« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月14日 (土)

180708オールアバウトベーマガ2SP_in大阪

180708オールアバウトベーマガ2SP_in大阪
豪雨一過ベーマガイベントへいってきました。
先日までの雨がやんでくれたのは天の恵みか、と感謝して南港ATCへ。
トレードセンター駅で降りると、わくわくしてきます。
Img_0161 Img_0162
途中で海へ出ると、さんふらわあが見えてきます。快晴とは行きませんが、悩まされた雨がやんでくれただけでもありがたいです。
Img_0163 Img_0164
会場につくと、まず物販コーナーへ。買い物目当て化とばかにするなかれ。物販はイベント継続のための重要なファクターなのだ。
物販はそのブースの売上につながり、次回のイベントへの協賛資金になる。
現に、前回前々回の結果が良好だったからこそ、今回の大阪イベントは
有志ではなく電波新聞社がビジネスとして主催してくれたわけですしおすし。
Img_0174 Img_0175
ヘルメッツさんのブースは今回はこちらの会場へ移動。
X68000/X68000XVIラズパイケースの先行販売を行っています。
参考出品としてアクセサリとしてのX68000キーボード、マウス、ジョイスティックを。
ケースに添えるインテリア(単なるオブジェ)として出るかもしれません。
Img_0062_2 Img_0222
九十九電機とスマイルブームとのコラボで作られたラズベリーバイ専用プチコン(smilebasic)「PiSTARTER」です。
すでにmicrosdにOSとBASICがパッケージングされていてラズパイに差すだけで使えます。
サンプルのシューティングゲームで遊んでみましたが3DSのプチコン以上に動いてくれます。
プチコンと違ってUSBキーボードやUSBコントローラも使え、より自由度が高いです。
Img_0182 Img_0183
ツクモさんによると店頭でも販売したいのだが、時期はまだ未定。
ただし出すとしてもパッケージは変わるとのこと。なぜならパッケージに誤植がみつかったからw
だから先行販売は本会場だけの限定版になります、とのことでしたw
Img_0224 Img_0226
Img_0227
電波新聞社のブースではベーマガTシャツやタオル、シールなどを販売していました。
おもしろいところでは電波新聞社で使われているゴミ箱!鉄でできたすごく丈夫なゴミ箱です。
会場入口ではベーマガのキャラを使ったアクリルホルダーをがちゃがちゃで販売していました。
オールドスタイルは早々に完売。私が当てたのはかなり後期の方のつぐ美バージョンでした
Img_0186 Img_3609
秋葉原のゲームショップBEEPさんはベーマガのバックナンバーを販売。隣ではレトロPCの展示が行われていました
PC-8001MKII、PC-9801、FM-NEW7、PC-6001mkII、X1、X68000も
Img_0176 Img_0177
Img_0178 Img_0185
Img_0180 Img_0181
会場で手続きをすると、クリアファイルと歴代ベーマガの表紙が記載されたパンフレットをいただきました。
ほかにも、アーケードゲーム「クレイジークライマー」を特集した冊子も。
これ、kindleで電子書籍として出たものを冊子にしたものです。
電子版買ってたんだけどなあw
Img_0216
Img_0217 Img_0219
入場証として、つぐ美ちゃんイラストのバッジもいただきました。これをみにつけてれば会場を出ても大丈夫です。
Img_3612
さて、会場が始まり、司会の山下章さんが登壇。割れんばかりの拍手が巻き起こります。
Img_0193 Img_0194_2
そして、第一部ゲストの面々。
向かって左から順にベーマガ大橋編集長、森巧尚さん、断空我さん、大堀康祐(当時のPN:うる星あんず)さん、古代祐三さん。
Img_0204
最初に注意で、写真撮影は登壇時のみでお願いします、
SNSやブログで裏話は無用に願います、と言われてしまうw
なるほど、実際話し出すとやばいはなしがマジ卍でポンポンとでてきます。どこを切り取っても
公表NGな内容で、困ってしまいましたw
なにせ一部伏せ字にしただけでこのとおり全くなにがなんだかわからなくなりますw
Fuseji
************
いくら東京から500km離れた大阪だからって羽目外しすぎじゃないかと心配してしまいましたw
第2部は電波開発ルームのなにわ(藤岡忠)さんが出てきて、
DEMPAマイコンソフトの裏話を(これも表に出せない話ばっかり)
Img_0214
*************
第3部では全ゲストが集まって更にやばい裏話がどどどどんと。
香港旅行の羽目外しすぎナイトや
テレビの企画でスペインまでド***しに行った話や
編さんや影さんにまつわる驚愕の事実までw
*************
非常に充実した3時間でした。
終わってから、ATC内のサイゼリヤで速い夕食をとりましたが、
内容を反芻するだけでニヤニヤしてしまい、店員さんに引かれたかもしれないw
Img_e3613
待ったかいがあってとても楽しいイベントでした。
追記:先日の豪雨のせいで当日参加できなかった方も多数おられたそうで、
twitterでイベント主催者から不参加だった人に当日の配布物を差し上げたいとの申し出があった。
山下さんの最初のあいさつも豪雨災害被災者へのお見舞いでした。

