2018年9月18日 (火)

180917天保山にそびえる鉄の城

180917鉄の城
おもえば幼少期の
人格ができるできないのころから強烈に洗礼を受けたのは仮面ライダーとマジンガーZだった。
特に後者はガンダムとともに私のロボット成分の98%を占めるw
小型マシンに乗って空を駆け上がり、
頭部に合体することによって世界を滅ぼすことも救うこともできる力を想いのままにできる。
まさに神にも悪魔にもなれる驚異の力!
************
これに洗脳されてン十年。w
今年初めに発表されてからずっと楽しみにしていた「永井GO展」にいってきました。
https://nagai50ten.com/
************
大阪文化館天保山(旧サントリーミュージアム)が光子力研究所にもみえてくるw
入り口でいきなり巨大な風船マジンガーがお出迎え!
Img_1545Img_1544
Img_1548Img_1549
映画のときに宣伝用に作られた風船看板です。
巨大感がたまらない。
Img_1551Img_1554
チケットを渡すとebookjapanの電子書籍クーポンをもらいました。
永井豪先生のマンガを買えということかw

中では貴重な永井豪先生の原画が多数展示されており、昔コミックスで見たあのシーンこのシーンが蘇ってきます。
なかには獣神ライガーなど比較的最近のもありますが、70年台のまさにダイナミックな筆致が荒削りで大好きです。
バイオレンスジャックやデビルマンの筆ペンでビシバシ描きなぐったような絵は

まさにペンでビシバシ殴られてるかのようにも感じます。乱暴な(バイオレンスな)絵だけど、決して適当や雑じゃない。
ちょうど上手い書家が書いた筆勢のある習字のようなイメージです。

5Fの半分ほどは撮影可能スペースです。今回は少なかったですが、外国人もきたら大喜びして自撮りするだろうスポットです

デビルマンの「悪魔の書」の模型
かぶれる大きさだったら良かったんだけど、壊されるかもw
Img_1555Img_1556

この不動明の笑みは…ハルマゲドンの導入じゃないか!ヤメテー
Img_1560Img_1559

だーれもしらないしられちゃいけーないー♪の有名なデビルマンw
Img_1562Img_1564
Img_1561

こっからはマジンガーのコーナー
Img_1565
富士をバックに立つ等身大マジンガー(およそ1/10くらい?)
Img_1569Img_1577

マジンガーは下からのアオリが一番映える。かっこいいアングルだ。
Img_1579


マジンガーのエネルギー光子力の源であり超合金Zの元、ジャパニウムの模型w
Img_1573

マジンガーZの後継者たる2体、
グレートマジンガーとグレンダイザー。
Img_1570
Img_1572Img_1571
Img_1582Img_1584



ここからはおもちゃ。
マジンガーは超合金という画期的おもちゃの始祖となりました。
なつかしいものから最新の技術で再現されたものまで。
子供にとっては等身大のジャンボマシンダーも、
それから30年経過して作られた超合金魂、DX超合金魂も

ええ年こいてマジンガーにこんなにお金を使うとはなあwww

超合金たち。ほんと欲しくてほしくてなあ。
Img_1589Img_1592

ジャンボマシンダー。当時で1万円超の超高価品でした。
(いまだと3万円以上)これをぽんと買ってやった家は高給取りです。間違いなく。
Img_1587Img_1607


グレンダイザーの超合金は当時でもすごく高くて買ってくれたところが羨ましくて仕方なかった
Img_1597Img_1651Img_1653

私の場合ねだって親戚のおじさんに買ってもらったのが廉価な
ポピニカスペイザー。ボタン押すとスプリングでミニグレンが飛び出すのなw
Img_1601Img_1652

小さい頃なくして、数年前、マンダラケで見つけてかなりな金額で買い戻したんですw
それから堰を切ったようにリボルテック、スパロボ超合金、DCと買いまくってしまった(DC買ったので魂は買わないで済んでるw)
しかし、DX超合金がでたら買わないでいられる自信がないw
Img_1631Img_1635
Img_1609Img_1611Img_1636

