アニメ・コミック

2017年11月24日 (金)

171123…用件を聞こう

171123…用件を聞こう
天保山の大阪文化館はサブカル系の展覧会でかなり面白いのが多い。
THE ART OF GUNDAMもここでやってました。
今回はゴルゴ。あの怖い目つきのスナイパーです。
https://www.golgo-13.com/
葉巻をくわえ、決して笑わず、食後のタバコ感覚で女を買いw、
確実にターゲットを仕留める。
翌年、雑誌連載50年!を記念しての特別展だ。
Dscn3371
連載最初のシーンはいきなり女を買った後のネオンサインに浮かぶゴルゴ。
白ブリーフがセクシーだw
Dscn3370
ゴルゴ展では貴重な生原稿の展示、中でもクローズアップしてたのは
さいとう・たかを先生がシナリオを描き下ろした女性殺し屋とゴルゴのすれ違いな交流を描いた
「海へ向かうエバ」
劇中の参考資料としてさいとうプロの武器庫に補完されているモデルガンの展示も行われていました。
アーマライトM-16を始め劇中に使われるあらゆる拳銃の実物(モデルガンですが)が展示されております。
展示物とは別に触れる物もあり、ゴルゴばりの狙撃ポーズをスマホで撮影したり出来ます。
私もM-16を持ってみましたが、すごい重い。
Dscn3357 Dscn3358
Dscn3359
こっちはゴルゴの等身大フィギュアと記念撮影できます。さいとうプロの応接室のイメージだそうでw
Dscn3353
Dscn3355 Dscn3356
最後に全エピソードから人気投票をやってました。帝王の罠とか、日本人東研作とか
名エピソードいっぱい。どれにしようかな…
見終わった後のミュージアムショップもゴルゴ。弾痕がらしい、よねw
ポストカードを購入。白ブリーフがインパクトあるわーw
Dscn3369
カフェまでゴルゴw
スイス銀行に振り込まなくてもコーヒーが飲めますw
Dscn3360
Dscn3361 Dscn3362
思わず目つきも険しくなったりw
Dscn3372

2017年8月18日 (金)

170813_コミケ3日目。喜びのデス・ロード

170813_コミケ3日目。喜びのデス・ロード
コミケ3日目、東横インのまずい朝ごはんを食べた後、万全の体制でビッグサイトへ。
2019年からビッグサイトが使えなくなる可能性があるということで代替会場を探しているが、
幕張メッセも他の展示場も厳しい。下手すれば次回の冬コミがビッグサイト開催の
いったん最後になるかもしれない。
 
そういう厳しい状況でも3日目の盛り上がりは大変だった。
なにせ男性向け創作は3日目の華。
酸っぱい匂いのフレンズがたっくさーん参加してくれるからだいじょーぶ(ヤケクソ)
そんな私が購入した同人誌はこんな感じ。
「シマフレ」島本和彦先生のサークルウラシマモトの新刊。
けものフレンズだが、やっぱり熱いないようになっていた。
アライさんは話を盛りすぎる。ということがよくわかったw
Dscn2985 01
「桜戸町10秒戦争」
「だいらんど」で知る人ぞ知るがぁさんの一般向けSF。
爆発事件から10秒以内に町の全員を避難させるため、
時間遅延機をつかって奔走する弁当屋の看板娘とマッドサイエンティストのおはなし。
がぁさんは本来成人漫画、つまりエロ方面の人なのだが、たまに描く一般向けに
弱い人への優しい眼差しが垣間見えて好きだ。
「うちの猫ず日記」「デッドコピー」や「だいらんど」はマンガ図書館Zで無償で見られますのでぜひ。
Dscn2988
三峯徹同人誌生活10周年記念本~道の途中
あのエロ雑誌や少女雑誌の伝説のハガキ職人三峯徹先生の同人誌。イラスト中心。
よく彼の絵を下手くそだという人がいるが、そんなやつはルソーの絵に出てくるライオンにでも
食われてしまえと思う。
 
