« 181125PART2-上野発江戸行きタイムワープの旅 | トップページ | 181209 スーパーロボット100万馬力 »

2018年12月 1日 (土)

181125PART3-上野発江戸行きタイムワープの旅

181125PART3-上野発江戸行きタイムワープの旅
今度は江戸にタイムワープ!
Img_3359Img_3360
いきなりなんだこの猫茶屋というのは?!江戸時代の猫カフェに来てしまったのか?!
実は、猫カフェが提供する出張店舗です。なかはまんま猫カフェですw

癒やしてくれる猫たちは保護猫、つまり捨てられたりした猫たちです。
良い里親が見つかれば引き取られるそうなのでお目当ての猫がいないからと行って嘆かないようにw
https://edonekochaya.com/

最後は江戸東京博物館。昨年半年休館してリニューアルオープンされました。
Img_3499
日本橋の再現です。
Img_3361Img_3363Img_3378
名刀白川臣正繁。美しい刀身です。
Img_3370Img_3373
体験できるかごです。子供が入って遊んでました。
Img_3375
体験できる纏(まとい)子供にはちょっと重たいかも?
Img_3380
江戸の出版に関する展示です。
浮世絵の版木や当時の出版状況、絵草紙屋や貸本屋の実態です
Img_3381Img_3382
Img_3383
Img_3384Img_3385
Img_3388Img_3387
Img_3389Img_3390
二八蕎麦の屋台。肩で抱えて売り歩いていたようです。落語「時そば」の蕎麦屋もこんなかんじだったことでしょう。
Img_3391Img_3394
Img_3396
Img_3397Img_3398
満杯の千両箱の模型。重さは実際に近づけてます。約11kg!激重ですw
Img_3400Img_3401
江戸歌舞伎の「助六」展示で知ったのですがこれって曽我兄弟仇討ち
(鎌倉時代の復讐譚。日本三大仇討の一つ)の変形だったんだと驚きました。
Img_3414Img_3416
今回、常設企画展「玉」ということで古代の勾玉やそれをアクセサリーとして
身につけた埴輪(首のところにネックレスがある)などが展示されています。
Img_3422Img_3420Img_3424
Img_3425
Img_3427Img_3429
復元された冠です。
Img_3431Img_3435
近代から昭和へ。
昭和の平屋も展示されてました。磯野家だw
Img_3441
ダットサントラックです。
Img_3442
戦後の闇市でうられていた日用品。
基本粗悪品をぼったくり価格で売っていたものですが、物資不足の折飛ぶように売れたそうです。
Img_3464Img_3461Img_3463
Img_3462Img_3465
昭和20年代の街頭テレビの復元です。
Img_3448
昭和の団地です。こんなの、私らにとってはただの現実なんですが、
これも平成っ子には過去の歴史、なんでしょうかね???
Img_3482Img_3484
Img_3483Img_3443
昭和~平成風俗の変遷です。インベーダーやゲームウォッチ、ファミコン、Imacまで。
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーパート2」で
クラシックコンピューターと銘打ってMacが売られてたのを思い出します。
現実が映画をこえちまったよw
Img_3451Img_3491Img_3453
Img_3454Img_3455_4
Img_3456Img_3457Img_3458
Img_3459Img_3460
やっと平成30年までもどってきてしまいました。
1日でしたが江戸~明治~昭和~の400年間をタイムワープして楽しんだ感がはんぱなかったです。
こういう秋もいいもんです。w

« 181125PART2-上野発江戸行きタイムワープの旅 | トップページ | 181209 スーパーロボット100万馬力 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

サブカルチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 181125PART3-上野発江戸行きタイムワープの旅:

« 181125PART2-上野発江戸行きタイムワープの旅 | トップページ | 181209 スーパーロボット100万馬力 »

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