« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月13日 (土)

170507ねことりゅう

170507ねことりゅう
明日でおわりなので、阪急の「岩合光昭 ふるさとのねこ展」にいってきました。
http://www.crevis.co.jp/exhibitions/exhibitions_047.html
Dscn2573
1年をかけて、青森の農村で生まれたばかりの子猫が成長する過程を丁寧に追い、
写真に収めてきた珠玉の作品集です。
https://www.amazon.co.jp/dp/4904845552
林檎の色づきとともに徐々に大きくなって、遊びながら生きる力を身に着けていく猫達には感動させられますし、
岩合さんの猫の視点に立ったアングルの臨場感と、猫の信頼を得ているところが毎度すごい。
(普通レンズを向けると猫はそっぽを向く事が多い)
猫の栞型の入場券はなかなかいいデザインだなあ(2年前に関東で行ったときもこの形のチケットだった)
まるしげなどお菓子屋さんではいま岩合さんの写真をつかった
「ねことあめ」が売っていますが今回阪急のショップでは売ってなかった。残念w

終わって、出て見ると、前のイベントスペースが恐竜一色w恐竜ランドかジュラシックパークか。
メカトロニクスで動くロボ恐竜、上に椅子がついていて恐竜試乗体験?ができる所、化石などの展示もあり、
家族連れの長い行列が。今日NHKで恐竜の番組をやる相乗効果もあって
GWの客寄せとしては大盛況な催しでした。
Dscn2600 Dscn2579
Dscn2577 Dscn2581
Dscn2582 Dscn2583
Dscn2597 Dscn2576
Dscn2592

170506コミティア120

170506コミティア120
昨年、そうさく畑がFINALとなり、唯一の一次創作専門イベントになってしまったコミティアの
東京本家が120回めを迎えた。
100回目の盛り上がりも相当なものだったが、120回というのも節目。イベント企業主催でも
長期間満足にできないところも多い中、3桁もの開催は本家コミケットですら未到達(次回で92)
なところだ。
今回は幸か不幸か他のイベントがビッグサイトで同時開催される関連で会場が制限されたなかでの開催だが
それでも、全部のサークルを見て回るのにゆうに3時間半はかかる。
TVドラマ「重版出来」でもやっていたが、こちらでは出張編集部があり、
漫画家志望の卵たちが編集部の率直な評価を聞こうと原稿をかかえてどきわくしながら待っていた。
講談社や小学館、集英社というような超メジャー出版社から秋田書店、白泉社、少年画報社、
竹書房、白泉社といった老舗、一迅社やサイコミ、COMICOやPIXIVなどWEB漫画サイトのような新興編集部まで
20以上の編集部が原稿を受け付けていた。まんが道の間口も広くなったなあ。
今回買ったのはこちら。札幌の六畳一間こと根本尚先生の怪奇探偵シリーズは毎回楽しみにしているシリーズ。
江戸川乱歩調のテイストで昭和の怪奇事件のようななぞとき譚を複雑なトリックをわかりやすく読ませてくれる。
逆にエッセイ漫画はフニャけた肩の力がヌケた内容でこれまた札幌のローカルあるあるネタ。
逆に北海道以外の人には新鮮だ。
Dscn2614 Dscn2613
沼田友監督によるCGアニメ「旅街レイトショー」DVDなんでもTOKYOMXで放送されたそうです。
こういう作品もコミティアではあります。
Dscn2616
安倍吉俊先生の「沼」シリーズ第2弾。すごい面白いけどシグマのイメージダウンにならないか心配w
Dscn2620
Dscn2621 Dscn2623
そしてコミティア初参加、あのベテランが!残念ながらいしい先生は
お見えでないらしいが、ひょっとするとこっそりきていてこっちを見ているかもしれない。
なんせ、チャンネルゼロの人とご家族以外は姿を見た人いない
漫画界のツチノコ、もといドクターイエローなんだからw
Dscn2624
単行本未収録作品集を出されていました。さすが未収録だけあってヤバイネタが多いです
「笑和史」は張作霖爆殺や満州事変をパロってるかなりシャレないならない作品。これはヤバイわw
Dscn2625
とりみき先生始め一部の人に絶大な人気を博している吉川ロカちゃんも一部収録。
いしいひさいちが日常萌え四コマをやっていたのが新鮮w
Dscn2626
かえる好きとしてはこれを読まずにはいられない。
学研の秘密のひみつ
Dscn2617
Dscn2619 Dscn2618
他にも、面白いものをいろいろ見つけて買いました。重いわ…w

