Dscn2869
今回の特別展は富嶽三十六景に加え、後に描き下ろしたイラスト集「富嶽百景」を展示している。
Dscn2941 Dscn2944
02 01_2
百景は多色刷りの錦絵ではなく、
モノクロ描きのイラスト集である。そのため北斎漫画みたいなシンプルな絵面だが、
富士山がちょろっとでも乗ってれば後は何描いてもいいという
90年代エロマンガみたいな好き勝手感(?)にあふれている。
水面に写った富士(いわゆる逆さ富士)だけでなく、
水面が揺れている逆さ富士などどれひとつとして同じイラストがない。
まさにマンガ感覚のライトな読み物になっている。
北斎というのは90歳で死ぬまで描き続け、本人は150歳まで生きて絵を描き続けるつもりだったらしい。
「70なんてまだまだひよっこよ」とカラカラ笑う画狂老人を見た気がしましたw
妖怪絵やエロ絵、美人画、生物画、風俗画などなんでも描いた北斎老人に後世の絵師は
どこまで挑み続けられるだろうか?
  
このあと、友人と落ち合ってアキバへ。
友人が予約してくれたVRゲームを体験させてもらった。
最初はアイマスやラブライブみたいなアニメアイドルのライブ体験。持ってるコントローラーが
サイリウムになって振ったりして応援するものだが、基本特等席(かぶりつき)での鑑賞。
おどったり歌ったり迫ってくるのだが驚いたのは振ってくる紙吹雪。おもわずてで掴めそうな錯覚で
ライブなのに上を見上げること何回もwひらひら舞う紙が手元へオチてきそうなまでに感じます。
2つ目にジェットコースター。スーパーマリオみたいにコース上に転がってるコインをゲットするものだが、
見てるだけなのに単なる錯覚なのに、強風を感じて思わず避けてしまったり
コースターが上下するたびにコシを浮かせてしまったりとまんまと幻想に取り込まれてしまいました。
思い出したのが1990年花の万博でみた立体映像体験。液晶シャッターメガネで、書割じゃない、
リアリティ最大の立体映像技術を展示していて、その時感じた「てにさわれそう」感覚が
今回の物に近かった。逆を言えば三菱が国内最大級のイベントに何十億という金をつぎ込んでようやく
実現できたものが、いまはPC+VRゴーグルで30~40万円で実現できているという技術の進化。
友人に言わせると「これより数段劣る」PS4VRでも可能性を期待してしまいます。
女の子の家庭教師なんかどうでもよかったが
レーシングやコクピットシューティングのいいのが出るならがぜん期待してしまうわーw
帰りにRaspberryPIと組み合わせてSCSIデバイスをエミュレートするRaSCSIと
ネタで雑貨店でハンドスピナーを購入。
ハンドスピナーはただくるくる回るだけのもので
もともとは発達障害者のリハビリ用だったそうだが、(障害といっても昔で言う「落ち着きのない子」レベル)
いまやなぜか大はやり。
実際、コレを猿みたいに回してると貧乏ゆすりとか手遊びとかペン回しとか
他のことをしてしまいがちなきっかけ、イライラ感がなぜか失せるのだw
俺の子供の時これがあれば貧乏ゆすりとかくせにならずにすんだのかもしれない。
Dscn2966 Dscn2968
これ、LEDが仕込んであって、押すと光ります。無駄な機能だなあw
Dscn2960 Dscn2961

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