« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月15日 (水)

180813神田明神のハイスコアガール

180813神田明神のハイスコアガール
今日は友人との約束でアキバめぐりを計画。
宿が田原町だったので思ったより早く着いてしまった。
早く着いてしまったので神田明神へ。
神田明神では納涼祭が12日で終わってしまっているのだが、
同時開催のシュタインズ・ゲートの関連展示は31日まで行われているとのこと。
300円の奉納を納めて、資料館へ。
資料館は2階、3階とあるのだが、関連展示は2階のみ。
しかもオープンスペース兼休憩所の1Fフォトスペースと、2F展示スペースは撮影が可能です
Img_0889 Img_0891 Img_0892
ただし3階の常設展示は写真撮影不可です。
2階の展示内容はパネル展示と作品内の事物の展示、その解説になってます。
それに加えて貴重な秋葉原の過去の記録の展示、神田祭(日本3大祭の一つです)のジオラマも展示されています。
神田祭のときは秋葉原の中央通りが豪華な神輿の通り道になり、三社祭に匹敵する賑わいを見せます。
Img_0895 Img_0900 Img_0897
Img_0901 Img_0898
Img_0906 Img_0911 Img_0912
Img_0915 Img_0925
Img_0927 Img_0909
Img_0945 Img_0942 Img_0947 Img_0944
Img_0955 Img_0954
Img_0956 Img_0957
Img_0941 Img_0940
Img_0933 Img_0936
まだ時間がある。
秋葉原アトレにいくとアニメ「ハイスコアガール」のコラボでショップが出店していました。
限定グッズの販売や、
協賛店とのキャンペーンで、記念撮影ボードや500円以上の買い物でSDキャラカードのプレゼント、
近所のゲーセン巡りによるスタンプラリーを実施していました。
Hsg2
スタンプラリーでゲーセン巡りをすると、記念品のポストカードがもらえます。
Img_1041 Hsg1
ここでやっと待ち合わせの時間になり、友人と会いました。
やはりちょっとレトロよりになります。
時々ゲリラ豪雨が降る中、BEEPショップや駿河屋で買い物したり、淀で最新モバイルPCをみたりしました。
実に中身が濃い充実したアキバめぐりでした。

180812コミケット94-3日目

180812コミケット94-3日目
雨が降る可能性もあり、不安な気持ちで訪れたビッグサイト。
3日目は男性向け、すなわちエロがおおいため当然参加者の男性比率は高くなる。
それだけでなく、恐らく3日間で一番人出が多いため、厳しい参加になる。
それはいきなりの試練。炎天下の中入場制限の長い行列にならぶ。汗は滝のようにながれ、目がふさがりそうになった。
曇り空だったが時々日が指すと強烈に体力を奪われる。倒れた人は3日目も相当なもんではないのか?とくに待機列の1時間以上はダメージでかかった
地面のタイルの目地がノイズのようにブルブル震えて見えた。やばいやばいと思いながら入場。しばらく休んでから、今回は西→東というコースを移動した。
欲しい本が先に西で確保しないと間に合わないと思ったからだw
・ウラシマモト新刊三冊
 ゲゲゲの鬼太郎6期のお姉さん化した猫娘の本
 日記漫画、炎の転校生のネット配信ビデオ化した話
 アオイホノオとメーテルがごっちゃになってる本w
Img_0838 Img_0839 Img_0840
Img_0837
Img_0836
 