彼は21世紀のルソーだ。かれの価値は後の人が
評価してくれると信じているが、残念ながら私の生きている間には評価されそうもない。だから俺は買う。
Dscn2989
「人妻と怪獣と」成人漫画の人たちが肉感たっぷりな人妻を描く、がそこにMeetsするのは
洗濯屋のケンちゃんでもとなりの大学生でもホスト上がりのチャラ男でもなくメトロン星人や
ジャミラ、ギエロン星獣、ベムスター、ノーマンと円谷以外も揃ったバラエティ豊かな怪獣宇宙人たち。
特撮欲と性欲を同時に満たすノーパンしゃぶしゃぶのような作品ですw(一応一般作な、これ)
Dscn2990 Dscn2992
「らくがきちょう2017」「ミシューロク2」
「らくがきちょう2017」は長谷川裕一先生の新解釈で描いたサイボーグ009や
ザブングル、パシフィック・リムのイェーガー、怪物くんなどのラフなイラスト集。
怪物くんはクラシックなドラキュラ、フランケン、狼男を今風な解釈で
 フレディ、ジェイソン、ギーガーエイリアンにリファインw
ザブングルはSFロボット然としたデザインをより西部劇チックにアレンジ、009にいたっては
一部メンバーを女性化し制服をトレンチコート風にと想像力が羽ばたく羽ばたく
ミシューロク2はスパロボアンソロかなんかに載って、
権利関係でまず再度みられないだろうダンバインとゴッドマーズの外伝をお蔵出し。
Dscn2993 Dscn2994
「ぼくらを育てたシナリオとミステリーのすごい人4」
いままで数々のアニメ特撮で脚本を手がけ、推理作家、マンガ原作者としても知られた辻真先先生の
ロングインタビュー。
素敵なことにスペースに辻先生ご本人がおられ、緊張しながらサインをいただきました。
そりゃ我々の世代は辻真先脚本のアニメ特撮で育ったようなものです。
Dscn2995
「知らゲーZoukan」
いつもの知らゲーとちがってZ(増刊)と銘打った本号。
ゲームラボ最終号特集と銘打って同雑誌の裏事情を暴露というか、同じ人が編集者だったいう衝撃の事実w
海外ゲームのへんなタイトルなどどうりで内容と雰囲気が似てると思った。
ゲームラボはなくなったが、この同人誌は続くだろう。違いはピョコタンがいないくらいだw
Dscn2996 Dscn2997
「レトロPCが好きな人の毒舌な妹ともえのこれから始めるPC-88読本」 「ともえの妄想ライブラリー」
同人ソフトではなく、一般創作で見かけるとは思わなかった。レトロPCクラスタで知る人ぞ知る
毒舌な妹によるPC-8801の解説本と、妄想ライブラリーと銘打った「こんなレトロPCがあればいいのに」
なアイディア集。
Dscn2998 Dscn2999
「シェア1%未満のガジェット読本」
シェアは低いが、独特の使い勝手がその1%を魅了する、そういうガジェットたち。
本編ではコンデンサー型ヘッドホン、RPN電卓(HP電卓)、親指シフトキーボード、トラックボールについて
それらの魅力を紹介しています。RPN電卓はかのHP-200LXでも搭載されていたのですが、いまはより高性能な数式直入力という掟破りが
出ちゃってますから厳しいかなあ…
トラックボールはいまでも欲しいアイテムです。震災の頃、職場で導入を呼びかけたんですが見事に却下された思い出が
(マウスだと地震のとき”踊る”から危ないと主張したんだけどねえ)w
コンデンサー型ヘッドホンは存在を初めて知りました。
いままで安価なダイナミック型ヘッドホンしか使ったことがないので
今度オーディオショップでコンデンサー型ヘッドホンを試聴してみたいと考えるくらいには興味を引かれました。
Dscn3000 Dscn3001
「アニメ100年ハンドブック」
アニメ評論家氷川竜介先生による、1917年(大正8年)に始めてアニメらしきものが作られたところから戦中戦後をへて、手塚治虫の鉄腕アトム、
TVアニメ隆盛の時代、宇宙戦艦ヤマトや機動戦士ガンダムのブーム、ロボットアニメ全盛期、OVA、深夜アニメ、萌え、
アニメだけでなく、アニメ雑誌の創刊やビデオデッキ登場による視聴ライフスタイルの変化といったアニメ周辺の状況の変化も含め、
100年分のサブカル史のいち側面を一気に考察している読み応えのある内容です。
Dscn3002
「アレの月」
宮城銘菓「萩の月」名物にうまいものなしと言われる中で本当に美味しい名物として知られるが、
有名になれば当然、それっぽいものも出回る。全国各地にある「アレな月」の紹介だけでなく萩の月を100点満点とした
”月っぽさ評価”をレーダーチャートで紹介w
セブンイレブンのアレもあるよ~w
Dscn2956 Dscn2957
重さにめげそうになること幾度か。宅配で送りゃいいのにとあとで思ったが後の祭りw