Img_1620Img_1612Img_1613
Img_1654

おみやげです。いつもは買わないのだけど、今回は別。図録を買いました。図録なのに別冊付録がついてくるw
中身は永井豪先生の若き日の回想マンガ。石森章太郎先生のアシ時代のはなしで、当時のチーフ先輩が
あの野口竜先生(レッドバロン、サンバルカン、シャリバン、仮面ライダーBLACKなどのデザイナー)だったという。
Img_1656Img_1657
Noguchi
しかもこの別冊、前半で尻切れトンボ。後半は?どうなってるの?別会場で販売するの?!
続きが気になる~!!!
***************
超合金の塊彩色バージョン。
すでに市販されているダイキャスト人形「超合金の塊」の色を塗ったバージョンです。
全長70mmのミニミニサイズながらずっしりとした重量感がいいです。
しかも細密に塗り分けられててクオリティも満足。
こんなにできが良いならグレートも買っときゃよかったかなあ…
ただし転売対策で一人3個まで、しかもチケット半券に押印されますので注意。
Img_1659Img_1661
Img_1675Img_1673
Img_1662 Img_1665_2
Img_1670_2

会場の原画を使った絵葉書。全部で17種類あり、17種のコンプリートセット(化粧箱入り)もあります。
今回はうち10種類をバラで買いました。
Img_1677Img_1678
予算があれば、もっと買ったのに…
会場限定のアニメカラー超合金とか、
先行販売のグレートマジンガーインフィニティverプラモとかほしいのはいっぱいあったんですが…涙
オクやショップで程なく出回るんでしょうが…

2018年9月12日 (水)

180829モウイチドプレイシマスカ?(Y/N)

180829continueもう一度?
京都の城陽でゲームの展示会があるというので行ってきた。京都というよりはむしろ奈良に近いところで、
京田辺より奈良よりだった。
最初大阪から京都経由で遠回りしていってしまったのでえらい時間がかかってしまった。
会場の文化パルク城陽。
図書館にレストランが併設されている。まわりなんにもないので市民の唯一の娯楽の場かもしれない。
Img_1092 Img_1103
会場の歴史民俗資料館。
Img_1111
いきなりXBOXの鉄騎コントローラーw そうか、これが歴史になってるのか。
Img_1115 Img_1116
スタンディング型アーケード筐体。いわゆる駄菓子屋筐体よりはひとまわり大きい
Img_1117 Img_1118
Img_1121 Img_1123
ベクトレックス。日本では光速船の名で知られています。
ベクタースキャンというブラウン管でしか再現できない方式の映像です。
Img_1126
アドベンチャービジョン。はじめてみたゲーム機。ROMカセット交換式の携帯機?にしてはでかいけどw
Img_1127 Img_1128
かつてのFL管ゲーム。今はOLEDや液晶に取って代わられてますが自ら発光するFL管はきれいです。
Img_1129 Img_1131
Img_1133 Img_1134 Img_1137
単色LEDやランプを使った懐かしいもの。サイモンだったっけ?
Img_1135 Img_1136
時計の中にゲームが入ったALBAウォッチマン。当時欲しくてほしくてなあw
Img_1431 Img_1433
家庭用ゲーム機に混じってPC-8201。これビジネス機だけどね。ゲーム機ではなかったようなw
Img_1140 Img_1375
パイオニアのレーザーアクティブゲーム。PalcomとあるのでおそらくMSX用。
アステロンベルトとサンダーストーム、ロードブラスターくらいしか知らなかったが意外と数出てたのな
Img_1141 Img_1386
Img_1387 Img_1446 Img_1388
レトロPCきたこれ。FM-8、FM-7にX68000。なぜかpro。98も初代。
Img_1142 Img_1144
Img_1145
PC-6001にこんにちはマイコンが飾ってあるのがわかってるなあw
RX-78、ゲームパソコンM5、MAXマシーンの実物は久々に見た
Img_1149 Img_1146
Img_1148
コモドールVIC-1001。
Img_1150
コモドール64のカセットソフトだけど、ギャプラスあってびっくり。
あれ8ビットでは再現できないからって国内ではPC-9801での移植だったんだよなあ
Img_1152
Img_1153 Img_1154
テレビテニス。棒でたまを弾くだけなのにすごい画期的な遊びのように思えた。
Img_1155 Img_1156
世界初のTVゲーム機オデッセイ。TVにシートをはって、実際は盤にコマを置いたりチップを賭けるなど
ボードゲームの補助的なゲーム機だったらしい。いわばサイコロやルーレットの代わりに使うような感じだろうか?
Img_1160 Img_1161 Img_1162
初期のTVゲーム。ほぼすべてにポンの派生みたいなものなのかパドル(ボリューム)がついている。
一部レーシングとか、光線銃とかもあった。
Img_1163 Img_1164
Img_1166 Img_1168
ゲーム&ウォッチなど液晶携帯ゲーム。
Img_1171 Img_1172 Img_1173
カシオのゲーム電卓だ!
Img_1174 Img_1176
こちらはTVではないメカゲーム、ボードゲームいわゆるアナログゲームだ。
Img_1180 Img_1183
Img_1185 Img_1190
D&Dも網羅されている。そのくらいゲーム史に革命的だったということか。
Img_1181
漫画キャラのかるたは定番。「ぬ」と「る」の読み札が妙に不自然なんだよなあ
「ぬっとかおだすくも男」「ぬっとかおだすあしゅらだんしゃく」「るーるむしだぜとさまるこうこう」「るーるをまもろうライダーからのおねがい」w
Img_1188
棒でうごかすサッカーゲーム。いまはインテリアになってしまってるw
Img_1201 Img_1202
定番野球盤。
Img_1204
ぱちんこの元になったコリントゲーム。うちの親父も板に釘打って作ったことがあるそうです。
Img_1216 Img_1217