170505レトロエクスプレス

170505レトロエクスプレス
友人と示し合わせて、蒲田 大田区産業プラザPiO 小展示ホールで開催のレトロエクスプレスへ行ってきた。
Dscn2498
レトロゲーム、PCの展示、グッズの即売を行うイベントで、おもしろいのは子供は無料入場ということ。
主催者の「レトロゲームの愛好者は次世代を担う子どもたちに啓蒙し、楽しんで、受け継いで行って欲しい」
という願いの現れだ。
Dscn2499 Dscn2500
Dscn2501 Dscn2502
Dscn2504
MSX2版とファミコン版のザナック。
Dscn2505 Dscn2506
Dscn2507 Dscn2508 Dscn2509
Dscn2510 Dscn2511
Dscn2523 Dscn2527
今回目立ったのはMSX各種音源のいっせい展示。
一般的にはFM-PAC(OPLL)くらいしか知られていないのだが、
楽器として使う本格的なFM音源(YAMAHA製。DX-7に引けを取らないレベルでおもにバンドがシンセ用に使用してました)
FM-PACに先んじてだしたより高級な音源(MSX-MUSIC)もあったのですが、高価すぎて(3万円台)普及せず。
他にもOPL4を採用したカートリッジなんかもあり。めを輝かせました。
Dscn2512 Dscn2514
Dscn2515 Dscn2516
Dscn2517
ただ、「FM-PAQ」はなかったようです。音源はOPLLで、FM-PACの互換音源(PAC機能はなし)だそうです。
Fmpaq
あまり長居できなかったので、後半の大抽選会を待たずに退散。
買ってきたのはこんなもん。本当はレトロゲーム機やゲームソフト、
PCの大バザーもあったんですがかさばりすぎるので断念w
料理のほんではなく、フロッピーなどメディアの劣化やカビをどうメンテナンスするかという本です。
Resipi
各機種のグラディウスについての本。
X68000版は本体付属品としてシャープのサービスセンターで買えたとか。
Dscn2568 Dscn2605
格闘ゲーム「スーパー玉出」なんでブリーフ一丁のおっさん?とおもったら、そうか、
あのクソゲー「ビキニカラテ」のパロディだったんだとあとで気づくw
Dscn2602
MSXに、PS/2マウスをつけるためのアダプター。
その後秋葉原へ行ってぶらぶらと見てきました。
Dscn2607
BEEPさんで、ゲームボーイ版ウィズ外伝1を購入。実はコレに出てくるニンジャのモデルは、
当時ログインの編集者だったウィズフリーク、忍者増田氏だったという噂が。
マジ?
Dscn2610 Dscn2609
もうひとつは家電のケンちゃんで売っていた同人誌。
任天堂非公認アダルトソフト製作会社→自作ショップフリージア→三月兎→家電のケンちゃんと転職した
秋葉のウラモノを見てきた店員さんの話がディープで面白いです。
Dscn2608

2017年5月 9日 (火)

170504資料性博覧会10 

170504資料性博覧会10 
中野まんだらけが主催のイベント「資料性博覧会」に参加した。
https://mandarake.co.jp/information/event/siryosei_expo/
ここは資料系同人誌やフィギュア(おもにソフビ)の即売会で、
今回はまんだらけのイベント大まん祭の一環として実施された。
そのため、会場も中野サンプラザである。
Dscn2491
大まん祭の企画として「益子かつみ」先生の原画展示が行われている。
かの快獣ブースカのキャラデザインとコミカライズを行った漫画家です。
Img_2523 Img_2526