2017年8月17日 (木)

170812_コミケ2日目&銀ブラ

170812_コミケ2日目&銀ブラ
いよいよ気合い入れていかんとなあw
てなわけでコミケ2日目参加してきました。友人のサークルに挨拶して、特撮のエリアへ。
現在めきめき活躍されている金子大輝さんのサークル「レトロランド」へ。
今回は東映まんがまつりでありそうななさそうなシチュエーションを映画パンフレット風に作った
「妄映まんがまつりパンフレット」 夢の対決や石森章太郎絵の幻魔大戦、
旧東映版サイボーグ009VS原作風デビルマンというマニア泣かせな一品。
この方、平成生まれながらツボを心得ている。すごくできる人だ。
商業では、写実的なイラストが多いだけにあえて漫画マンガしてるのも意外性があって素敵です。
Dscn2974
Dscn2976 Dscn2975
田中圭一先生の「フォースの無駄遣い」
いまやうつヌケでヒーリング漫画家と誤解されている田中圭一先生。
実はどぎついパロディのほうが多いw
過去手塚、本宮、宮崎駿とヤバイ箸を渡ってきたにも関わらず、さらに地雷原「ディ○ニー」に踏み込むという暴挙
しかもあの「スター○ォーズ」という超弩級地雷w
なんでか関西弁のジャバ寿司が結構好きw
Dscn2978
前川さなえ「ひとりりぼん」
育児マンガの前川さなえ先生はイタコまんがの達人だったw 一人で全盛期のりぼんを再現すべく
パロディーを巻き起こす。叶姉妹と一条さゆり先生との相性の良さよw
岡田あーみんのネタは本家がそのまんまなのでずるいっちゃずるいw
Dscn2979
両方共、とらやZINなどの同人誌ショップで買えます
こうの史代先生の大学時代漫研の先輩後輩が寄稿した「呉の世界の片隅に」 師匠である
とだ勝之先生を始め、多くの商業、同人作家がアニメ化された「この世界の片隅に」についての
感想や作者こうの史代先生の思い出を書き記しています。
Dscn2980 Dscn2981
すでに内外の作家が描かれたファンブック(こっちは商業誌)
と合わせて対になる同人誌です。
 
暗黒シン・ゴジラ
ゴジラは宇宙の真理でブラフマンでアートマンで暗黒神で馬頭星雲なんだよ!
な、なんだってー >ΩΩΩ
諸星大二郎「暗黒神話」風の絵柄でシン・ゴジラをネタにしたパロディ本。
Dscn2982 Dscn2983
さすがに体力が長続きしないため(それに本番は明日だw)早めにビッグサイトを撤収。
 
ちょっと有楽町へ寄り道。ここで開催されている「幻獣神話展IV」にいきました。
すでに4回目を迎える本展では、イラスト、版画、オブジェなどの様々な作品を楽しめます。
殆どはうりものなので買うことも出来ますが、数万円~百数十万円となかなかのお値段です。
図録を買うと会場にいらしゃる先生方のサインもいただけます。
Dscn2949
憧れの怪獣絵師開田裕治先生などそうそうたるメンバーのサインを頂けて感激。
さらに片目でみると遠近感がなくなることを利用したトリックアートで出品されていらっしゃったのは
なんと世界のSFXメーキャップアーチスト、スクリーミング・マッド・ジョージ先生。
先生から直接説明を受けてボタンを押すと女性の顔が醜く変形して化物になった、ように見える不思議w
図録では製作途中だったのですが、実物はさすが特殊メイクの天才。まるで人間の肉が露出したような
リアルな肌色+ピンク色に塗装されていました。
8月19日まで、有楽町の東京交通会館で実施されてます。
さらにtwitterで知って、銀座三越まで足を伸ばしました。
久々の銀座。向かいにある銀座和光のセイコー時計台が正時を告げてました。
Dscn2925 Dscn2924
今年、パックマン37周年を記念して、記念ショップが開設されています。
様々なグッズ販売や、パックマンカフェ、展示コーナーでは
貴重な資料やパックマンシリーズのゲーム筐体もおいてあり、無料でゲームが出来ます。
パックマンだけでなく、パックランドや海外からの逆輸入Msパックマンなども遊べます。
Dscn2910_2 Dscn2912
Dscn2919 Dscn2916
これはパックマンのキャラオブジェ。
Dscn2922 Dscn2921
グッズはTシャツや文具みたいなリーズナブルなものから受注生産のアナログ時計(270万円超!)
まで。私はネタ目当てでこれを。
パックマンはいい、コーヒーも好きだ。けどくっつけたら…あかんやつになります。
Dscn2984