昭和初期に流行った闘球盤。おはじきみたいなゲームらしい。氷上のカーリングやあの滋賀県限定遊戯のカロムにも似ている。
ひょっとするとご先祖なのかもしれない。
Img_1219 Img_1218 Img_1220
アーケードゲーム(NEOGEO)の内部。カードスロットがあるのは業務用かな?
Img_1221 Img_1222
ゲームボーイのROMむき出しなのは開発用。EPROMかEEPROMだと思う。ベータバージョンをいれて動作テストなどしたらしい。
Img_1225 Img_1226
Img_1228
ゲーム雑誌。インターネットが普及してない時代、ゲーム情報は情報誌が頼りだった。LOGINやベーマガ、I/O、ファミ通の発売を心待ちにしてた時代w
Img_1237 Img_1238 Img_1239
ゲームから派生したメディア。攻略本やコミカライズ(漫画化)、アニメ化、キャラグッズなど。
Img_1241_2
難易度シンセサイザー。これはシューティングゲームではなく、敵の出現数、時期の大きさ、たまの数などをリアルタイムに増減させて
プレイヤーの兄妹が最も飽きずに遊べるベストなゲームバランスへ調整するというゲーム?だ
極端に難しすぎるとすぐに飽きるし、極端に簡単でも飽きる。
ゲームが上手い兄と下手くそな妹。その両方が食い付くバランスはなかなか難しいw
Img_1258 Img_1249
Img_1246 Img_1256
Img_1247
Img_1257
Img_1243
VS筐体。エキサイトバイクやスーパーマリオ(アーケード版)など対戦ゲーム用の筐体。通信対戦が実現する前の任天堂の苦肉の策
Img_1259
インベーダーでおなじみテーブル筐体。ここにコーヒーやジュースをおいてインベーダーに興じる「インベーダー喫茶」が流行ったが、
タバコふかしたおっさんばっかりで小学生は怖くていけなかったのでもっぱら駄菓子屋でした。
駄菓子屋にもスタンド筐体だけでなくテーブル筐体もおいて、買った駄菓子食いながらインベーダー見てました(遊ぶほど金なかったw)
Img_1265 Img_1264
別ケースでの展示だったぷよぷよ。
なんとMSX版しかもタケル販売とはw
Img_1272 Img_1288
ファミコン以降の家庭用ゲーム機。現在レトロゲームと言われてるのはほとんどこの世代。
Img_1311 Img_1316 Img_1351
ファミコンの一番右端。改造したハッカーバージョンじゃねーか。
あとで任天堂に意匠権たてに訴えられて販売中止に追い込まれたマシンw
Img_1322 Img_1325
携帯カセット交換式ゲーム機、ゲームポケコン。
全然ポケットサイズじゃない。
本当のポケットサイズ(と言うには無理があるけど)はゲームボーイを待たねばならない
Img_1329
PCエンジンやセガの名機たち。
ツクダのオセロマルチビジョンもセガ互換機(オセロが予め入っている)
Img_1330 Img_1340
最新のミニファミコンも並んでます
Img_1342
レーザーアクティブのタイムギャル。これはメガドライブとつなぐメガLDのもの(結局機種ごとに違うLDソフトがいるのが最大の欠点)
LDプレーヤーは共通なのにゲーム機ユニットとソフトは各機種ごとに買わねばならないという…
Img_1354Img_1355
バーチャルカメラマンは実写ギャルゲーの走り、かな?
Img_1358
マイクロビジョン。オーバーレイとソフトが一体化してるらしい。
オーバーレイがそれぞれソフトの操作パネルを兼ねている珍しい携帯ゲーム機
Img_1363 Img_1364 Img_1365
ATARI2600。刺さってるソフトは伝説のクソゲー「E.T」
Img_1368 Img_1369
スーパーカセットビジョンのレディースセット。
どピンクとはすごい。ソフトも占い系か?
Img_1376 Img_1378
Img_1379 Img_1377
箱のデザインがホント昭和でいいわあw
Img_1410 Img_1412
駅までめっちゃ遠いので、昼食は館内のレストランで頂きます。地元の野菜を使った天丼。
野菜が柔らかくて美味しいです。
Img_3780
帰りは近鉄寺田駅まで歩きます。およそ400m。暑い中へとへとになってたどり着きました。
ここから柏原で乗り換え、なんばまで一直線です。こっちのほうが早かったwww
Img_1465 Img_1470

