« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月 6日 (火)

161203「カワイイ」を造った男

161203「カワイイ」を造った男
宝塚は手塚治虫記念館にいってきました。
といってもこんかいは常設展ではなく、企画展の「松本かつぢの世界」を見るため。
宝塚駅。正面に踊るタカラジェンヌの銅像。
Dscn1061 Dscn1063
Dscn1064
駅前から大劇場へ向かう花のみちを通ります
Dscn1070
残念ながら冬なんで花はほとんどありません
Dscn1074 Dscn1075
Dscn1076 Dscn1078
途中に宝塚大劇場があります
Dscn1077
大劇場からさらに300mくらいさきにあるのが、手塚治虫記念館。
Dscn1085 Dscn1087
火の鳥のモニュメント
Dscn1088
常設展も企画展も通常料金だけで見ることが出来ます
こっちが本命の松本かつぢ展。フラッシュ切と無音なら場内撮影可能です
Dscn1089
松本かつぢは昭和初期から中期にかけての少女漫画家です。このころは竹久夢二や中原淳一なんかの
ヨーロッパナイズされた画家が少女雑誌を飾ってましたが、少女”漫画家”としてはこの松本かつぢがほぼ先駆。
手塚治虫もお気に入りだったようで、自分の作品内に登場させたりしてます。
漫画家としては少女版怪傑ゾロのような作品や、クルミちゃんシリーズ。
Dscn1098 Dscn1102
Dscn1104
Dscn1110
Dscn1112
漫画家として以外にも叙情画家としての美麗なイラスト
Dscn1094 Dscn1096
Dscn1120 Dscn1095
Dscn1127 Dscn1125
子供向け絵本でのいまでいうアニメ塗り(実際にセル画に描いてます)もすでにこなしてたりします
Dscn1129 Dscn1132
Dscn1137 Dscn1138
Dscn1139 Dscn1141
Dscn1142
最後にはグッズ向けのイラスト。食器やおもちゃ、少女雑誌の付録の文具セットなどのイラストを手がけておられます
ちなみに母にこれら写真を見せてみると懐かしいと言ってました。
Dscn1144 Dscn1145
Dscn1148
昭和のカワイイ絵の魁として戦前モダンでリリカルな少女の絵を描き、戦争中も慰問絵葉書として兵隊を癒やしてあげようと
けっしてクルミちゃんに軍服など着せなかった松本かつぢ先生の優しさ、
Katuudi Katudi2
戦後には再びカワイイに戻って絵本などのイラスト専業で後の昭和の少女イラスト、
内藤ルネや田村セツコ、水森亜土たんw後期は松本零士やいがらしゆみことかにつながっていく絵柄を確立した
松本かつぢの先生の優しさを感じました。

161106そうさく畑FINAL

161106そうさく畑FINAL
創作系同人イベントそうさく畑はいまとなってはコミティアと並んで老舗の部類だったが、
主催の武田さんの死去に伴い、
彼を偲んだものたちで最後の畑をやろうじゃないかという追悼イベントの形で実施されたもの。
万難を排して行くつもりだったが、やむを得ない事情で出遅れてしまい、現地についたのは終わる30分ほど前。
行き掛けにみかけたサンボーホール。神戸ではここがそうさく畑のホームグラウンドでした。
Dscn1016
ただし今回の会場は神戸国際展示ホールなんで素通り。
Dscn1022 Dscn1023
Dscn1024 Dscn1025
武田氏を知るものたちによる追悼トークイベントの盛り上がってるところに飛び込んだ形。
トークイベントでもあったのだが、このイベントは武田氏ありきだったので、
残念ながら今後そうさく畑が復活することはありえない、
主催者がなくなっても後継者が引き継いで行われるコミケなどとはかなり性格の違うものだという頷ける意見。
Dscn1033
そういや、東京でも神戸でも、大阪でも(中之島公会堂やOMMで同人イベントやってた時代があったんですよw)
畑には武田さんがいたなあ、と今更ながら思い出す。
大阪駅前第3ビルの宴会ベルト切りも伝説かあwww
ともあれ、このイベントを主催してくれた人に感謝。
今後の創作系イベントはコミティアとコミケット、企業イベントではトレジャーが
受け皿となっていくんだろうなあと、なんか感じ入るものがありました。
そうさく畑にサークル参加していると、スタッフさんからいただいたのがこの瓦せんべい。
思わず懐かしさがこみ上げてきた。(今回は一般参加なので買いましたが)
Dscn1032
また、久々に会えた友人から地元のおいしい菓子パンを頂いた。
翌日の朝食としてありがたくいただきました。
Dscn1035

161018 DVD棚がキタ

161018 DVD棚がキタ
DVDを入れるために棚を買ったんだけど、つくるまでに10日以上かかってしまった。
DVd棚ははもっと早くにきてはいたのだが、作ることができなかったのだ。
実は目の手術をしたお陰でしばらく激しい運動をしないようにという
眼科医の先生からの指導のため、しばらく動くに動けなかったというのが真相。
棚を作るのはかなりの重労働だからなあ。
今回は設置位置が高さ170cmという中途半端さからホームセンターじゃなく、
通販で買ったのでちょっと心配だったが、
部品の不足もなくサクッと2台組み立てて2台横に並べることが出来た。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B007JR5TSK/
Tana0
あとはダンボール6箱を開梱してとっとことっとこDVDを入れていくかんたんかつ重労働が待っていたw
Tana2
乱雑ではあるが、なんとか並べることが出来ました。あとは考えながら整理していくだけだ。
アニメ、洋画、邦画、ドラマ、音楽、どうやって並べっかねえ~と嬉しい悩み。

« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