2019年5月 6日 (月)

190502 令和の御代

190502 令和の御代
いつも見上げる通天閣に令和の文字が!
通天閣リニューアルの際、アナログ時計がLED表示に変わり風情がないなと
がっかりしていたのですが、
この表示を見るとデジタル化しててよかったという気持ちになりますw
Img_4569

190427平成ネット史展

190427平成ネット史展
平成は固定電話・パソコン通信→インターネット→携帯電話→スマホといった通信革命が起こった年代でもありました。
その平成のパソコン、ネットを振り返る展示会が大阪のNHKで行われました。
Img_4468 Img_4478 Img_4479
ほぼ50代~20代の層がなつかしーとか言い合ってましたw
Img_4562 Img_4480 Img_4481 Img_4484 Img_4485 Img_4487 Img_4489 Img_4490 Img_4491 Img_4492 Img_4492 Img_4493 Img_4496 Img_4495 Img_4501 Img_4502 Img_4503  
背面の「掲示板」にはまさにカキコ、記念パピコが多数。
Img_4529 Img_4536 Img_4535 Img_4531 Img_4530 Img_4534 Img_4533 Img_4532 Img_4471 Img_4472
さっきまでトークショーを行ってたセットは今年初頭に放送されたテレビ番組
「平成ネット史(仮)」の放送セットを真似て作ってあります。
Img_4504 Img_4560 Img_4524 Img_4520 
流石に後ろの本棚は書き割りですが、90年台に一斉を風靡したガジェットが並んでいます。
Img_4542 Img_4543 Img_4540 Img_4539 Img_4545 Img_4541 Img_4556 Img_4548 Img_4546 Img_4547 Img_4552 Img_4550 Img_4553 Img_4551 Img_4555 Img_4554 Img_4557 Img_4558 Img_4559
         

190426 四天王寺古書まつり

190426 四天王寺古書まつり
4月と10月のお楽しみ、四天王寺の青空古書市に行ってきました。
藤棚もフジが咲き始めてきれいです。
Img_4445 Img_4444
今年は元号が変わったためと、3年後の令和4年にはには聖徳太子生誕1200年祭が
催されるということで四天王寺も盛り上がっています。
なんたって四天王寺を建立した聖徳太子は天皇家の親戚ですからw
聖徳太子御絵伝も御開帳されてました。お坊さんの聖徳太子国際人伝説を聞いて素直に感動。(話うまいんですよ、まじでw)
Img_4448 Img_4449 Img_4452 Img_4455 Img_4457 Img_4456
今年は特別に10連休なので10日連続開催で5月5日まで実施されます。



今回の授かりもの(仏のお膝元で戦利品とはいいづらいw)は
Img_4458
・ゼネプロの絵葉書(東大阪にあったころか?)DAICONIVかな?
開けるのがもったいないので中を検証できませんw
Img_4464
・アニメージュの付録、とんがり帽子のメモル紙芝居
 残念ながら名倉さんの絵ではありませんが美麗な絵とストーリーが31枚
Img_4463
・アニメージュ付録 大河原邦男デザインノート
 前に手に入れたスタジオぬえデザインノートと対になるものです
Img_4460
・アニメビデオハンドブック
 1984年のOVAカタログ。まだそれほど数がないため薄くて済んでます
Img_4461
・プラモ広報誌
 模型情報やタミヤニュースみたいな模型会社の広報誌。マクロスの後なので、モスピーダ推してますね。
Img_4462
・雑誌ログイン
 80年台のパソコンゲーム雑誌で今のファミ通の母体になりました。
Img_4465
・雑誌EYECON、PDAマガジン
 90年台初頭のPDA関連雑誌。資料として購入。

・ジャックと豆のつるーイギリス民話集
小学生の頃夢中になって読んでいた昔話の本です。これは1995年再販されたものですが
非常に状態がよく黄ばみも全くなし。新品同様です。


190420 となりの若奥さん

190420 となりの若奥さん
モモモグラ、今回は18禁の展示「漫画ローレンス展」でした。

Img_4420
コンビニや書店雑誌だなの片隅にある劇画雑誌です。まるで1970年代から生きた化石みたいにその姿を変えていない
謎な雑誌。エロ本という言葉がこれくらい似合う雑誌はもうこれくらいだ。
自販機に入ってたり、河原に捨てられてるあの「エロ本」をそのまんま形にしたといっても過言ではないw
原稿にネーム(セリフ)がやたら多く、むちゃくちゃな言葉を連発するのが宇宙人とのコミュニケーションみたいだ。
吉田昭夫先生による表紙絵は一見エアブラシかと思いきや、オール筆による手塗り。
すごいテクニック。CG世代の人も一見の価値あり。
Img_4422 Img_4424 Img_4425 Img_4427 Img_4428 Img_4433 Img_4434 Img_4435
そして、今でも時代劇ポルノを多数手がけるエロ劇画界の重鎮ケン月影先生の生原稿の美麗さ。
「戦国エロ漫画」とかこの人しか描けない。別の撮影禁止原画ではありましたが、
特に馬の描写がしっかりしてる、さすがだ。
Img_4429 
今の美少女漫画家の大半はしっかりした骨格、肉体の馬が描けないので(せいぜいバストアップまで)、
このジャンル自体ができないのですw
ファンタジーものでは定番な気がするのですが>馬上の騎士を描いたラノベ
ラノベの定番「姫騎士なんちゃら」でも姫騎士が肝心の馬あんまり乗ってねーしw

190413 平成最後の通り抜け

190413 平成最後の通り抜け
造幣局の通り抜けに行ってきました。
今年は平成最後とあって人手が多いですが、いつもより2週間は早いためまだ満開じゃない花も多かったです
(例年は4月第3週くらいに公開)たぶん、前倒しして令和元年のコイン製造に入るためだろうとおもわれますw
Img_4199 Img_4200 Img_4207 Img_4209 Img_4210 Img_4217 Img_4221 Img_4231_1 Img_4243_1 Img_4250 Img_4253 Img_4252 Img_4254 Img_4255 Img_4258 Img_4265

通り抜けは天満橋川から森町がわへの一方通行で、引き返すことはできません。
だからそのまま南森町方向へあるきます。当然、天神さんこと大阪天満宮をとおります。
めずらしいことに芸人がいました。猿回し。
Img_4269 
おさるが見事なジャンプを披露してくれました。
Img_4267 Img_4317 Img_4318 Img_4319 Img_4324 Img_4326
天神さんの門の近くに喫茶店がありましたが、ネコが邪魔をしていました。
一匹は中へ入りたいのかじっと見ていますw
もう一匹は…なめくじ?w
Img_4336 Img_4327 Img_4328

190407 BANANAFISH展+茶臼山+ザリガニ

190407 BANANAFISH展+茶臼山+ザリガニ
天王寺あべの近鉄百貨店にてアニメBANANAFISHの原画展を開催していた。
待望のアニメ化で女性に絶賛された作品だが、1980年台からの作品ということもあり、
原作初期からのオールドファンからアニメからハマったと思しきティーンエイジャーまで幅広い年齢層の”女性”ファン多数。
貸出される音声ガイドはアニメの主演声優二人によるガイド、とあってすでに払底状態w
アニメの名場面を模して再現したセットと、アニメ原画(こっちは撮影禁止)で構成されていました。
最後のグッズ物販コーナーはこれまた大盛況。山程かかえて買い物する女子が行列でした。
Img_4132 Img_4119 Img_4120 Img_4122 Img_4121 Img_4123 Img_4128 Img_4130 Img_4134
時間があったのでてんしば(旧天王寺公園)から茶臼山、新世界へ
ちょうど桜の花盛りでかぞくづれ多数です
Img_4139 Img_4140Img_4148Img_4150Img_4163

