« すき焼きで夜食テロ | トップページ | スカイツリーから隅田川、そしてラジオストアの最後まで。 »

2013年11月29日 (金)

土鍋の目止め

100円ショップで買った土鍋にヒビが入っていた。
1年近くだが数回しか使ってないのに・・・
やはり安物買いの銭失いということだろうか。
しっかりしたのを買ったほうがいいだろうということで、
こんどは萬古焼のきちんとした土鍋を購入。
土鍋と言うのは買ってすぐ使える調理器具ではない。
土鍋は陶器であるので、目に見えない無数の孔が開いている。
そのまま使うと汁がしみて鍋が臭くなったり煮汁の色が変わったり
(もちろん中の物は食えない)と悲惨なことになるので最初に目止めという作業を行う必要がある。
目止めとは、簡単に言うと澱粉を見えない孔に染み込ませてコーティングするのである。
やり方は簡単。8分目くらいの水を入れて沸騰させ、
米のとぎ汁や小麦粉、片栗粉を少量入れて
5~10分(大きな土鍋は10~20分)炊き続ける。
*目止めで粉を入れる場合は予め水で溶かしておくこと。
 でないとダマになります(やっちったw)
Pic01_2
火を止めてしばらく放置。土鍋が完全に冷めたら中を洗って乾かす。
Pic02
この準備を経て、初めて土鍋は料理に使えるようになります。
さあて、水炊き、おでん、鍋焼きうどん。湯豆腐。どうしましょか?

« すき焼きで夜食テロ | トップページ | スカイツリーから隅田川、そしてラジオストアの最後まで。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3852/58664402

この記事へのトラックバック一覧です: 土鍋の目止め:

« すき焼きで夜食テロ | トップページ | スカイツリーから隅田川、そしてラジオストアの最後まで。 »