・桜戸町10秒戦争 第5巻
がぁさんのオリジナルSF。時間遅延装置を偶然同時に開発してしまった二人の科学者。
ひとりはテロに使い、もうひとりは人命を救うために使う。
そしてついに邂逅した天才科学者。しかしテロリストは罠を張っていた。
ついにクライマックス、絶体絶命!そしてテロを起こす側が考える彼の正義とは?
小道具の檸檬が意味するものとは?
Img_0828_2 Img_0829
・メガネのねvol,5
小野寺浩二先生によるメガネフェチ本第5弾!
メガネフェチだけでネタをこれだけつくれるとはw
Img_0830 Img_0832 Img_0833
Img_0834
・新世代ゴジラ伝説
ゴジラ対ビオランテで怪獣ビオランテのデザインを手がけた大のゴジラフリーク西川伸司先生による
アニメ版ゴジラ(アニゴジ)論。
Img_0842
・崎陽軒シウマイ弁当食べ方図説3
以前、めしけっとで読んだ既刊の最新刊。インタビューだけでなく、続刊だからこそ可能なアンケート結果も収録。
杏を食べるタイミング、やっぱり最後が多かった。おれもだw
Img_0843 Img_0844
・呉の世界の片隅に2
映画「この世界の片隅に」と、作者こうの史代先生の大学の先輩後輩によるもう一つのファンブック。
Img_0845
・三峯様式
エロの天才、三峯徹先生によるエロ妄想本。コミケの魅力「自由」を最も表した先生自身の良さがにじみ出ています。
本人はすごくいい人なんだよなあ。
Img_0846 Img_0848
・名作ハウスの女子会
田中圭一先生による禁断の書。
小公女セーラの年季の入った腐女子っぷりとカトリ亜美の声優ネタに感涙…
Img_0849 Img_0850
・戦車道はじめました改
プラモのモ子ちゃんでおなじみ藤田幸久先生の同人誌。
ガルパン絵のポストカードも。
Img_0851 Img_0853
Img_1044
・ミシューロクS、ミシューロクV
長谷川裕一先生の単行本未収録作品集。すごい厚さとボリュームに驚く。
全集作ったらどれだけ未収録が発掘されるんやろか…???
Img_0854 Img_0855
・少年未来
小松崎茂先生や、石原豪人先生らが描いた未来。レトロフューチャー的世界を
描いた作品。少年といいながら主人公は女の子w
Img_0856 Img_0858
・できるアニメのエンコ&管理
パソコンで地デジを録画してる人へのTSのエンコード環境と、うまい録画データの管理方法の研究所。
参考になります。
Img_0859 Img_0860 Img_0861
・ビキニアーマーグラフィクス
ファンタジーでいつからかでてきたビキニアーマー。防御があってないような矛盾した防具の魅力について語った本w
様々な実写アニメキャラのビキニアーマーをイラスト化してます。まさかの桜姫まで!
Img_0884 Img_0885
Img_0886 Img_0888

180811コミケット94ー2日目と中野ブロードウェイ

180811コミケット94ー2日目と中野ブロードウェイ
コミケット94、2日目に一般参加してきました。
2日目は漫画、アニメファン向け二次創作、SF特撮関連などです。友人もコミック「王様のバイキング」関連で出品していました。
とにかく連日の猛暑で熱中症対策をしつこくアピールしてましたがそれでも、1日目は180人近い熱中症患者が出たそうです。
時々日が陰るのですが、地面から立ち上る熱気と照りつける日光が容赦なく体力を奪う。やはり、飲み物と日を遮るものは必要です。
帽子もしくはバイザーかせめて白い布を頭にかぶせるだけでもだいぶましです。
駅でもらった紙うちわが文字通り”神うちわ”となってくれましたw
今回の戦利品は、この通り
・ボプテピピック
文字通りボトムズ+ポプテピという混ぜるな危険パロ。
実際ポプテピに郷田ほづみさんと銀河万丈さんでてたしなあ…
Img_0807 Img_0808
Img_0810
・肩地獄車3、4
藤井おでこ先生のガルパンパロ。
なぜこんなに肩車に固執するのか?
普段はエキセントリックなキャラのアンチョビがここではむしろ常識人という異常性www
Img_0811 Img_0812 Img_0813
Img_0815 Img_0816 Img_0817
・ペケモトイズミのホン
混ぜるな危険シリーズw
よりによってふわかわいい竹本泉と毒まみれのポプテピはあかんすぎる。
Img_0862 Img_0863
・贋作まんが1
北村ヂン先生によるパロディ「贋作」シリーズ第一弾。
メインは藤子F似の「ドリえムん」だが、ねほりんぱほりんネタは商業では非常にやりづらいネタw
商業ベースでやったのは赤塚先生くらいじゃないかなあ。
某教祖を整形したらバカボンになって生き神様にというw
旧知の景●民夫がハマったんで目を覚ませという意味だったようだが…
Img_0864 Img_0865
・贋作まんが2
Img_0866 Img_0867 Img_0868
・贋作まんが3
Img_0869
・ラクメキアさんのTV雑誌本
テレビランドやてれびくん、テレビマガジンで展開されていたとんでもグラビアの紹介本。
今回はZガンダム。ニュータイプ創刊間もないアニメ雑誌全盛期でもまだこういうのがやってたことに驚く。
この辺の雑誌(1985年以降)も古くなり価値が出てきたせいか、
オークションでも安く手に入れづらくなってきたそうです。
Img_0871 Img_0872 Img_0873
・ウメラクガキ
ウメグラフィクスさんのイラスト本。ラクガキといいながらかなりのクオリティ。
おもにpixivやTwitterで紹介したもののようです。
Img_0874 Img_0875
Img_0876 Img_0877
・ウメグラフィクスズ、ザブングル
戦闘メカ・ザブングルの世界をウメグラフィクスさんのイラストで展開したもので、
パロディあり、正統派ありとまるで21世紀版ザブングル・グラフィティみたい。
艦これ風エルチw
Img_0878 Img_0879
流石に長居はできず、事前チェックしたぶんと友人サークルの陣中見舞いだけで精一杯でした。
撤収してから、総武線で中野まで。久々に中野ブロードウェイに。
墓場の画廊ではSIREN展をやってましたが、サイン会を行ってたのか整理券で入場という事態でしたので断念。
HidariZingaroではくらやえみ氏による透明感あふれる美少女イラストの個展が行われてました。撮影可です。
原画販売もしてるようでもう半数近く買い手がついてました。
http://hidari-zingaro.jp/
http://hidari-zingaro.jp/2018/07/emikuraya_jp/
Img_0792 Img_0766
Img_0767 Img_0768
Img_0769 Img_0772
Img_0780 Img_0781
Img_0782 Img_0786
pixivZingaroはもうへいさしちゃったらしい。残念。
http://pixiv-zingaro.jp/blog/14580
帰りにアキバに寄り道。
せまいビルから覗くように見える夕焼けがすごくきれいで、
おもわずカメラを向けてしまった。
新しいコンデジはマニュアル撮影が可能なので露出、絞りを微妙に調節して夕闇迫る
夕暮れの赤のグラデーションによるトワイライト感を出せるようになりました。美しい。
Img_0798 Img_0806