180707 MAKERSbazaar

180707 MAKERSbazaar
大阪で年一回行われているメイカーたちのものづくりのお祭りメイカーズバザールに行ってきました
Img_0050 Img_0051
http://makersbazaar.jp/
折り悪く記録的豪雨の翌日なので、ブースの参加者も遅刻や不参加が出てましたが
そんななかでも次世代の若きメイカーを育てようと大人たちが熱気を持って迎えてくれました。
今回は3箇所のスタンプラリーでオリジナルグッズがもらえるイベントを行っています。
何も作れないお父さんでも、子供と楽しめる工夫ですね。
スタンプ会場は無人で犬のロボットが迎えてくれます。スタンプをロボ犬にかませると、
自動でスタンプが押されます。
Img_0045 Img_0047 Img_0123
会場で気になったのは、こんな感じ。
3Dプリンタで柔らかいものをつくってました。てで握るとふにゃっと。
Img_0065 Img_0066
ぴこぴこの雨降りバージョン?と書いてますが中身はインテリジェント。
実はインターネットから降雨情報を得て、その地域の降雨予測を立てるというものです。
当初は空気中の湿度をセンサーで把握して…というものだったそうですが、
それだとセンサーの位置で極端に数値が変わる(窓際や厨房だと極端に湿度が上がったり)ので
実用的でなかったそうです。
Img_0052
3Dプリンタで実用的なものやフィギュアなどの委託制作を行っているところです。
歯型も最近は3D制作があるんですね。
過去の歯型を記録しとけば将来入れ歯になっても安心。
たとえ出っ歯でもキレイな歯型に修正できそうですw
Img_0073 Img_0074
小型ペンプロッタの数々。ユニバーサル基板で作った初代機から
いろんな方向性(ペンではなく紙の方を動かすなど)を趣味で作られている。すごいの一言。
ボールペンプロッタは一時期製図で使われてましたが、いまはあまり見られなくなくなりました。
ヘッドがボールペン先なので交換が容易、多色が使える、紙が専用紙でなくてもいいなど
メリットもあったんですが、
印刷が遅い(ペンを動かして物理的に描くので当たり前)という致命的な欠点がw
なんで一枚物を書いてからコピーするのが普通でした。
Img_0075 Img_0078
Img_0076
ポケットコンピュータ用にも出てたくらいメジャーなプリンタだったんですけどね。
 
はにわ印鑑ケース
かわいくも縄文弥生の古代人に思いを馳せられる印鑑ケース。
3Dプリンターで出力し、あえて磨かないことで、素焼きのざらざら感も再現w
なかにはシャチハタネーム9がはいるので、宅配便の受付用にいれとくといいかもw
Img_0080 Img_0156
ひとつ買いましたw
Img_0158
非常にカラフルなアナログシンセサイザー。目を引きますね
Img_0083 Img_0084
実物大R2-D2
ラジコンで実際動きます。
Img_0085 Img_0086
動画はこちら。
R2-D2実物大
こどもパソコンichigojamのメカトロ耕作です。
ゲームボーイ風につくったichigoboyや、キーボード一体パソコン風、
Img_0088
Img_0092Img_0091
ichigojamを心臓部に、LEDを光らせるサイネージ
Img_0094
バーコードを読ませて、動作をプログラミングし、(USB接続のバーコードリーダを使用)
そのとおりに動かせるロボット。タミヤのカムロボットを改造しています。
Img_0095
共立さんでのいろんなスピーカー。
Img_0097 Img_0099 Img_0100
このちっこい部品、なんとうまれかわった真空管。
Ntube(ニューチューブ)というそうです。
オーディオ用のアンプ部品として使うんだとか。
Img_0103 Img_0104
Img_0105 Img_0106
obinz
一見ただのマイコンボードのようですが、これが画期的なのは開発環境。
なんと全機器に紐ついてクラウドの開発環境があります。
ききに表示されるQRコードを読んで、スマホでクラウドにアクセスすればそこがすでに開発環境。
PCでもスマホでもプログラミングし、スマホからIOT機器を操作実行させることができます。
https://obniz.io/
Img_0108 Img_0109
Img_0110 Img_0111
写真では十分表現できていませんが、これはまるでホログラムのように画が浮かんで見える仕掛けです。
内部に鏡を2枚入れて映像を反射させ、さも上に絵が浮かび上がっているように見せるというもの。
例として、サイネージや、浮いている(用に見える)映像に手を入れると電源がON/OFFになるスイッチとか
がデモされていました。
Img_0124 Img_0126
Img_0127
鮮やかなLEDアクセサリ。使われているLEDは芥子粒ほどの大きさ。コメより小さい。
こういうのをならべて腕時計とか作ると面白そうだけど、はんだ付けが地獄の作業になりそうだw
Img_0145 Img_0140
Img_0142 Img_0143
HELMETSさんのブース。
念願の初代X68000ラズパイケースが先行発売です。
これでX68000を自宅にお迎えしましょう。
Img_0055 Img_0134
Img_0056
箱、説明書もX68000ぽさを醸し出しています。
Img_0153 Dscn4849
他には駄菓子屋筐体が!7月予定
昔じじばば(Gさんバーさんが経営してた駄菓子屋)で
ドンキーコング(のパクリw)とかギャラクシアン(のパクリ)とか
1PLAY50円でやった思い出が
Img_0132
しかも一つは映像が動いてる。ラズパイZEROかなあとおもったが、後に聞くと、
液晶一体基盤をつかって動画を再生してるとのこと。
ラズパイではありませんでした。
Img_0058
動画はこちら。
https://youtu.be/guwaLV6wn58
既存のXVIケースも売ってました。増産したようですね。ちかぢかショップに入るかも。
Img_0061 Img_0062
Img_0063
帰りはめんたいパークで念願の明太フランス。ヤングはコーラで…とおもったら
か、か、…固いwフランスパンやたら硬いっすw
噛み切れるけど、顎が疲れる…ああ、もうヤングではなかったよw
Img_0147 Img_0149