コミケットほど幅広いジャンルというわけではないが、サークルは皆一家言ありそうな癖の強いところだ。
昔の貸本漫画の復刻を行ってる所、TV番組の検証本を作っている所、TV雑誌のグラビアページを
紹介している所など、内容の濃さではマンガ系、小説系に引けは取らない。
今回買ったのは以下のとおり。
ラクメキアそーさいさんの児童誌グラビア本は相変わらずの高クオリティ。
Dscn2557 Dscn2556
Dscn2563 Dscn2561
Dscn2560
Dscn2564Dscn2565
場所が中野サンプラザということで、すぐ近くに中野ブロードウェイがあります。殆どがまんだらけなんですがw
同人ショップやおもにおもちゃのBOXショップがあります。
今年僧形50年ということで築城50年なるキャンペーンをやってました。そうか、城なんだw
Img_2539 Img_2530
Img_2536
地下には子供も楽しみなジャンクフードショップ、デイリーチコがあります
このデイリーチコ、最小サイズでも3種類のフレーバー(味)を選んだソフトクリームが名物で、
私は上からイチゴ、夕張メロン、ぶどうとわざとハデな毒々しい色を選んでみましたw
遊園地のソフトクームみたいな味がして美味しいですw
Img_2531 Img_2534
帰る前に中野駅前、おやきのれふ亭でおやき(関東で言う今川焼き、関西では回転焼き)を買いました。
ここは季節の味や定番以外にも色んな味があります。黒、白、カスタード、チョコ、ベーコンチーズなど。
ここのイチオシはちょっと高いけどズバリ「あんチーズ」あんこにクリームチーズが入っていて、
この味の組み合わせはすごい。甘い、酸っぱい、濃厚と、この味は癖になります。
Dscn2493 Img_2540
Img_2542 Img_2544

2017年5月 1日 (月)

170430はるかな星がふるさとだ

170430はるかな星がふるさとだ
河原町の高島屋でウルトラセブン展 モロボシダンの名をかりて | 放送開始50年記念
が開催されている。
Dscn2467 Dscn2468
イラストレーター金子大樹氏の美麗なキービジュアルが目を見張るのだが、
内容は極めてファミリー志向な展示になっています。
地球防衛軍基地のジオラマやメカ展示(残念ながら撮影用プロップではなく、展示用に新造してます)
出てきた侵略宇宙人たちの展示(これも撮影で使われたものではなくイベント展示用のものです)
マニアが当時の貴重な資料を拝むというよりは、
子どもとお父さんが見ながら「あの宇宙人知ってるか?あれなあ、子供の頃怖かったなあ」とか
会話するきっかけになるようなものになってます。
とはいえ、途中で出てきたメトロン星人vsウルトラセブンを再現したジオラマの、
特に工場と川には目を奪われた。公害で薄汚れた川や、景観を台無しにしている廃液パイプなど含めて
「昭和四〇年代をまざまざと感じさせる造形」には見事だと思った。それらが夕焼けで
赤と黒のコントラストが強いライティングに晒され何とも言えない郷愁を漂わせている。
Dscn2473

Dscn2476 Dscn2477
Ultra7
物販では子供が目を輝かせて欲しがる怪獣ソフビや本が販売されていて、
私もキービジュアルのクリアファイルと図録を購入。
前者はメインのものと、もう一つのキービジュアルを印刷した2枚組の素晴らしいものになっている。
写真はもう一つのキービジュアル。
Ultra72
今回はもう一つ京都大丸でのゲゲゲの人生展にもはしごする。
Gegege1
なかなか京都に行く機会が少ないので、見られる機会は逃したくないのだわw
こちらは、先年亡くなられた水木しげる先生の生い立ちとそれらにまつわる資料
(戦地からの手紙や貧乏時代の家計簿)、
代表作「ゲゲゲの鬼太郎」「カッパの三平」「悪魔くん」の貴重な原画や図版、
紙芝居のボツ原稿が展示されています。
残念ながら紙芝居の完全な現物はいまだ見つかっていないそう。以前、「なんでも鑑定団」で
京極夏彦先生が募集してたくらいw
大正11年に生まれ、徴兵されて従軍し、負傷して九死に一生を得た経験から、やりたいことやらないと
後悔するとばかりに好きな絵の仕事で食っていこうとするも
異常なまでの貧乏生活。あまりに貧乏で悪魔に魂でも売ってしまうぐらいでないと強大な力は
得られないと考えたキャラが「悪魔くん」ついで貸本で描いた墓場鬼太郎がヒットし
少年誌で「ゲゲゲの鬼太郎」として大人気。TVアニメ化され一気に妖怪ブームが巻き起こる。
金は困らなくなったが妖怪「いそがし」に取り憑かれるというもう一つの不幸に見舞われるw
ねずみ男のセリフ「怒るな。怒ると腹がへるぞ」はけだし名言だと思うが、いまでも
腹が立って腹が減って困ることが止められず自己嫌悪することが多々ある。
そんなときは自分の生き方をスローにギアチェンジして「なまけものになりなさい」と。
怠け者になるのもなかなか大変だwww