Img_0803 Img_0801

2018年8月14日 (火)

180803コーブラーふふふふーん

180803コーブラーふふふふーん
少ない休みを有効に使うため、今日は展示会のハシゴ。
心斎橋墓場の画廊WESTにてコブラ展を見に行きます
(順番狂ったけど、8月3日「180803当方に散財の用意あり!」の続きです)
Img_0576_3 Img_0578_3
Img_0581_2
なんと今年はジャンプ連載開始から40年だそうです。少年ジャンプ黄金期の傑作の一つ。左腕にサイコガンを持つナイスガイ、コブラ。
彼の魅力をパネルとマネキンのお姉さん(イレズミの三姉妹)で堪能できます。
Img_0584_3 Img_0589_2
Img_0588 Img_0590_2
Img_0592_2
Img_0593_2 Img_0600 Img_0587 Img_0596_2 Img_0599
Img_0594
Img_0595_2 Img_0605_2
Img_0619
Img_0607_2
彼女らを背景に自撮りで収まりたい人はスタッフに言えば
シャッター切ってもらえるそうです。
ご丁寧にコスプレ?用のサイコガンもありますwww
Img_0622_2 Img_0621_2
口にココアシガレットくわえて「なあに、わらってごまかすさぁ」と
野沢那智のものまねでニヤリとしたいものですw
Cobra_2

180804たまりませんわ!トシちゃんかんげきー!

180804たまりませんわ!トシちゃんかんげきー!
ほんと夏休みが少ない。初日続きだが
あべのandで開催されたマカロニほうれん荘展in大阪にいってきました。
https://abeno.keizai.biz/headline/2940/
前回、東京中野で開催されたときは押すな押すなで大盛況だったとか。
今回は会場も中野に比べて広く、そのぶん多くの原画が展示されている。
Img_0632 Img_0634
Img_0727 Img_0728
しかも入場無料で中の撮影自由。すごい。
みてみると、懐かしい破壊的ギャグのかずかずは昔のまま、ノリで笑ってしまう。
このコマ運びのリズムはやっぱりクイーンやDPなんかのロック音楽のリズムに近い。グルーヴ感というかw
Img_0637 Img_0655
Img_0659 Img_0662
Img_0665 Img_0666
Img_0669 Img_0670
Img_0690 Img_0692


ただ、今から見ると新しい発見も多数。
当時のロックシーン、クイーンやDP、ガンズ&ローゼス、SEX PISTOLSなどの
LPジャケットやアメコミ、ミリタリーファッション、さらには当時出始めたヲタ要素、アニメ特撮パロディから
吾妻ひでお、谷口敬、内山亜紀などロリコン漫画の要素もいち早く取り入れ、しかもおしゃれに昇華している。
このセンス、早すぎたなあ。
Img_0656 Img_0693
Img_0696 Img_0703 Img_0707
Img_0708 Img_0709
Img_0710 Img_0712
Img_0711 Img_0719
Img_0721
Img_0722 Img_0688

