« 2016年5月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年6月

2016年6月14日 (火)

160611藤城清治の世界

160611藤城清治の世界
わざわざ奈良まで来たのは、この展示会を知ったから。
藤城清治氏。絵本や童話の表紙でお馴染み影絵アーティストである。また、人形劇やきぐるみ演劇もやっていて、
特に木馬座のケロヨンは彼のキャラクターで一世を風靡した。
Dscn0501 Dscn0500
近鉄奈良駅から、あるいて5分。奈良kん立美術館である。
奈良駅にもイたが、ここにもいたせんとくんw
Dscn0503 Dscn0505
ちなみに内部は撮影禁止です。彼のライフワークである小人、少年、少女、猫を堪能できます。
最初はテレビは白黒だったため、影絵もモノクロでしたが、テレビのカラー化、雑誌のグラビアに伴い
色付きに変わっていったそうです。
近年は原爆ドームや、東日本大震災の被災地にも脚を伸ばし、作品を手がけられてます。そのバイタリティに驚く。
なにせ藤城先生は御年91歳。今でも現役で創作活動を続けられています。
Dscn0512
圧巻なのは大きさ6mにもなる大パノラマ、大大阪パノラマ。実物大の大きさに圧倒されます。
大阪の名所をすべて詰め込んだすごく見てて楽しい作品ですが、
この大作を挙げたあと、倒れるほどの入魂策だったそうです。
Dscn0510
さらにジャンジャン横丁のところ。キン肉マンがw
しかもかなりゆで先生の絵に忠実に描かれていますw
Niku
そんな大業を成し遂げた後も積極的に創作活動に打ち込まれる姿は感動である。
2016年にも奈良ゆかりの釈迦三尊など新作を発表されておられる凄さ。
Dscn0509

160610 8bitMusicPower

8bitMusicPower
80年代のファミコンピコピコ音を現在にあえてやったすばらしいソフト「8bitMusicPower」
私も買ったのですが、そのメイキングや解説のムックが出ました。
Dscn0497
付属のCDはハイブリッドになっており、音楽部分も良いのですが、データ部分には本ムック版用にリミックスした
オリジナル版「8bitMusicPower」を.nesとWindows用動作バイナリの2種類で入れているというお買い得な1冊になっています。
本の内容は製作者インタビューや、宣伝のため「ゲームラボ」に載せたイラストなど薄いわりに内容の濃い本になってます。
感動したのはソフト中にある名画の美術館が収録されてることw
Dscn0498 Dscn0499
これは、世界の名画を額縁含めて16*16ドット(額縁抜きだと14*14ドット!)54色で表現したもので、
作ったのは小野浩 氏。
ナムコのアーケードゲーム「マッピー」のキャラデザインをした人です。
あのゲームで小さいキャラのはずなのに明らかに「モナリザ」とわかるドット絵を描いた人、
というとわかるだろうか?
さらに洗練されて、世界中の名画を16ドット化というすごいレベルにまで極めています。
すごい抽象的なのに、元の絵がだいたいわかる。
人間の脳内補完って、すごいw

« 2016年5月 | トップページ | 2016年9月 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