« 久々に読み応えのある長編小説に出会った | トップページ | 生命大躍進 »

2015年6月28日 (日)

この世には頭が悪くならないと見ちゃいけないものがあるらしい

この世には頭が悪くならないと見ちゃいけないものがあるらしい
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」言わずと知れたあのマッドマックスシリーズのおよそ30年ぶりの続編。
相変わらず40年近く世紀末な世界。いつものように強盗と暴力が挨拶代わりのこの世界で
いつものようにマックスはとっ捕まって奴隷にされるwww毎回毎回奴隷にされるなあw
なんだかんだで、逃亡する女の用心棒をやるハメになるマックスだったが・・・という今作、
え?マッドマックス2、3とおんなじだって?

ああ、かわらんなwwwこれにストーリー性を求めてもしゃあない。
けど、主役が変わったのに伴いアクションと、世紀末度ははるかにパワーアップ!しかも
今作の敵役いモータンジョーの役者は1作目の悪役と同じ役者さんが30年ぶりにご出演というサプライズ!
なにも考えずに(映画の中で)破壊と爆走を楽しもう!!
というわけでシネコンで見てきました。
映画館はガラガラですた。デート映画、ファミリー映画には圧倒的に向かないからなあwww
感想は一言、すっごい頭悪い言葉で書かせてもらう。
いやめっちゃ、豪快、痛快、暴力三昧!女つえええええ!ババア戦士かっこ良すぎ!マックス意外と情けねーw
そして、世紀末カーさいっこう!!げんしてきな興奮がポンポン温泉みたいに湧いてくるわあー!
おやじは初めて西部劇(たぶん駅馬車かシェーン)を見た時にすごい興奮したと言ってたが
おそらくこういう高揚感があったんだろうなあ。
ってかマッドマックスのパターンて基本「駅馬車」だからw
さらにおもしろいのがこのパンフレット。
Dscn7461
途中で1作~3作を振り返るマッドマックス大百科(ケイブンシャじゃないけどw)が入ってるぞ。
Dscn7462
さらに、あのマッドマックス2の「ヒャッハー」こと
モヒカンの”あのひと”インタビューや元祖世紀末バイオレンスジャック
永井豪先生のイラストまで入ってるという超豪華構成。
Dscn7463 Dscn7464
これだけで君もマッドマックス世紀末博士(そんな博士いらないw)だ!
ちなみにいままでこの映画を見たバカ野郎ども(褒め言葉)の感想はここに。

« 久々に読み応えのある長編小説に出会った | トップページ | 生命大躍進 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3852/61807735

この記事へのトラックバック一覧です: この世には頭が悪くならないと見ちゃいけないものがあるらしい:

« 久々に読み応えのある長編小説に出会った | トップページ | 生命大躍進 »