« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月23日 (日)

鯨に感謝

先日、秋葉原駅構内にて東北の名産直売をやっていた。
震災で最も大きい被害を受けた石巻市の缶詰工場がやっと
再稼働し、名産の鯖や鰯、さんま、鯨の缶詰を
売り出している。興が乗って、鯨と鯖みそを買わせてもらった。
Pic001
Pic002
Pic004
鯨の大和煮は醤油と味醂で炊いた鯨肉。
正直、ミンクの赤身なので肉そのものはめちゃくちゃ美味いわけじゃないんだけど、
甘辛な肉の風味がご飯に合う。
この牛肉とも豚肉とも違う独特の歯ごたえは記憶に残る味だ。
それに鯨肉は脂肪の質がいいので太りにくいです。
昔、下関で食った鯨カツカレーが恋しくなりましたw

2014年3月18日 (火)

サヴカルの聖地・・・?

サブカルの聖地と言われ、実際多くの人が訪れる中野。
15日、その中野ブロードウェイにいってみました。
地下一階、地上4階のビルの中に沢山のmせが入ってます
おもしろいことに建物の中なんですがまるでアーケードのように縦長。
左右にわかれた通路にそれぞれ両側に店があるような構造になってます。
ブロードウェイの名はこの通りを挟む形状から来てるようです。
Pic002
1階はファッション、ちょっとゲームや
カードショップがあるといった感じでさほどディープといった感じは見られないんですが、
地下1階に降りると、なんと魚屋や肉屋、乾物屋、
菓子屋があり、さながら昔の公営市場みたいな雰囲気。
サブカルとはあまりにかけ離れた情景にちょと驚いてしまいます。
ちなみにここにあるソフトクリーム屋さん「デイリーチコ」がなかなか個性的。
カップの大きさを指定でき、
さらに小(普通のソフトクリームサイズ)でも、
フレーバーを3種類から選ぶことができる。
例えばバニラ、イチゴ、メロンとか言う風に3層にして3つの味が楽しめるのです。
Pic001
2階に上がるとここからがサブカルたる所以。
コイン切手ショップ、フィギュアショップ、ゲームショップが並んでいる。
他にも3~4階も同じような店が沢山続くがその半数ほどがまんだらけ。
もっと古本屋とか中古レコードとかが多いのかと思ったが、ほとんどが
フィギュア屋で古本屋とか中古レコードは(まんだらけ系入れても)数店舗しかなかったのが
ちょっとがっかり。
上の階で、めずらしい瓶ジュースの自販機を見つけた。
知らない人も多いだろうが、昔の駄菓子屋にはこういう販売機があって、
なかから瓶をとりだし、備え付けの栓抜きで栓を抜いて飲む。
飲んだら瓶は箱に戻すのだが、こういうルールだということを
知らないと持って帰っちゃいそうですね。いまのひとならやりかねないのがwww
しかし瓶の中身だけ売ってるんだから200円は高杉だろう、とも思う。
Pic006 Pic007
他には数店舗コスプレやがあったくらい。
コスプレと言ってもアニメのあれだけじゃなく、”学生服の”コスプレショップ
(いわゆるなんちゃって制服)というのもあってちょっと頭くらっときたwww
Pic011
Pic010
しかし、フィギュアショップも捨てたもんじゃない。ここで格安でこれを手に入れた。
そう、前にミニサイズで買ったバラゴン。それの本来のサイズだ。相場より随分安い3150円。
タグを見たところ、バンダイから出た復刻版だが、当時の雰囲気はしっかり再現されている。
昔持ってたバラゴンはもっと緑色がたくさんあったようなきがするんだが・・・
Pic013Pic015_2

2014年3月15日 (土)

蟹じゃない・・・だと?

スーパーで売っていたかねてつの「ほぼかに。」
確かにほぼ蟹だwカネテツすげー
Pic001
味も食感も蟹そのもの、だけど蟹かま。
カニ酢でくうとほんとうにボイル蟹みたい。
Pic002
これ料亭のこじゃれた器で出されたら気づかないレベルだ。
本当にすごい。
近所でみつけたら是非お試しあれ。

2014年3月12日 (水)

肉抜き肉野菜炒め

本当はお肉大好き、揚げ物大々好きなんだけどw
自分で料理するときはできるだけ肉脂をいれないように食べることを心がけている。
というのも自分の場合脂肪のとりすぎが原因の肥満で、
糖分より脂を抑えるほうがダイエットへの近道だからだ。
今回は安価で買えるもやし炒め。
材料ももやし、しめじ、スイートコーン、
肉は今回カロリーオフシーチキンをつかい、
脂肪量を10g以内に抑える。
Pic004 Pic005_3
最初に、シーチキンをフライパンにあけ、火をかける。
つぎにシーチキンに入っていた脂を使ってもやしとしめじ、スイートコーンを炒める。
Pic007
火が通ってきたら具入りソース「にんにく醤油味」
をいれ、ゆっくり、すばやく、まんべんなく混ぜあわせる。
Pic006
出来上がり
Pic009
食べごたえと満足感がデザートやスイーツを食べたいという気を起こさせない。
ご飯にも合うよw

CPUクーラーについて

CPUクーラーについて
自作において一番実用的かつ個性が出るパーツといえばCPUクーラーだろう。
本来はCPUを冷やすだけのものだが、その方法に様々な工夫が凝らされている。
巨大なファンで冷却して、ヒートパイプで素早く冷却するもの、ファンの冷風を直接与えるもの、
巨大なフィンで熱を出し、音を抑えるもの、
本体付属のリテールファンの出来が年々劣化しているため、
特にゲームで高性能PCを必要としているものほど、
リテールファンは使わず独自にCPUクーラーを買うものが多い。
とくのCoreiのリテールファンは冷えない、うるさいと散々な評価なので、
多少高くても冷却効果の高いCPUファンが必要だ。
今回買ったのはケーブル引き回しを考えてあまり大きくないものを選択。
それでも高さが8cm位ある。マザーボードは地面に垂直に設置するので
背の高いCPUクーラーほど横に飛びでる事になる。
Pic003

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »