« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月 3日 (日)

160101初詣

160101初詣
あけましておめでとうございます
今年は、八幡さんにお参りしてきました。前に行った葛飾八幡宮です。
結構、20分近く並んだと思います。けっこう地元では有名な神社みたいです。
八幡とは、応神天皇とその母である神功皇后(朝鮮征伐=白村江の戦い)を祀ってある神社で、
どっちかというと戦勝祈願の神社なんですよね。
そのため、かつては武人が多数戦の勝利を祈願したと言われています。
その証拠の一つが、駒止の石。
Dscn8841
あの源頼朝が戦勝祈願に訪れた際、馬が脚をかけて止まったという(何がありがたいのかよくわからない?)
石が由緒ある者として残されています。
あと、神社なのに寺のような鐘があり、何かを祈ってか皆が順番についていました。
Dscn8846
千本銀杏も、葉は散ってしまってましたが、また夏には青々とした葉をつけることでしょうね。
Dscn8845
並んで冷えてしまった体には、甘酒が温まります。
Dscn8847
おせちじゃないけれど、それっぽいものは作ってみましたがw
流石に、雑煮をたべる気にはなれなかったので、野菜と肉でガッツリと元日からソース焼きそばを作りました
Dscn8850_2
野菜のセットがあるのでこれを使って先に肉を炒めて火が通ったら野菜をぶち込む。野菜に火が通ったら、
Dscn8851
焼きそば麺と水を入れてほぐしていく。水気がなくなりかけたら
粉ソースと、ウスターソースどばどばかけて
縁日みたいなジャンクなソース焼きそばの出来上がりw
Dscn8852 Dscn8854
ジャンクな焼きそばにはジャンクなコーラがよく似合う。
Dscn8855_3

151231永谷園のお茶漬け海苔

151231永谷園のお茶漬け海苔
永谷園のお茶漬け海苔には昔、おまけが入っていた。というのはある程度の年齢を超えた人なら知っていることだとおもいます
そのおまけというのはお茶漬にふさわしく、浮世絵のトレカだった。
歌川広重の東海道五十三次を始めとして富嶽三十六景や江戸百景、
なぜか世界の名画などがトレカとなっておまけで入っていたのだ。
当然集めるとなると相当の根気が問われる。しかも、20枚集めて応募すれば東海道五十三次をまとめたセットが貰えるのだ!
ただ、お茶漬けってティッシュみたいにばんばん消費するものじゃないから、そんなにかわないんだよなあw
けっきょくコンプできずにすてたりなくなったりしてしまった・・・
なんで今頃こんな昔話したかというと、
Amazonで売っていたからw
見つけた時は驚いた。そしてすかさず注文してしまった。希少価値はあまりないらしいが、このワクワクは捨てがたい。
箱絵からして江戸情緒たっぷりw
Naga01
裏にはきちんと永谷園の文字が。
Naga02
最初はもちろん日本橋。カードの印刷とはいえ、広重は素敵だ。
Naga03
詳しくはまぼろし小学校などの著書で有名な串間努さんのサイトを参照いただければ幸いである。
正直、20枚応募してセットが貰えることはすっかり忘れていたw

151231PCWAVEを忘れた大人たち

151231PCWAVEを忘れた大人たち
  
パソコンといえば今はWindowsマシンとMacが主流ですが、かつては
MS-DOSマシンPC-9801がほぼナンバーワンだった時代が有りました。
これも、Windows95の登場により、Windowsファミリーに取り込まれてしまうわけですが、
このPC-9801 から Windowsの流れの間にミッシングリンクがありました。
  