2017年8月16日 (水)

170806 ウルトラセブンと携帯端末リニューアル

170806 ウルトラセブンと携帯端末リニューアル
なんば高島屋で実施されていたウルトラセブン50周年イベント「モロボシダンの名を借りて」
ものとしては前回京都で見たものと同じだったが、日曜日だったため、セブンが来場してくれていて
子どもたち大喜び。パパやママも大喜びw
一緒に写真をとって一生の思い出をつくってました。この内何人かは、特撮やアニメの世界に飛び込むんだろうなと思いつつw
Dscn2830 Dscn2831
Dscn2832
前回も圧巻だったメトロン星人ジオラマもありました。今回はアオリで撮影。
巨大なものはやっぱアオリが映えますねw
Dscn2834 Dscn2838
帰りに電気街に寄り道。
中古ゲーム屋さんで、スーパーファミコンの対戦格闘ゲーム 「ウルトラセブン」を購入w
テンションあがってたんでw
Dscn2839
さらにジョーシンへ。
今使ってるのはipodtouch5世代目2012年モデルですが、5年も使ってると度重なる
OSバージョンアップのお陰でもっさり遅いしメモリは足りないしで、アプリもオチまくる。
ついでにバッテリーもへたって持たないという三重苦。
バッテリー交換もこの機種は極めて至難の業らしく、交換は難しい。そもそもアップルは修理しない
(新品交換)方針みたいです。
もたもた遅い携帯端末にイライラしていると
なんと、ipodtouch6thが値下げされていた。本体21800円(32GBモデル)。
32GBで定価ベース約4000円の値下げ。2015年モデルながら64ビットクアッドA8プロセッサで、
メモリも1GB。IOS10を動かすには十分だ。
この値下げは多分、新モデル発表かさもなくば打ち止めかの二択だろうなあと思い、
それなら安くなった直後のいまが買い時じゃないか、いまのを使い続ける義理もないと思い、
すぐさま購入。これに保護フィルムをセット割引で追加して、税込25000円くらいで購入。
本当はシリコンケースが欲しかったがジョーシンに在庫無く、後に淀で購入。こっちは1380円でした。
Dscn2850_2 Dscn2849_2
帰ってitunesへ別名(デフォルト)で新規登録、その後バックアップを書き戻して完了
(itunesの仕様で一度別名の新機種として登録しないと、バックアップからのリストアが出来ない。
リストアの際、名前はバックアップのものに上書きされる)
いままで買ったアプリもそのまま登録されたのでロストしないですんだ。
ツイッターやAmazonもほぼアカウント設定がそのまま引き継がれるので違和感なく使える。
さらに
・バッテリーの持ち:5thの初期状態よりは悪いが、それでもネット接続状態で6~7時間は持ちます
・速さ:64ビット最適化されたアプリは顕著だが互換性に難あり。「群馬県から来た少女」など一部ゲームアプリで動作しない物がある
・メモリ倍増による安定性:それでもときどきtwitterは挙動不審になる
という感じ。
見た目は写真では変わらないように見えるが、実際は同じブルーでもだいぶ違う。
旧5thは水色といった感じだが。新6thはちょい青が濃くなっている。
それと5thにはついていたストラップホールがなくなってるため、ヒモを繋げなくなってしまった。
ココは残念。コスト下げるためにだろうか? ついでにリアカメラもやっと800万画素とiphone5並、まともなデジカメレベルに鳴ったので
写真もSNSに載せやすくなった。
また一応フルHD動画も撮影可能なようだが、まだ試していない。
背面の比較。左下のストラップを引っ掛けるギミックがなくなってるのが残念。
大きさは全く同じなのでケースは流用できます。写真では分からないが色は6thがかなり濃い目の青です。5thは水色に近い。
Dscn2854
   
後日、同じくもっさりを飛び越えて、レスポンスが3分後に帰ってくる超激遅端末と化したNexus7(2012)
の後継機をさがしてヨドバシでファーウェイメディアパッドを購入。
Dscn2840_3 Dscn2846
8インチで薄クて軽いのに電池が10時間持つ。さらに、CPUが64ビット仕様のオクタコアで
液晶解像度が1920*1200というフルHD仕様(nexus7 2012は1280*800)
ゲームには速度の面で難ありだそうだが、kindleなど電子書籍とtwitterメインなので悪くないスペック。
しかも価格が17980円(淀価格)とかなりやすい(通販ならもっと安いところがある)
気になっていたのは旧Nexus7からのアプリ移行。itunesみたいに母艦でバックアップを取ってるわkでもないし、
バックアップソフトでコピーを撮っているわけでもない。
どうやればいいんだろう?
    