180825エクストリームホラーって何?

180825エクストリームホラーって何?
モモモグラで開催された「エクストリームホラー3人展」にいってきた。
エクストリームホラー、なんかわかんないが今回の原画をみると何となく分かるかもしれないw
呪みちる先生、黄島点心先生、オガツカヅオ先生の原画を浴びるほど見ることができる。
Img_1049 Img_1051
顔ハメ看板もこのとおりエクストリームw
Img_1054
Img_1057 Img_1055
Img_1056 Img_1058_2
Img_1059_2 Img_1061_2
Img_1064_2 Img_1065
Img_1066_2 Img_1068
Img_1072 Img_1077 Img_1078_2
とにかく”新しい”のだ。
ホラーキングの楳図かずお先生、水木しげる先生、日野日出志先生のような
貸本時代から培ってきたある種伝統のホラーも素晴らしいのだが、それにくらべて
ギャグ?SF?ラブコメ?と言いたくなる、それでいて確かに「ホラー」なのだ。
ネオレトロホラーなる意味不明の惹句がついた崇山祟先生もいれて
これら4人がこのマンガがすごい!に載ったり、どっかで漫画界の新しい話題になるのではないか、
と期待している。

2018年8月15日 (水)

180813神田明神のハイスコアガール

180813神田明神のハイスコアガール
今日は友人との約束でアキバめぐりを計画。
宿が田原町だったので思ったより早く着いてしまった。
早く着いてしまったので神田明神へ。
神田明神では納涼祭が12日で終わってしまっているのだが、
同時開催のシュタインズ・ゲートの関連展示は31日まで行われているとのこと。
300円の奉納を納めて、資料館へ。
資料館は2階、3階とあるのだが、関連展示は2階のみ。
しかもオープンスペース兼休憩所の1Fフォトスペースと、2F展示スペースは撮影が可能です
Img_0889 Img_0891 Img_0892
ただし3階の常設展示は写真撮影不可です。
2階の展示内容はパネル展示と作品内の事物の展示、その解説になってます。
それに加えて貴重な秋葉原の過去の記録の展示、神田祭(日本3大祭の一つです)のジオラマも展示されています。
神田祭のときは秋葉原の中央通りが豪華な神輿の通り道になり、三社祭に匹敵する賑わいを見せます。
Img_0895 Img_0900 Img_0897
Img_0901 Img_0898
Img_0906 Img_0911 Img_0912
Img_0915 Img_0925
Img_0927 Img_0909
Img_0945 Img_0942 Img_0947 Img_0944
Img_0955 Img_0954
Img_0956 Img_0957
Img_0941 Img_0940
Img_0933 Img_0936
まだ時間がある。
秋葉原アトレにいくとアニメ「ハイスコアガール」のコラボでショップが出店していました。
限定グッズの販売や、
協賛店とのキャンペーンで、記念撮影ボードや500円以上の買い物でSDキャラカードのプレゼント、
近所のゲーセン巡りによるスタンプラリーを実施していました。
Hsg2
スタンプラリーでゲーセン巡りをすると、記念品のポストカードがもらえます。
Img_1041 Hsg1
ここでやっと待ち合わせの時間になり、友人と会いました。
やはりちょっとレトロよりになります。
時々ゲリラ豪雨が降る中、BEEPショップや駿河屋で買い物したり、淀で最新モバイルPCをみたりしました。
実に中身が濃い充実したアキバめぐりでした。

180812コミケット94-3日目

180812コミケット94-3日目
雨が降る可能性もあり、不安な気持ちで訪れたビッグサイト。
3日目は男性向け、すなわちエロがおおいため当然参加者の男性比率は高くなる。
それだけでなく、恐らく3日間で一番人出が多いため、厳しい参加になる。
それはいきなりの試練。炎天下の中入場制限の長い行列にならぶ。汗は滝のようにながれ、目がふさがりそうになった。
曇り空だったが時々日が指すと強烈に体力を奪われる。倒れた人は3日目も相当なもんではないのか?とくに待機列の1時間以上はダメージでかかった
地面のタイルの目地がノイズのようにブルブル震えて見えた。やばいやばいと思いながら入場。しばらく休んでから、今回は西→東というコースを移動した。
欲しい本が先に西で確保しないと間に合わないと思ったからだw
・ウラシマモト新刊三冊
 ゲゲゲの鬼太郎6期のお姉さん化した猫娘の本
 日記漫画、炎の転校生のネット配信ビデオ化した話
 アオイホノオとメーテルがごっちゃになってる本w
Img_0838 Img_0839 Img_0840
Img_0837
Img_0836
 