PC-9801ー ( ) ー Windows
それがDOS/V。いまはパソコンパーツショップの名前にその名を残すのみとなっていますが。
一時期はPC-9801に近づく勢いのものでした。
DOS/Vの正体はPC-DOSVER,5.0/V というMS-DOSの日本語改良版です。
/Vの意味ははVGA、640*480ドットの画面を基本に作られたためです
中身的には、2MB程度の漢字ファイルと本体メモリに常駐するディスプレイドライバ(これがVGA専用)
を組み込むだけでした。なぜこれがすごかったのか。
日本語表示には過去のPCでは追加ハードが必要な物が多かったのです。
本家IBMでさえも漢字ROMボードを搭載した機種を売っていたくらい。
それをソフトで全部まかない、海外で現地向けに売られている
珍妙奇天烈なマシンでさえもソフトで何とかして日本語ソフトが走る様になったのがDOS/Vの真髄でした。
この時代、ちょうどDOS/Vが発売されたのが1991年ごろ(当時はDOS4.0/Vでした)、
まだまだPC-9801の市場が揺るぎないものだった頃です。
4.0はほとんど支持されず、本気出してきたのはツギバージョンの5.0/Vから。
余談ですが、DOS/Vを開発した日本IBM大和研究所の技術陣は、
IBM機専用でーすと言っておきながらこっそり台湾や香港で買ってきたIBM互換機を持ち込んで
動作テストを頻繁に行っていたそうです。ソフト単体で販売するから、
少しでも多くの機種で動かしたいという隠れた野望が有りました
さて、これは発売されると爆発的ブームになりました。
なぜかというと、PC-9801の同タイプマシンより10万円安く自作したマシンや海外から
買ってきたマシンにそのまま入れて日本語ソフトを動かすことが出来たのですから。
当時、DOS/Vの脅威に対抗スべく、テキストのスクロールを魅せつけて「速さは力」という
DISりキャンペーンをNECが行ったことからもわかります。
これに対してIBMは「」というコピーで返答したというw
この時代、1992~1995年くらいの3年間、DOS/Vの黄金時代が有りました。
と、ここまでが前フリ。
このDOS/V時代にPC-9801にない世界を求めてDOS/Vの世界に飛び込んだ人たちがいました。
後に廃人(HIGH-JIN)と呼ばれる方々です。
モンスターマシンを自作する人、後のオーバークロッカーです
パームマシンを買い求め、手のひらでデスクトップと同じソフトを動かすことに執心したひと、後のPDA、スマホ、パームトップ民
重いノートPCを持ち歩き、カードモデムやPHSでパソコン通信をどこでもやろうとしたモバイラー、後のスタバ民w
当時、それらの情報交換や海外情報の窓口となった雑誌たちもありました。
ソフトバンクのDOS/Vマガジン、現在も観光されているインプレスのDOS/VPOWERREPORT、そして今回の本題、PCWAVEなのですwww
Dscn8805
秋葉原BEEPでは一冊200円とカス扱いサれている雑誌ですが、どうしてどうして侮れない。
当時のDOS/Vブームと寄ってくる廃人達。とうぜん、ベーマガのような雑誌とはカラーが著しく異なってくる。
海外のゲームやシェアウェアの購入方法、当時Amazonなかったからそうとうくろうしたことでしょうねw
インターネット前夜のパソコン通信事情、当時はnifty-serve(いまの@niftyとは経営が一緒というだけの別物です)や
PC-VAN(いまのBIGLOBEの前進。当然経営母体以外関係ない)、
といったテキスト中心の掲示板サービスとメール、チャットがSNS的に行われていた。
これらの掲示板やライブラリを介してフリーソフトやデータのアップロード、ダウロードが行われていた。
いまの窓の杜やvectorみたいな役割も担っていたわけだ。
逆にこれらの機能を個人で、低価格あるいは無料でできるようになったインターネット時代がいかにすごかったことか。
そして本文は、クセのあるライターたちが書きまくったテキストの数々。
自分の得意分野、モバイルやパームトップ、香港台湾の妖しい物の情報などを癖たっぷりに書きまくってました。
Dscn8807
当時100LXは知ってる人はそんなおおくなかったです。ヒット作200LXですら知ってる人少なかったのにw
Dscn8809Dscn8814
1996年にはもうエミュレーターを特集しています。Executer(MS-DOSでMachintoshをエミュレートするむちゃくちゃなソフト)
当時少しづつ出始めてた8ビットパソコンやゲーム機のエミュレータなど。しかも付録CD-ROMにApple2のゲームROM収録とか
当時でもかなりやばいことをやってました
Dscn8815 Dscn8816
CHRPというのは
PowerpcというRISC系CPUに何でもやらせようと言うプロジェクトでIBMの旗振りにいろんなメーカーが
賛同して出来たものでしたマイクロソフトも参加して、このCPUで動くWindowsNT(ハイエンドと位置づけられていた)や
IBMAIX(IBM製UNIX。けっこう長いあいだメインフレーム向け端末としても使われていた)などUNIX系も多数移植され、
理想の統一プラットホームをwintelに先駆けるものでした。
が、
その後、このプロジェクトは頓挫し、WindowsNTは早々に撤退
(DECのワークステーション向けなどにちょびっと提供されただけ)
他のメーカーも離れていき、結局残ったのはIBM(AIX)とAPPLE(Powermac)だけでした。
その後、任天堂のゲーム機やNASなどの専用機に採用されて
最近まで生き残ってたのはしぶといというか転んでもただでは起きないというかw
Dscn8817
なかにはその独特の味のある文章を単行本化されたものも有りました。
はっきり言って当時を知る人が読んだら爆笑なのですが、
知らない人が見ると何が面白いのかさっぱりわからないだろうこと必至w
アストロビスタ氏著の2冊です。
Dscn8806
ほんとうはゼロハリ氏と波多利郎氏のモバイル系記事もまとめて読みたかった・・・
いまはWEBで一部読めるのみ
ただこのPCWAVE誌、無茶しすぎたのか目に見えて広告がなくなっていき、最終1999年4月号よりによって、Openlinux上で動くDR-DOS(MS-DOS互換DOS)エミュレーターの特集をもって、
Dscn8813 Dscn8812_2
とうとう編集部が夜逃げして終わってしまいましたwww
    
だから、最終号にも次号予告が入っているというwww
  
過去、廃刊理由が”編集部夜逃げ”というPC雑誌は後にも先にもこれだけであるw
ライターも原稿料とりっぱぐれて災難、読者も楽しみにしてたのを反故にされ残念至極
誰も得していないという最悪の結果。しかもベーマガみたいな幸せな復刊は間違ってもありえない。
    
DOS/V時代を皆が忘れているのはひょっとしてこれら負の記憶を消そうと言う脳内の働きのせいだろうか?!w

151231コミケ89

151231コミケ89
今年は比較的温暖な日が続いたおかげで、 現地は熱気に小春日和ならぬ小夏日和でした。
そんななか、レトロPC、レトロゲークラスタの同人誌を求めてきました。
こんな感じ。
Dscn8864_2

Dscn8862
Dscn8857 Dscn8858
Dscn8859 Dscn8860
で終わっちゃうので別に温めてたネタを。つづく。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »