« 手塚先生の「おしり」は洋なし型 | トップページ | 筑前煮の野菜で根菜カレーを作る »

2014年11月17日 (月)

bicsimにのりかえ

ドコモMVNOがけっこう盛り上がってる。
ビックカメラで売っているBICSIMはIijmioのMVNOだが、
確かにパケット上限2GBであっても月900円なら年間で
12000円割るわけで、月6000円近いスマホプランの高さと比べると圧倒的に安い。
しかもパケット2GB使いきっても200kbpsで通信を継続できる。
うちには幸い、ドコモのLTE対応WIFIルーターL-09Cがあるので
設定さえすればLTEもそのまま使える。
今回はWIFIルータでネットだけで使うので、データのみ、SMSなしの最も安いものにした。
SIMサイズはフル、マイクロ、ナノの3サイズから選択可能だ。
ビックカメラで買ってきたBICSIM。お値段は3000円。
Pic010 Pic011
まず、iijmioのWebサイトから加入手続きを行う。
クレカがあれば設定はスムーズに行く。
Pic001 Pic002
Pic003 Pic004
登録が終わると、自分宛にメールが来るのでメールで着た
認証コードを入力して登録は完了する。
これが終われば、次はL-09C側の設定を行う。
前のSIMを抜いて、新しいSIMをアダプターにはめて登録する。
(本当はこういうアダプターにはめて使うのはよくないのだが
買ったのがnanoSIMだったので仕方ないのだ。L-09Cは標準SIMスロットである。)
Pic012 Pic013
ツールかWebブラウザーでルーターにアクセスし、
ログオンしてから設定プロファイルを新規作成、アクティブ化する。
Pic005
最初アクセスできずに戸惑ったが、PC側の無線LAN接続をL-09Cにしてなかったためだった。
意外とつまらないところに落とし穴があるw
ともあれ、これで、格安の無線LAN環境が使えるようになりました。

« 手塚先生の「おしり」は洋なし型 | トップページ | 筑前煮の野菜で根菜カレーを作る »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3852/60669986

この記事へのトラックバック一覧です: bicsimにのりかえ:

« 手塚先生の「おしり」は洋なし型 | トップページ | 筑前煮の野菜で根菜カレーを作る »