・桜戸町10秒戦争 第5巻
がぁさんのオリジナルSF。時間遅延装置を偶然同時に開発してしまった二人の科学者。
ひとりはテロに使い、もうひとりは人命を救うために使う。
そしてついに邂逅した天才科学者。しかしテロリストは罠を張っていた。
ついにクライマックス、絶体絶命!そしてテロを起こす側が考える彼の正義とは?
小道具の檸檬が意味するものとは?
Img_0828_2 Img_0829
・メガネのねvol,5
小野寺浩二先生によるメガネフェチ本第5弾!
メガネフェチだけでネタをこれだけつくれるとはw
Img_0830 Img_0832 Img_0833
Img_0834
・新世代ゴジラ伝説
ゴジラ対ビオランテで怪獣ビオランテのデザインを手がけた大のゴジラフリーク西川伸司先生による
アニメ版ゴジラ(アニゴジ)論。
Img_0842
・崎陽軒シウマイ弁当食べ方図説3
以前、めしけっとで読んだ既刊の最新刊。インタビューだけでなく、続刊だからこそ可能なアンケート結果も収録。
杏を食べるタイミング、やっぱり最後が多かった。おれもだw
Img_0843 Img_0844
・呉の世界の片隅に2
映画「この世界の片隅に」と、作者こうの史代先生の大学の先輩後輩によるもう一つのファンブック。
Img_0845
・三峯様式
エロの天才、三峯徹先生によるエロ妄想本。コミケの魅力「自由」を最も表した先生自身の良さがにじみ出ています。
本人はすごくいい人なんだよなあ。
Img_0846 Img_0848
・名作ハウスの女子会
田中圭一先生による禁断の書。
小公女セーラの年季の入った腐女子っぷりとカトリ亜美の声優ネタに感涙…
Img_0849 Img_0850
・戦車道はじめました改
プラモのモ子ちゃんでおなじみ藤田幸久先生の同人誌。
ガルパン絵のポストカードも。
Img_0851 Img_0853
Img_1044
・ミシューロクS、ミシューロクV
長谷川裕一先生の単行本未収録作品集。すごい厚さとボリュームに驚く。
全集作ったらどれだけ未収録が発掘されるんやろか…???
Img_0854 Img_0855
・少年未来
小松崎茂先生や、石原豪人先生らが描いた未来。レトロフューチャー的世界を
描いた作品。少年といいながら主人公は女の子w
Img_0856 Img_0858
・できるアニメのエンコ&管理
パソコンで地デジを録画してる人へのTSのエンコード環境と、うまい録画データの管理方法の研究所。
参考になります。
Img_0859 Img_0860 Img_0861
・ビキニアーマーグラフィクス
ファンタジーでいつからかでてきたビキニアーマー。防御があってないような矛盾した防具の魅力について語った本w
様々な実写アニメキャラのビキニアーマーをイラスト化してます。まさかの桜姫まで!
Img_0884 Img_0885
Img_0886 Img_0888

180811コミケット94ー2日目と中野ブロードウェイ

180811コミケット94ー2日目と中野ブロードウェイ
コミケット94、2日目に一般参加してきました。
2日目は漫画、アニメファン向け二次創作、SF特撮関連などです。友人もコミック「王様のバイキング」関連で出品していました。
とにかく連日の猛暑で熱中症対策をしつこくアピールしてましたがそれでも、1日目は180人近い熱中症患者が出たそうです。
時々日が陰るのですが、地面から立ち上る熱気と照りつける日光が容赦なく体力を奪う。やはり、飲み物と日を遮るものは必要です。
帽子もしくはバイザーかせめて白い布を頭にかぶせるだけでもだいぶましです。
駅でもらった紙うちわが文字通り”神うちわ”となってくれましたw
今回の戦利品は、この通り
・ボプテピピック
文字通りボトムズ+ポプテピという混ぜるな危険パロ。
実際ポプテピに郷田ほづみさんと銀河万丈さんでてたしなあ…
Img_0807 Img_0808
Img_0810
・肩地獄車3、4
藤井おでこ先生のガルパンパロ。
なぜこんなに肩車に固執するのか?
普段はエキセントリックなキャラのアンチョビがここではむしろ常識人という異常性www
Img_0811 Img_0812 Img_0813
Img_0815 Img_0816 Img_0817
・ペケモトイズミのホン
混ぜるな危険シリーズw
よりによってふわかわいい竹本泉と毒まみれのポプテピはあかんすぎる。
Img_0862 Img_0863
・贋作まんが1
北村ヂン先生によるパロディ「贋作」シリーズ第一弾。
メインは藤子F似の「ドリえムん」だが、ねほりんぱほりんネタは商業では非常にやりづらいネタw
商業ベースでやったのは赤塚先生くらいじゃないかなあ。
某教祖を整形したらバカボンになって生き神様にというw
旧知の景●民夫がハマったんで目を覚ませという意味だったようだが…
Img_0864 Img_0865
・贋作まんが2
Img_0866 Img_0867 Img_0868
・贋作まんが3
Img_0869
・ラクメキアさんのTV雑誌本
テレビランドやてれびくん、テレビマガジンで展開されていたとんでもグラビアの紹介本。
今回はZガンダム。ニュータイプ創刊間もないアニメ雑誌全盛期でもまだこういうのがやってたことに驚く。
この辺の雑誌(1985年以降)も古くなり価値が出てきたせいか、
オークションでも安く手に入れづらくなってきたそうです。
Img_0871 Img_0872 Img_0873
・ウメラクガキ
ウメグラフィクスさんのイラスト本。ラクガキといいながらかなりのクオリティ。
おもにpixivやTwitterで紹介したもののようです。
Img_0874 Img_0875
Img_0876 Img_0877
・ウメグラフィクスズ、ザブングル
戦闘メカ・ザブングルの世界をウメグラフィクスさんのイラストで展開したもので、
パロディあり、正統派ありとまるで21世紀版ザブングル・グラフィティみたい。
艦これ風エルチw
Img_0878 Img_0879
流石に長居はできず、事前チェックしたぶんと友人サークルの陣中見舞いだけで精一杯でした。
撤収してから、総武線で中野まで。久々に中野ブロードウェイに。
墓場の画廊ではSIREN展をやってましたが、サイン会を行ってたのか整理券で入場という事態でしたので断念。
HidariZingaroではくらやえみ氏による透明感あふれる美少女イラストの個展が行われてました。撮影可です。
原画販売もしてるようでもう半数近く買い手がついてました。
http://hidari-zingaro.jp/
http://hidari-zingaro.jp/2018/07/emikuraya_jp/
Img_0792 Img_0766
Img_0767 Img_0768
Img_0769 Img_0772
Img_0780 Img_0781
Img_0782 Img_0786
pixivZingaroはもうへいさしちゃったらしい。残念。
http://pixiv-zingaro.jp/blog/14580
帰りにアキバに寄り道。
せまいビルから覗くように見える夕焼けがすごくきれいで、
おもわずカメラを向けてしまった。
新しいコンデジはマニュアル撮影が可能なので露出、絞りを微妙に調節して夕闇迫る
夕暮れの赤のグラデーションによるトワイライト感を出せるようになりました。美しい。
Img_0798 Img_0806

Img_0803 Img_0801

2018年8月14日 (火)

180803コーブラーふふふふーん

180803コーブラーふふふふーん
少ない休みを有効に使うため、今日は展示会のハシゴ。
心斎橋墓場の画廊WESTにてコブラ展を見に行きます
(順番狂ったけど、8月3日「180803当方に散財の用意あり!」の続きです)
Img_0576_3 Img_0578_3
Img_0581_2
なんと今年はジャンプ連載開始から40年だそうです。少年ジャンプ黄金期の傑作の一つ。左腕にサイコガンを持つナイスガイ、コブラ。
彼の魅力をパネルとマネキンのお姉さん(イレズミの三姉妹)で堪能できます。
Img_0584_3 Img_0589_2
Img_0588 Img_0590_2
Img_0592_2
Img_0593_2 Img_0600 Img_0587 Img_0596_2 Img_0599
Img_0594
Img_0595_2 Img_0605_2
Img_0619
Img_0607_2
彼女らを背景に自撮りで収まりたい人はスタッフに言えば
シャッター切ってもらえるそうです。
ご丁寧にコスプレ?用のサイコガンもありますwww
Img_0622_2 Img_0621_2
口にココアシガレットくわえて「なあに、わらってごまかすさぁ」と
野沢那智のものまねでニヤリとしたいものですw
Cobra_2

180804たまりませんわ!トシちゃんかんげきー!

180804たまりませんわ!トシちゃんかんげきー!
ほんと夏休みが少ない。初日続きだが
あべのandで開催されたマカロニほうれん荘展in大阪にいってきました。
https://abeno.keizai.biz/headline/2940/
前回、東京中野で開催されたときは押すな押すなで大盛況だったとか。
今回は会場も中野に比べて広く、そのぶん多くの原画が展示されている。
Img_0632 Img_0634
Img_0727 Img_0728
しかも入場無料で中の撮影自由。すごい。
みてみると、懐かしい破壊的ギャグのかずかずは昔のまま、ノリで笑ってしまう。
このコマ運びのリズムはやっぱりクイーンやDPなんかのロック音楽のリズムに近い。グルーヴ感というかw
Img_0637 Img_0655
Img_0659 Img_0662
Img_0665 Img_0666
Img_0669 Img_0670
Img_0690 Img_0692