とはいえ当時の新人漫画家に影響与えてますね。とくにジャンプ勢への影響は莫大だったのがいまではよくわかります。
鳥山明「Drスランプ」江口寿史「ストップ!ひばりくん」なんて完全にマカロニほうれん荘フォロワーで、要素をうまく取り入れてますもの。
もし「マカロニほうれん荘」がなかったら「ドラゴンボール」はいまのかたちでは存在しなかったでしょうね…
漫画の歴史のターニングポイントじゃないのか?と戦慄したりも。
物販でお金落とします。お金落としたらまたこういう男前な展示会やってくれるだろうから。
50枚ポストカードセットと専用バインダー。

Img_0742
3000円以上買うと、このような
かっこいいおしゃれなショッパーに入れてくれます。
Img_0743
「きんどーさん、今日は有意義な一日でしたねえ」「あたし目が肥えちゃったわよ」
まさにセリフ通り!

180803当方に散財の用意あり!

180803当方に散財の用意あり!
夏休みが少ないので少ない休みは有効に使わねばならない。
理不尽に忍耐するのではなく、理不尽に夏休みを楽しむことだ!
あの名作「覚悟のススメ」「シグルイ」「エグゾスカル零」「衛府の七忍」を著した魂の劇画家
山口貴由先生の原画展示が大阪モモモグラにて開催されたのでいってきた。
Img_0570
https://www.momomogura.com/
初日なんで大丈夫かと思ったが、幸い整理券なしでも入ることができました。
ガタガタうごく怖いエレベーターを降りるとはらら様のレディーへのエスコートが!
お美事!w
Img_0572
中に入るとホモ、ではなく漢感あふれるサムライの迫力!
かっこよすぎる。かっこよすぎるぜチェスト関ヶ原! 薩摩ではぶち殺せの意味である(嘘)
初期の覚悟のススメ、蛮勇引力の原画やカラーイラストは
B4の原稿用紙を突き破らんばかりの迫力です。すごい圧を感じます。
後期のエグゾスカル零や最新作衛府の七忍については浮世絵や錦絵のような豪華絢爛さを感じて
画力の幅の大きさを感じさせます。
衛府の七忍のカラーイラストは美麗すぎて、立ち止まる人多しw
中の原画は撮影禁止ですが、入り口にあるこの絵だけは撮影OKでした。
最初期の作品覚悟のススメ単行本1巻の表紙原画です。
Img_0574
A6サイズのチャンピオンコミックスではわからない細部までしっかりとみえます。
背景はエアブラシですが、CG使ってないのですべて手描き。ということは
エア吹くときに丁寧にマスキングして、しかも左右で色が違うので2回やってます。
この絵だけで何十時間かけて描いたのか…息を呑みます。
この迫力を見るためにはチャンピオンコミックスでは小さすぎる!原画サイズとまでは言わないが、
せめてB5かA4サイズで見ないとこの迫力は味わえない。
AKIRA単行本くらいのサイズとボリュームは必要じゃないか?と痛烈に感じた。
あるいは21インチくらいのタブレットで電書w
物販では、覚悟のナレーションセリフが刻まれたマグカップと美麗なイラストのポストカードセットを買いました。
12日に展示内容が変わるとのことで、18日までの会期中にもう一度行ってみたいと思います。シグルイもあるかなあ?

180729新マシン行き着くところはこれやった(SSD換装編失敗)

180729新マシン行き着くところはこれやった(SSD換装編失敗)
SSDを250GBに変えるため、準備としてクローンを作る。
Img_0324
裸族のM.2に装着したM.2の250GBSSDをHDDケースに入れてUSB接続。
クローンソフトでクローン作成開始。
Img_0331 Img_0332
Img_0334 Img_0333
6時間近くかかったw物理フォーマットしながらクローン作業してるっぽい。
念の為、リカバリーUSBも作成しておく。
恐ろしことに16GBでも足りなかった。なくなく32GBのUSBメモリを探して使う。
底面のカバーをネジで外し、底面を開ける。
Img_0342
ネジはやたら数が多いため、一つ一つ外しては底面を印刷した紙に両面テープでネジを貼っていく。
Img_0341
全部外すと簡単に外れた
Img_0343 Img_0344
ここの黒いカバーがついているのがSSD。ネジをはずすとびよん、と飛び出すw
Ssd1 Img_0350
代わりにクローンしたSSDをはめてネジ留め。あとは両面テープで貼ったネジを同じ位置にはめ直す。
手間はかかるが作業は複雑ではない。
これでクローンがきちんと出来ていれば起動するはず、だったが、
起動しなかったwww
6時間無駄ー!
原因はわからない。普通クローンしたSSDは無条件でブートしてくれるはずんだが…windows10特有の事象なのか?
皮肉なことについででとっといたリカバリーUSBが役に立ってしまったw
完全にクリーンインストールするしかない。
Img_0354 Img_0352_2
リカバリーすればつづいてWINDOWSUPDATEが始まるが、やたら時間がかかる。
タスクマネージャでみてみると、なんじゃこりゃ?!
全然通信実績がない。つながっては切れ、つながってもほとんどデータが届いてない。
どうやら無線LANドライバが悪いみたいだ。しらべると、2018年4月の最新無線LANドライバがアップロードされてたので
早速当てると、嘘のように通信状況が良くなった。
http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/004760?no=1&p1=103&p2=103106&p3=103106359&score=1.0&sri=5145171&trn_org=2
かんがえたら、この機種が出た2016年ごろは11acも出たばっかしでドライバもこなれてなかったのかもしれない。
結果クローン化は失敗に終わったが、250GBSSDでリカバリーして使用できるようになったのでこれはこれでOK。
あとは定番ソフトのインストールと
chromeブックマークのインポート、thunderbirdのメールデータコピーで環境もだいたい整った。
覚書としてインストールしたソフトをいかに記す。
Avast!
https://www.avast.co.jp/index#pc
あとでかぶるのでWindowsDifenderを無効化した。
https://boxil.jp/mag/a13/