結論から言うと、
1)新端末でgoogleアカウントを登録
2)アカウントに紐ついた情報を引き、googleからアプリ情報(記憶パスワードなど)をダウンロード
3)旧端末を持っていれば、旧端末←→新端末間で接続し、登録アプリの移し替えを行う。
端末同士を無線で繋いでコピーというのはおそれいった。
いまのAndroidスマホなら常識だったんだろうが、
もってない私としては驚かざるを得ない。
Dscn2851 Dscn2853
ちなみに端末同士を無線で繋いでコピーする機能はAndroid4.2以降で実装されたらしいが、
てんで気づかなかったw
画面の大きさ比較。NEXUS7は7インチ、MediapadT8は8インチ。一回り大きい。
解像度はMediapadが圧倒的に高いが、意外と電子書籍を見る分にはNexus7でも違和感はない。
Dscn2859 Dscn2863
色合いはNexusのほうが好みだ。でも超絶おそいのでもういいw
考えたら、今日まで5年前の端末で遅さに不満言いながらやってたわけだ。何やってたんだろ、俺…

2017年5月13日 (土)

170506コミティア120

170506コミティア120
昨年、そうさく畑がFINALとなり、唯一の一次創作専門イベントになってしまったコミティアの
東京本家が120回めを迎えた。
100回目の盛り上がりも相当なものだったが、120回というのも節目。イベント企業主催でも
長期間満足にできないところも多い中、3桁もの開催は本家コミケットですら未到達(次回で92)
なところだ。
今回は幸か不幸か他のイベントがビッグサイトで同時開催される関連で会場が制限されたなかでの開催だが
それでも、全部のサークルを見て回るのにゆうに3時間半はかかる。
TVドラマ「重版出来」でもやっていたが、こちらでは出張編集部があり、
漫画家志望の卵たちが編集部の率直な評価を聞こうと原稿をかかえてどきわくしながら待っていた。
講談社や小学館、集英社というような超メジャー出版社から秋田書店、白泉社、少年画報社、
竹書房、白泉社といった老舗、一迅社やサイコミ、COMICOやPIXIVなどWEB漫画サイトのような新興編集部まで
20以上の編集部が原稿を受け付けていた。まんが道の間口も広くなったなあ。
今回買ったのはこちら。札幌の六畳一間こと根本尚先生の怪奇探偵シリーズは毎回楽しみにしているシリーズ。
江戸川乱歩調のテイストで昭和の怪奇事件のようななぞとき譚を複雑なトリックをわかりやすく読ませてくれる。
逆にエッセイ漫画はフニャけた肩の力がヌケた内容でこれまた札幌のローカルあるあるネタ。
逆に北海道以外の人には新鮮だ。
Dscn2614 Dscn2613
沼田友監督によるCGアニメ「旅街レイトショー」DVDなんでもTOKYOMXで放送されたそうです。
こういう作品もコミティアではあります。
Dscn2616
安倍吉俊先生の「沼」シリーズ第2弾。すごい面白いけどシグマのイメージダウンにならないか心配w
Dscn2620
Dscn2621 Dscn2623
そしてコミティア初参加、あのベテランが!残念ながらいしい先生は
お見えでないらしいが、ひょっとするとこっそりきていてこっちを見ているかもしれない。
なんせ、チャンネルゼロの人とご家族以外は姿を見た人いない
漫画界のツチノコ、もといドクターイエローなんだからw
Dscn2624
単行本未収録作品集を出されていました。さすが未収録だけあってヤバイネタが多いです
「笑和史」は張作霖爆殺や満州事変をパロってるかなりシャレないならない作品。これはヤバイわw
Dscn2625
とりみき先生始め一部の人に絶大な人気を博している吉川ロカちゃんも一部収録。
いしいひさいちが日常萌え四コマをやっていたのが新鮮w
Dscn2626
かえる好きとしてはこれを読まずにはいられない。
学研の秘密のひみつ
Dscn2617
Dscn2619 Dscn2618
他にも、面白いものをいろいろ見つけて買いました。重いわ…w

