« HDMIアダプター | トップページ | SF/武蔵野芦花公園 »

2014年8月13日 (水)

あれは・・・いいものだ・・・

Dscn5193 Dscn5196
天保山の大阪文化館(旧サントリーミュージアム)でやっているTHE ART OF GUNDAMにいってきました。
まず最初にいったのは、トイレ。
みるとなんと女性用がセイラさん、男性用がシャアのシルエットにw
Dscn5197 Dscn5198
中もネタ満載。なにせ入り口に「トイレのネタ撮影は利用者のじゃまにならないようにね」と注意書きがあるくらい
いきなり手洗い場にマ・クベの「いいもの」が!w
Dscn5199 Dscn5206
さらに小便器の上にはシャアのありがたい忠告が!www
Dscn5200 Dscn5201
Dscn5202 Dscn5205
最近のサブカル系展覧会はなにかとテーマパークのアトラクション的な物が多いのですが、
これも例に漏れず最初にありました。
ガンダム本編の最初の山場、大気圏突入のシーケンスを体験するアトラクションがあります。
ブライトさんが吠え、ミライさんが操舵を握り、
アムロが愚痴言ってセイラさんがなだめるw
大音響とCGによる迫力のモビルスーツ戦。ちょっとゲームっぽいけどw
これで気分的に盛り上がったあと、いよいよ本体の展示へ。
貴重な「機動戦団ガンボイ」時代の企画資料、
幻のキャラ八条志摩を拝めます。
最初ジオン軍は「ジオン帝国軍」としてガミラスみたいな宇宙人の軍隊だったとか。
だからドズルやギレンはちょっと人間離れした顔だったのね、と。
中村光毅による美術資料(背景)ですが、B5くらいの小さな紙に描かれててびっくり。
背景美術ってこんな小さい画面だったのかと驚きです。
モビルスーツのデザイン案とかも見られました。
神戸の大河原邦男展でも見たものがちらほらありました。初期ドムとか動力パイプ多すぎw
そして、まるまる1フロア、安彦良和の原画で埋められた部屋が!もう、うますぎて昇天しそうでしたw
アニメの原画というのはそれこそ、30分の間に数十~数百枚描くわけで(当然動画はその10倍以上描く)、
その1枚1枚が鉛筆のしっかりした線で、力強く、しかも安彦絵で!こんな眼福、こんなうれしいことはないwww
これだけうまい絵のシャワー浴びてしまうと自分も絵ががうまくなりそうな気がするわ。
気分はまるで浅草寺の線香の煙w
最後は新作「Gのレコンギスタ」の宣伝映像で終わりました。
やっぱり何がすごいて安彦良和の膨大な原画。コレ見るだけに行く価値あります。
ミュージアムショップで図録も買ってしまいました。
最近、いい展覧会ありすぎておもわず図録買って置く場所に困るわ、マジでw
ちなみにこの「THE ART OF GUNDAM」2015年には東京でも開催するそうです。
関東の人は行く時にはトイレからチェックしてくださいねw
Pic001 Pic002

« HDMIアダプター | トップページ | SF/武蔵野芦花公園 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3852/60146077

この記事へのトラックバック一覧です: あれは・・・いいものだ・・・:

« HDMIアダプター | トップページ | SF/武蔵野芦花公園 »