« ubuntuoneサービス終了のお知らせ | トップページ | 自作機組み換え »

2014年5月 6日 (火)

1万円切ったLTEルータ

モバイルルータもけっこう出ては来たものの、結構値段がするものである。
だいたい、安くても25000円くらいはする。
スマホでテザリングするのもいいが、それだと電池のヘリと発熱が半端ない。
しかし、最近、DOCOMOのLTEルータが格安で出回っているときき、アキバで見てきた。
DOCOMO L09-C だ。
確かに、xi(LTE)対応で9980円という格安。
しかも大容量バッテリー積んでるので長時間駆動する。
アマゾンでも結構安い。
もちろんDOCOMOキャリアの縛りはあるのだが、たいていのMVMO格安simはDOCOMOキャリアなので
そのまま使えるし、海外で使うなどどうしてもSIMフリーにしたければ
ドコモショップに持っていけば3800円位でSIMFREE化もしてもらえる。
Pic000 Pic001
今使っているb-mobileWIFI-3は親戚の子にあげるつもりだったので、自分用に購入しました。
注意しないといけないのは、この機種は今時珍しいフルSIM対応機だ。マイクロでもナノでもなく。
もし、マイクロやナノsimを使う場合はショップで売ってるSIMアダプター(通称ゲタ)を履かせて使います。
ちなみにゲタの値段は、イオシスで380円くらいでした。
Pic002
マイクロUSBケーブルをさしてPCに接続すると、最初にドライバのインストール実行を促されますので
実行させると、ドライバとアクセスショートカットを作成します。デスクトップにL-09型のアイコンができるので
これをクリックすると本体設定が出来る・・・と思ったのだが出来ない。
じつはUSBケーブルだけでは設定できないので、
同時に無線LANでDOCOMOL09-Cに接続してコネクションを取っておく必要がある
これがわからなくてハマったその一w
で、アイコンをクリックするとデフォルトブラウザの
http://192.168.2.1/につながって設定にログオンできるようになります。
パスワードを入れて設定画面へ。
デフォルトでは、moperaに接続するようにプロファイルが設定されているので、
新規に使っているsimのAPN設定を作ってやる必要があります。
これがわからなくてハマったその二w
APN設定方法はこれを参考にするといいです。お陰で助かりました。
APN設定を新規プロファイルで設定後、
Current profileを新規作成したプロファイルに設定しなおして
applyをクリックすると、強制的にログアウトしてルーターが再起動されます。
これでこのルーターは格安simに調整完了。
ドコモLTEを格安でカジュアルに使えます。
ちなみに端末が設定するパスフレーズのデフォルトは
本体の電池が入るところにかかれているので、予めメモるなり、
デジカメで撮影するなりして残しておきましょう。
ちなみにこのルーター、マイクロSDスロットもありますが、
これは単にUSBケーブルでつないでカードリーダの代わりになるだけで、
無線ファイルサーバになるとかではないので勘違いしないようにして下さい。

« ubuntuoneサービス終了のお知らせ | トップページ | 自作機組み換え »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3852/59597372

この記事へのトラックバック一覧です: 1万円切ったLTEルータ:

« ubuntuoneサービス終了のお知らせ | トップページ | 自作機組み換え »