2017年5月 9日 (火)

170504資料性博覧会10 

170504資料性博覧会10 
中野まんだらけが主催のイベント「資料性博覧会」に参加した。
https://mandarake.co.jp/information/event/siryosei_expo/
ここは資料系同人誌やフィギュア(おもにソフビ)の即売会で、
今回はまんだらけのイベント大まん祭の一環として実施された。
そのため、会場も中野サンプラザである。
Dscn2491
大まん祭の企画として「益子かつみ」先生の原画展示が行われている。
かの快獣ブースカのキャラデザインとコミカライズを行った漫画家です。
Img_2523 Img_2526


コミケットほど幅広いジャンルというわけではないが、サークルは皆一家言ありそうな癖の強いところだ。
昔の貸本漫画の復刻を行ってる所、TV番組の検証本を作っている所、TV雑誌のグラビアページを
紹介している所など、内容の濃さではマンガ系、小説系に引けは取らない。
今回買ったのは以下のとおり。
ラクメキアそーさいさんの児童誌グラビア本は相変わらずの高クオリティ。
Dscn2557 Dscn2556
Dscn2563 Dscn2561
Dscn2560
Dscn2564Dscn2565
場所が中野サンプラザということで、すぐ近くに中野ブロードウェイがあります。殆どがまんだらけなんですがw
同人ショップやおもにおもちゃのBOXショップがあります。
今年僧形50年ということで築城50年なるキャンペーンをやってました。そうか、城なんだw
Img_2539 Img_2530
Img_2536
地下には子供も楽しみなジャンクフードショップ、デイリーチコがあります
このデイリーチコ、最小サイズでも3種類のフレーバー(味)を選んだソフトクリームが名物で、
私は上からイチゴ、夕張メロン、ぶどうとわざとハデな毒々しい色を選んでみましたw
遊園地のソフトクームみたいな味がして美味しいですw
Img_2531 Img_2534
帰る前に中野駅前、おやきのれふ亭でおやき(関東で言う今川焼き、関西では回転焼き)を買いました。
ここは季節の味や定番以外にも色んな味があります。黒、白、カスタード、チョコ、ベーコンチーズなど。
ここのイチオシはちょっと高いけどズバリ「あんチーズ」あんこにクリームチーズが入っていて、
この味の組み合わせはすごい。甘い、酸っぱい、濃厚と、この味は癖になります。
Dscn2493 Img_2540
Img_2542 Img_2544

2017年5月 1日 (月)

170430はるかな星がふるさとだ

170430はるかな星がふるさとだ
河原町の高島屋でウルトラセブン展 モロボシダンの名をかりて | 放送開始50年記念
が開催されている。
Dscn2467 Dscn2468
イラストレーター金子大樹氏の美麗なキービジュアルが目を見張るのだが、
内容は極めてファミリー志向な展示になっています。
地球防衛軍基地のジオラマやメカ展示(残念ながら撮影用プロップではなく、展示用に新造してます)
出てきた侵略宇宙人たちの展示(これも撮影で使われたものではなくイベント展示用のものです)
マニアが当時の貴重な資料を拝むというよりは、
子どもとお父さんが見ながら「あの宇宙人知ってるか?あれなあ、子供の頃怖かったなあ」とか
会話するきっかけになるようなものになってます。
とはいえ、途中で出てきたメトロン星人vsウルトラセブンを再現したジオラマの、
特に工場と川には目を奪われた。公害で薄汚れた川や、景観を台無しにしている廃液パイプなど含めて
「昭和四〇年代をまざまざと感じさせる造形」には見事だと思った。それらが夕焼けで
赤と黒のコントラストが強いライティングに晒され何とも言えない郷愁を漂わせている。
Dscn2473