170429四天王寺春の古書祭り

170429四天王寺春の古書祭り
日本最古の寺として知られる四天王寺。
この四天王寺で春と秋、年2回大阪じゅうの古本屋がテントを出して青空古書市を開催しています。
Dscn2432
Dscn2427 Dscn2446
四天王寺は天王寺からあるいても1~2kmほどですが、谷町線の四天王寺前夕陽ケ丘駅からだとすぐです。
さすが聖徳太子ゆかりの寺。飛び出し小僧も太子ですw太子は飛び出さないけどねw
Dscn2430
こんなところにまで幸福の科学が。「仏教の元祖」の前で大胆というかなんというかw
Dscn2431
四天王寺名物亀の池。まさに晴天で甲羅干ししてますw
Dscn2437 Dscn2438
Dscn2445 Dscn2439
Dscn2434
古書市会場です。
Dscn2440 Dscn2443
たくさんのテントがあり、晴天に似つかわしくないカビ臭い匂いがwそれもまたよし。
参加者は殆どが年配のかた。いわゆる古書マニアの方々です。鵜の目鷹の目でお宝本を狙っています。
ひょっとすると古書店主やヤフオクでのせどりを狙って
若い人が来てるかと思ったがとくにそんなことはなかったようですw
古書市に行く場合大事なのは日程。できれば初日に行くほうがいい。早いうちほど、掘り出し物が眠っている確率が高いです。
日が経つうちにどんどん掘り出し物は買われていき、最終日には出がらししか残りません。
また、この四天王寺古書市の特徴として、本以外の紙モノがなかなかいいということ。
紙ものとは、絵葉書やチケットの半券、記念きっぷや雑誌付録のカードなどです。
この古書市では本やビデオだけでなくこういうものも多数出品されるので分かる人には宝の山です。
今回は、永谷園の検証カードセットを見つけました。今でも東海道五十三次がありますが、昔は
歌麿、北斎、写楽、竹久夢二、ゴッホ、印象派なんかもありました。
そのうち広重、歌麿、北斎、写楽、竹久夢二を見つけてげっと。
Dscn2455
他には山手線開業60年記念に昭和60年に発行した記念きっぷ帳。
なんと山手線全部の駅の入場券(昭和60年11月1日日付)が収められているものです。
Dscn2456 Dscn2458
他には名作ダーククリスタルの映画パンフ、
Dscn2453_3
朝日ソノラマの宇宙船文庫「仮面ライダー」
Dscn2454
これ、何がすごいってプロデューサー平山亨氏による
13.5話とも言える小説が乗っているのです。一文字隼人と本郷猛トノ出会い、改造された一文字の決意、
緑川ルリ子とのヨーロッパ行と彼女との別れ。あらすじ程度の分量だが、これをきちんと映像化できれば
一号と二号の間のミッシングリンクをつなぐエピソードになるのになあ、と。
Dscn2462 Rider1
帰りに、四天王寺前の釣鐘まんじゅう本舗へ。
カステラにこし餡が入っている人形焼やもみじ饅頭と同じカテゴリのお菓子です。
http://www.tsuriganeyahonpo.co.jp/
Img_2489Turigane