180729新マシンlet'sRZ5

180729新マシン行き着くところはこれやった
ボーナスで気が大きくなったのか、新マシンを買ってしまった
let'snoteRZ5 あるいみモバイルマシンの究極。
Img_0300

過去のマシンとの邂逅。まさにRZはチャンドラやPT-PC110系統の正統後継者じゃないかと思えてしまうw

Img_0238 Img_0244
Img_0234
キーボード配置も申し分なし。今までのモバイル機でここまでノンストレスなのはthinkpad220やMacbookair以来だw
Img_0302
まず圧倒的に軽い。0.7kgのインパクトは強い。下手するとSafaceみたいな単体タブレットPcより軽く感じる
次に液晶画面がようやくまともになった。let'sで不満だったのが液晶の質が悪く、きれいに見えないことだったのだが、
安物の液晶テレビやもう1万円台の中華タブレットですら使われているIPSパネルを数世代前からようやく採用
してくれた。もうTNパネルはいやづら
*****
3つ目に画面の割に解像度が高いこと。この手の軽量PCは1378*768や1280*800が多い。本機は1920*1200とフルHD(1920*1080)よりも高解像度。
10インチなのにやたら広く感じる。これで足りなければwindows10の今更ついた(アプリとしてはwindows3.0時代からあった)
新機能「仮想デスクトップ」で増やすことができる
*****
4つ目にバッテリーが交換可能。MacbookAir以来、ウルトラブックにしても他のノートにしても
バッテリーが交換できなくなったものが多い。dynabook、FMV、とうとうthinkpad280Xですら交換不可になってしまった。
ASUSやAcerは言わずもがな。そんななか小型スリムなモバイル型で
工具なしにバッテリー交換可能なのはlet'sだけになってしまった。
******
5つ目に見た目の割に頑丈。カバンに無造作に放り込んでも大丈夫なのは心強い。クッションケースだけでも十分。
******
6つ目に各インタフェースが省略されてないこと。
USBは3基搭載してるし、有線LAN、SD(Microでなくフルサイズ。デジカメのカードをそのまま入れられる)、HDMIとVGAまでついてる。
VGAがついてるのはプロジェクターでプレゼンするというビジネス要求からだけど、
それにしてもアダプターなしに直接接続できるのは嬉しい
******
今どき珍しく、音量はハードキーで調整できる。従来どおりfnキーでも調整できます。
SSDは128GB、調べるとM.2のSATAタイプでした。今最新のだと1500MB/Sもあるんだけど、これはSATA縛りがあるので500MB/Sがせいぜいです
それにしてもやたら遅い。リカバリしてWindowsUPDATEしても数時間立っても全然バーが移動しない、なんか変だとタスクマネージャでリソース状況を見ると、
無線LANが全然動いてない。スイッチはONだし接続中なのだが、セッションがまったくない。
アクセスもだいぶ遅いし、中古失敗したかと思った。
まあ、もともとそのままの状態で使うつもりもなく、
せめて250GBはほしいなあと。
先にWEBでRZシリーズのSSD換装方法を確認しました。
わかったのは
SSDはM.2形状のSATAタイプのしかつかえない。
クローンには変換機が必要。こんなやつ↓
http://www.century.co.jp/products/crin25m2.html
SSDは前提で250GBを用意しました。
Img_0330

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