明太ソースはバターきかせてあってめちゃめちゃ」美味しかっただけにフランスパンの硬さが…
せめてコッペパンだったら。
 
ついでに明太バターのレシピを頂いたので自宅で作ってリベンジだw
Mentai

180630 カメラリニューアルしますた

180630 カメラリニューアルしますた
今使ってるコンデジ「Nikon COOLPIX S8200」は2012年に買ったもので、
14倍の光学ズーム、HD動画撮影機能、SDXC対応、高速撮影機能、裏面CMOSによる高画素撮影、
暗所に強いなど当時としてはずいぶんすごい機能を持ったフルオートカメラだった。
だけどすでに7年近く経って陰りもある。フルオートが災いして
絞りやマニュアル優先的な撮影が一切できない、
望遠も今となってはすこし弱い(現在は30倍前後がトレンド)
なによりあちこち傷やレンズ内のホコリが気になる。
一眼やミラーレスと異なりこの辺が甘いのが、コンパクトのいいところであり欠点でもある。
7年目のリニューアルとして考えたのが
・30倍以上の高倍率ズーム、
・軽量小型、
・暗所に強いセンサー、
・wifiスマホとの連携、
・絞り優先やマニュアル機能
・1980*1080の2KフルHD動画機能(前のは1280*720のHD)
理想はオプションレンズ無しで満月が撮影できるくらい。
液晶チルトやwifiはなくてもいい
この条件でカメラ屋さんでいろいろみていたところ、CANONの POWERSHOT SX720HS がいたく気に入り購入。
Dscn4841
機能はこちら
40倍光学ズーーーーム(ーが3つ増えるくらいw)搭載で、デジタルと合わせると40倍*2、最大*4まで引き伸ばせる。
実際レンズを出してみると、この小さい筐体のどこに入ってるのかわからないくらい
ながーーーーいズームレンズが伸びてくる。
Dscn4841_2 Dscn4843_2
試しに撮ってみた。
場所はあべのハルカスから天王寺公園を望む位置。
1倍だと24mmの広角になるのでとてもワイド感ある細密な映像になる。
伸ばすと梅田スカイビル近辺まで映る。さすがに160倍までくるとブレが酷いw
Img_0018 Img_0021
次に晴天の夜間に月を。絞り優先Tvで撮影。
これも本来は三脚があるといいのだが構わず手持ちで撮影。
クレーターまでよく見えて興奮してしまうw
Img_0041
次に暗所ということで夕焼けの黄昏時を撮影。徐々に暗くなっていく赤のトーンがキレイだ。
ただ目で感じた通りというわけには行かないけどw
Img_0010
ちょっと重いのが玉に瑕だが、小さく、オートでそこそこ映る2000万画素高画質カメラとしては
非常にお買い得でした。
価格はボーナス時期ということも型落ちということもあり、25000円代でした。
ちなみに最新型730は液晶がチルトになっているので動かして地鶏やハイアングル撮影ができます
また、bluetooth通信ができるのでより省電力でスマホやノートPCとの連携ができます。
http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/sx730hs/index.html

一眼やミラーレスのサブ機としてもよろしいかと思います。
最近はスマホのセンサーもかなり高画質化して、低倍率のコンデジを凌ぐほどになってますが、
さすがにここまでのズーーーームは実現できそうにないです。というか、
そこまでの需要がないとも言いますがw

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