170416造幣局通り抜け

170416造幣局通り抜け
実は前日15日も通り抜けに行ったのだが、当日は雨が降り、皆が傘を差したせいでせっかくの桜がだいなし。
翌日リベンジともう一ど行くという無茶をしてきましたw
打って変わって16日は快晴。青空の中最強のさくら日和となりました。当然、人出も最高潮。
大川ぞいの公園も桜並木が満開で、出店もたくさんありました。
Dscn2251 Dscn2253
Dscn2257 Dscn2252
ここからが造幣局の入り口です
Dscn2259 Dscn2258
ここから、桜の並木が延々続きます。
Dscn2265 Dscn2270
Dscn2283 Dscn2286
Dscn2287
Dscn2291 Dscn2303 Dscn2299
Dscn2316 Dscn2318
Dscn2311 Dscn2309
Dscn2273 Dscn2320
500m弱とは言え写真撮りながらあるくとけっこうかかるものです。警備と行列整理をしている警察は
「止まらないで下さーい」といってますが実際は写真取る人たちでちょっと行っては止まり、ちょっといっては
止まる、と言った感じですwそらしゃーないわなw
日本人以外にも外国からのお客さんもかなりおおかったです。
通り抜けは海外にも知られてるのかと驚きました。
大川ぞいの公園です。こっちもなかなか美麗です。さらに飲食や出店も多く、こっちがお花見らしいといえばらしいです。
大川は官庁街の大手町と天満宮を結んでいる天満橋がかかっている川です。
Dscn2321 Dscn2330
京橋がわへ移動するとツイン21ビルなどのOBPや、ええとこだっせ♪のグランシャトーがある
京橋駅が見えてきますw
Dscn2323 Dscn2329
京橋から環状線で一駅移動。大阪城公園です。
こちらも桜の名所として名高いところですが、桜のゾーンは南側なのでかなり歩かねばなりません
Dscn2333
お堀には渡り鳥の鴨が泳いでいます。間もなく北へ帰っていくでしょう。
Dscn2342 Dscn2345
天守閣は平成の改修でかなり創建当初に近い外見を取り戻しています。エレベーターがアレですが、青空に金がきらめいている天守閣はやはり美しい。
Dscn2369 Dscn2377
しかし今日は暑い。あまりに暑いので天守閣そばの売店ではソフトクリームが飛ぶように売れていました。
私もイチゴソフトを。甘酸っぱくて、うまいw
Dscn2385
豊国神社の境内で、珍しく猿回しの芸が。
女性の猿回し師にあわせ、カワイイおさるさんが健気に芸を披露。周りの人だかりからは拍手が。
Dscn2404 Dscn2405
Dscn2406 Dscn2408 Dscn2410
Dscn2411 Dscn2412

170412 万博公園の花見

170412 万博公園の花見
ソメイヨシノ桜もそろそろ見納めだろうと、万博公園に言ってきました。
太陽の塔も内部改修のためしばらく近くに寄ることは出来ません。
真下からのアオリがカッコいいんですけどねw
Dscn2167 Dscn2103
途中、エキスポ70パビリオン(旧鉄鋼館)にて
建築関連の特別展示が行われているのを知り、久々に行ってみる。
各パビリオンを建築面のアプローチから振り返る企画で、東京ドームなどで一般的なエアードームも
万博パビリオンのアメリカ館や富士グループ・パビリオンが元祖と知り驚き。
横尾忠則が建設途中の足場組にインスピレーションを得て足場むき出しのデザインにした
せんい館パビリオンなども模型や当時の図面(デジタル複製)で見ることが出来た。
Dscn2099
なかでかのエキスポタワー関連の資料と模型、
撤去の連続写真は撮影許可があったので撮ってきました。
Dscn2128 Dscn2136
Dscn2138 Dscn2139
Dscn2130 Dscn2132
Dscn2143
エキスポタワーもエキスポランド閉園後撤去解体され、当時の面影は全くなくなってしまいました。
唯一のこってるのは、この階段。かつては各国の国旗が揚げられ、万博終了後は
あの「仮面ライダー」でロケ地にもなりました。OPでもバイクで駆け抜けてます。
Dscn2172Dscn2174
https://www.youtube.com/watch?v=FSPijXOs2EY
エキスポ70パビリオン前の広場では桜の絶景が広がり、家族連れがシート広げてお弁当食べています。
Dscn2156 Dscn2120
Dscn2112 Dscn2150
太陽の塔を背後に控えると味のある絵面になりますね。
Dscn2147
エキスポ70パビリオン自体も桜が満開で、もう葉桜になりつつあります
Dscn2121 Dscn2124

« 2017年4月 | トップページ

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