新世界ではレトロゲーセンザリガニへ。
ここはいまではお目にかかれない名作ゲーム筐体を多数おいており、
レトロゲームファンやヲタな日本観光客の新たなる聖地になりつつありますw
Img_4185 Img_4186Img_4187 新世界から恵美須町モモモグラへ。
ファンタジー展をやってます。アニメ化が決定した空挺ドラゴンズや、WEB漫画で人気の王様ランキングなど。
特に後者は児童漫画みたいな絵柄で敬遠していましたが読んでみてびっくり。子供の成長物語であると同時に大人の物語でもありました。
この作品を知っただけでも価値がありました。
Img_4188 Img_4189 Img_4191

190402 缶バッジを冷蔵庫マグネットに改造

190402 缶バッジを冷蔵庫マグネットに改造
最近、イベントでがちゃがちゃを回したりして缶バッジを大量に手にすることが多い、
が、あまり缶バッジをアクセサリとして身につけることがない。
バッジ自体はいいデザインのものが多いので眺めて楽しみたいのだが、
身につけるのはちょっと…おっさんだしw
Img_3903
ふと見ると冷蔵庫には様々な掲示や回覧を貼り付けているマグネットがあるが、どれも単調で見栄えしない。
そうだ、缶バッジの安全ピンをはずして磁石をつければよいのでは?
いがいと厄介なのが安全ピンを外す工程。ニッパーで切って外すのだが、
ピンの先がとがっているためけっこう危険。手元が狂うとぶっさり行きかねないし、
外したあとのピン先も安全に処理しないといけない。
いっそのことエポキシパテとかで埋めてしまってもいいかもしれない。
Img_3904
あとは瞬間接着剤か、強力両面テープで磁石を貼るだけ。
Img_3905Img_3906
冷蔵庫が華やかになるし、実用的です。
 Img_3907
まるで冷蔵庫ぷちイラスト展ができますw

190220利休利休利休、なんでこの秀吉を崇めんのだ!(いらち)

190220利休利休利休、なんでこの秀吉を崇めんのだ!(いらち)
ひさびさに堺旧市街まででてきた。さかい利晶の杜で黄金の茶室が復元されたと効いたからだ。
秀吉の利休に対する最大の”嫌がらせ”wとして知られる黄金の茶室が1Fの奥で再現されている。
きらびやかー!悪趣味ー!www
Img_4240 Img_4242 Img_4241 Img_4244 Img_4243 Img_4245
下はパノラマで180度撮影したものです。
Goldtearooms
堺旧市街にはけっこう1500年くらい前のがいろいろ埋まってるみたいで、マンションの建設現場がときどき
遺跡発掘のため中断することがありますw東大阪や奈良でもよくある話なんですが
Img_4223
地元では大寺さんの名でしられている開口神社。
Img_4231 


190102神事(再掲)

190102神事
神社へ初詣。今日1月2日は弓の神事が奉納される日とあっていつもより多くの人が詰めかけていた。
Img_3559Img_3562Img_3556Img_3557Img_3558Img_3564 Img_3563Img_3567Img_3585
Img_3654 Img_3672  

この弓の神事、弓を射て的に当てるのが目的ではない。
「弓の音で魔を払う」のが目的なので、矢はわざと外したり当てたり、また地面に当てたりもするのだ。
毎年行っている弓師の鍛え抜かれた筋肉がすごい。
動画はこの辺で。
https://youtu.be/iFRIJeBDIKU

190131備忘録

190131備忘録
正月早々、母が予防接種したにもかかわらずインフルエンザを発症。
なんとか病院に飛び込んでタミフルはもらったものの、
熱とだるさと咳の発作で何もできない状況。
この日から実家に泊まり込んで、ほぼ毎日食事の準備と洗濯を行う。

翌週かかりつけ医にいき、あらためて病状をみてもらう。
インフルは治りつつあるが、膿んだ鼻水が鼻腔に残っており、それが喉に入ると発作が起こるのだ。
鼻腔の炎症を抑える薬をもらい、更に翌週再度通院。治り具合を確かめる。

追記:とりあえず一安心だが、5月の今もまだ予断を許さない状態。
まだ洗い物は自分に任せてもらってる。少しでも楽になってもらいたいから。

«181222久正人展

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