Dscn2476 Dscn2477
Ultra7
物販では子供が目を輝かせて欲しがる怪獣ソフビや本が販売されていて、
私もキービジュアルのクリアファイルと図録を購入。
前者はメインのものと、もう一つのキービジュアルを印刷した2枚組の素晴らしいものになっている。
写真はもう一つのキービジュアル。
Ultra72
今回はもう一つ京都大丸でのゲゲゲの人生展にもはしごする。
Gegege1
なかなか京都に行く機会が少ないので、見られる機会は逃したくないのだわw
こちらは、先年亡くなられた水木しげる先生の生い立ちとそれらにまつわる資料
(戦地からの手紙や貧乏時代の家計簿)、
代表作「ゲゲゲの鬼太郎」「カッパの三平」「悪魔くん」の貴重な原画や図版、
紙芝居のボツ原稿が展示されています。
残念ながら紙芝居の完全な現物はいまだ見つかっていないそう。以前、「なんでも鑑定団」で
京極夏彦先生が募集してたくらいw
大正11年に生まれ、徴兵されて従軍し、負傷して九死に一生を得た経験から、やりたいことやらないと
後悔するとばかりに好きな絵の仕事で食っていこうとするも
異常なまでの貧乏生活。あまりに貧乏で悪魔に魂でも売ってしまうぐらいでないと強大な力は
得られないと考えたキャラが「悪魔くん」ついで貸本で描いた墓場鬼太郎がヒットし
少年誌で「ゲゲゲの鬼太郎」として大人気。TVアニメ化され一気に妖怪ブームが巻き起こる。
金は困らなくなったが妖怪「いそがし」に取り憑かれるというもう一つの不幸に見舞われるw
ねずみ男のセリフ「怒るな。怒ると腹がへるぞ」はけだし名言だと思うが、いまでも
腹が立って腹が減って困ることが止められず自己嫌悪することが多々ある。
そんなときは自分の生き方をスローにギアチェンジして「なまけものになりなさい」と。
怠け者になるのもなかなか大変だwww

170429四天王寺春の古書祭り

170429四天王寺春の古書祭り
日本最古の寺として知られる四天王寺。
この四天王寺で春と秋、年2回大阪じゅうの古本屋がテントを出して青空古書市を開催しています。
Dscn2432
Dscn2427 Dscn2446
四天王寺は天王寺からあるいても1~2kmほどですが、谷町線の四天王寺前夕陽ケ丘駅からだとすぐです。
さすが聖徳太子ゆかりの寺。飛び出し小僧も太子ですw太子は飛び出さないけどねw
Dscn2430
こんなところにまで幸福の科学が。「仏教の元祖」の前で大胆というかなんというかw
Dscn2431
四天王寺名物亀の池。まさに晴天で甲羅干ししてますw
Dscn2437 Dscn2438
Dscn2445 Dscn2439
Dscn2434
古書市会場です。
Dscn2440 Dscn2443
たくさんのテントがあり、晴天に似つかわしくないカビ臭い匂いがwそれもまたよし。
参加者は殆どが年配のかた。いわゆる古書マニアの方々です。鵜の目鷹の目でお宝本を狙っています。
ひょっとすると古書店主やヤフオクでのせどりを狙って
若い人が来てるかと思ったがとくにそんなことはなかったようですw
古書市に行く場合大事なのは日程。できれば初日に行くほうがいい。早いうちほど、掘り出し物が眠っている確率が高いです。
日が経つうちにどんどん掘り出し物は買われていき、最終日には出がらししか残りません。
また、この四天王寺古書市の特徴として、本以外の紙モノがなかなかいいということ。
紙ものとは、絵葉書やチケットの半券、記念きっぷや雑誌付録のカードなどです。
この古書市では本やビデオだけでなくこういうものも多数出品されるので分かる人には宝の山です。
今回は、永谷園の検証カードセットを見つけました。今でも東海道五十三次がありますが、昔は
歌麿、北斎、写楽、竹久夢二、ゴッホ、印象派なんかもありました。
そのうち広重、歌麿、北斎、写楽、竹久夢二を見つけてげっと。
Dscn2455
他には山手線開業60年記念に昭和60年に発行した記念きっぷ帳。
なんと山手線全部の駅の入場券(昭和60年11月1日日付)が収められているものです。
Dscn2456 Dscn2458
他には名作ダーククリスタルの映画パンフ、
Dscn2453_3
朝日ソノラマの宇宙船文庫「仮面ライダー」
Dscn2454
これ、何がすごいってプロデューサー平山亨氏による
13.5話とも言える小説が乗っているのです。一文字隼人と本郷猛トノ出会い、改造された一文字の決意、
緑川ルリ子とのヨーロッパ行と彼女との別れ。あらすじ程度の分量だが、これをきちんと映像化できれば
一号と二号の間のミッシングリンクをつなぐエピソードになるのになあ、と。
Dscn2462 Rider1
帰りに、四天王寺前の釣鐘まんじゅう本舗へ。
カステラにこし餡が入っている人形焼やもみじ饅頭と同じカテゴリのお菓子です。
http://www.tsuriganeyahonpo.co.jp/
Img_2489Turigane

