« メカニックデザイナー大河原邦男展 | トップページ | パチスーファミ(その2) »

2015年8月30日 (日)

パチスーファミ(その1)

パチスーファミ
以前、友人とアキバへ行った時、たまたまこれが売っていた。ちょっと前はは品薄で14000円位の高値だったが、
円高時代と同じくらいの値段に戻っていたのでねたになるかもと思って買ってみた。
ちなみにお値段7980円。
Sfc01
ポケファミDXと書いてあるがファミコン互換機ではなく、
ボタンで分かる通りスーファミの互換機です、誤解ないよう。
 
箱を開けると、意外としっかりしている。充電器兼ACアダプター、AV出力ケーブル、1/2コントローラ用接続ケーブル、
そして液晶保護シートまで付いている至れり尽くせり感w
Sfc02
パチファミ機にありがちな安っぽさはあまり感じられない。
バッテリーは内臓のリチウムイオンで、交換はできるみたいだが電池は修理で交換になるっぽい。
液晶は期待するなと説明書きにも書いてあるのだが、真ん中上辺りに青の常時点灯ドット発見・・・あーあorz
Sfc05
まあ、パチファミの液晶にシャープ並みの不良率を求めるほうが間違ってるのはわかってるんだけどねw
 
一般的なゲームとして初期の傑作エリア88、
後期の傑作&特殊チップ対応してるかのテストとしてスターフォックスを
試してみたが、結果はどっちも問題なく動いた。
Sfc03 Sfc06
よっぽどマイナー&特殊チップ内蔵でもけっこう動くようだ。
センサー内蔵とかは試してないが、行けるかもしれない。
 
あと、周辺機器(マウスとか)についてはまだ未検証です。
スコープ(光線銃)はブラウン管じゃないから使えないのはなんとなくわかりますがw
*AVケーブルでブラウン管テレビにつなげれば可能かもしれない。

« メカニックデザイナー大河原邦男展 | トップページ | パチスーファミ(その2) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3852/62182173

この記事へのトラックバック一覧です: パチスーファミ(その1):

« メカニックデザイナー大河原邦男展 | トップページ | パチスーファミ(その2) »