2017年4月 6日 (木)

170402コスモゾーンはどったんばったんおおさわぎ

170402コスモゾーンはどったんばったんおおさわぎ
阪急百貨店で開催中「手塚治虫の美男美女画選」にいってきました。
http://tezukaosamu.net/jp/news/i_418.html
Dscn2069
手塚マンガのキャラクターをそれぞれの視点からキャラを重視して原画展示しています。
ランプやハムエッグのような小悪党から確実に「悪」なロック、バンパイヤやブラックジャック、七色いんこのような偽悪キャラや
存在自体に凶器を孕んだ奇子、もちろんサファイヤやメルモ、やけっぱちのマリアのような美少女もいますw
さらに、手塚治虫キャラを自分のイメージで昇華させたトリビュートイラストも展示。
いとうのいぢの奇子(似合いすぎだえw)、美樹本晴彦のニョーカ(昔とった杵柄?)、
吉崎観音の火の鳥フレンズなどw
Hinotori
また、PIXYVのイベントでユーザーからの手塚トリビュートイラストを募集、優秀作の展示も行われておりました。
平成生まれの若い人たちにも、手塚作品は過去のものではなく、新しい世代にもいろいろ残していってくれてます。
物販では、amazonなど一部ルートでしか販売しない「吉成曜画集 ラクガキ編[手塚治虫キャラクター](BD付き) 」を
会場限定で販売しておりました。
amazonでは4/20予定で予約販売されていますがここでは先行して買えます。
Dscn2073

2017年3月29日 (水)

170326 90年代スタイルSFと恐怖の人食い猫

170326 90年代スタイルSFと恐怖の人食い猫
神戸元町に久々に行きました。モトコー2のギャラリーでSFイラストレーター、
夢野れい先生の原画展が目当てです。
三宮駅前。神戸とわかさ生活は女子野球を盛り上げようとしてますね。
Dscn1938
モトコーの入り口。
Dscn1944 Dscn1945
ひたすら回廊が続く中にギャラリーがあります
Dscn1979 Dscn1980
Dscn1970 Dscn1971
プロフィールによると、クリエイター集団のアートミックに所属後、漫画家、イラストレーターとして
主にSF作品を多数発表、神戸の先生として学生の指導に力を入れておられるとのことです。
壁一面に1980年代から2017年現在までのイラストを時系列関係なく貼り付けてます。
90年代の作品はSF的なものを全面に押し出してる、
悪くいうと硬質な感じ(士郎正宗先生が代表的なイメージ)なんですが、
最近の作品はデッサンをしっかりしながらも、表現に硬さがとれていい塩梅になってるなあと思います。
Dscn1948 Dscn1949
Dscn1964
昔Macのあるあるネタ。確かに機嫌損ねるとやばかったなあwむしろWIN95のほうが素直だった記憶があるw
Dscn1955
ゲーム雑誌でのシルフィード自機イラスト。カッコいいです
Dscn1963 Dscn1959
この頃、考えてたサイバー的な家庭用ロボットの形は今ではありえなくなっているのが悲しいです。
だって、今の家庭用ロボットはマニピュレーターも顔もついていない「ルンバ」ですからね。
元町にへんな看板の古書店。
Dscn1982
うっかり入ってしまうとマニアな空間に頭がくらくらする。
おもわず買ってしまったのが関西の猟奇王、川崎ゆきお先生の
「恐怖!人喰い猫」
Dscn1983
立風書房レモンコミックス(その時の表記は「恐怖!人食い猫」微妙に違うタイトルはamazon泣かせw)
の再販で、いわゆるあからさまにおかしくて残虐な
貸本系ホラーかと思いきや、
シュールで不条理かつ残酷な夢の世界に迷い込んで逃げられなくなる、むしろつげ義春の「ねじ式」的世界。
わざとパースやデッサンを狂わせたと思しき比率の変な絵が生理的違和感を誘発する。
Dscn1984 Dscn1985
Dscn1987
しかし、主人公の名前、1988年という時代を考えても安易じゃないか?南野もも子って…
南野陽子+菊池桃子?w
ちなみにamazonなど古本ではかなりのプレミアついてますが、作者自ら電子書籍で販売されています。こっちは500円。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