ただ、今から見ると新しい発見も多数。
当時のロックシーン、クイーンやDP、ガンズ&ローゼス、SEX PISTOLSなどの
LPジャケットやアメコミ、ミリタリーファッション、さらには当時出始めたヲタ要素、アニメ特撮パロディから
吾妻ひでお、谷口敬、内山亜紀などロリコン漫画の要素もいち早く取り入れ、しかもおしゃれに昇華している。
このセンス、早すぎたなあ。
Img_0656 Img_0693
Img_0696 Img_0703 Img_0707
Img_0708 Img_0709
Img_0710 Img_0712
Img_0711 Img_0719
Img_0721
Img_0722 Img_0688

とはいえ当時の新人漫画家に影響与えてますね。とくにジャンプ勢への影響は莫大だったのがいまではよくわかります。
鳥山明「Drスランプ」江口寿史「ストップ!ひばりくん」なんて完全にマカロニほうれん荘フォロワーで、要素をうまく取り入れてますもの。
もし「マカロニほうれん荘」がなかったら「ドラゴンボール」はいまのかたちでは存在しなかったでしょうね…
漫画の歴史のターニングポイントじゃないのか?と戦慄したりも。
物販でお金落とします。お金落としたらまたこういう男前な展示会やってくれるだろうから。
50枚ポストカードセットと専用バインダー。

Img_0742
3000円以上買うと、このような
かっこいいおしゃれなショッパーに入れてくれます。
Img_0743
「きんどーさん、今日は有意義な一日でしたねえ」「あたし目が肥えちゃったわよ」
まさにセリフ通り!

180803当方に散財の用意あり!

180803当方に散財の用意あり!
夏休みが少ないので少ない休みは有効に使わねばならない。
理不尽に忍耐するのではなく、理不尽に夏休みを楽しむことだ!
あの名作「覚悟のススメ」「シグルイ」「エグゾスカル零」「衛府の七忍」を著した魂の劇画家
山口貴由先生の原画展示が大阪モモモグラにて開催されたのでいってきた。
Img_0570
https://www.momomogura.com/
初日なんで大丈夫かと思ったが、幸い整理券なしでも入ることができました。
ガタガタうごく怖いエレベーターを降りるとはらら様のレディーへのエスコートが!
お美事!w
Img_0572
中に入るとホモ、ではなく漢感あふれるサムライの迫力!
かっこよすぎる。かっこよすぎるぜチェスト関ヶ原! 薩摩ではぶち殺せの意味である(嘘)
初期の覚悟のススメ、蛮勇引力の原画やカラーイラストは
B4の原稿用紙を突き破らんばかりの迫力です。すごい圧を感じます。
後期のエグゾスカル零や最新作衛府の七忍については浮世絵や錦絵のような豪華絢爛さを感じて
画力の幅の大きさを感じさせます。
衛府の七忍のカラーイラストは美麗すぎて、立ち止まる人多しw
中の原画は撮影禁止ですが、入り口にあるこの絵だけは撮影OKでした。
最初期の作品覚悟のススメ単行本1巻の表紙原画です。
Img_0574
A6サイズのチャンピオンコミックスではわからない細部までしっかりとみえます。
背景はエアブラシですが、CG使ってないのですべて手描き。ということは
エア吹くときに丁寧にマスキングして、しかも左右で色が違うので2回やってます。
この絵だけで何十時間かけて描いたのか…息を呑みます。
この迫力を見るためにはチャンピオンコミックスでは小さすぎる!原画サイズとまでは言わないが、
せめてB5かA4サイズで見ないとこの迫力は味わえない。
AKIRA単行本くらいのサイズとボリュームは必要じゃないか?と痛烈に感じた。
あるいは21インチくらいのタブレットで電書w
物販では、覚悟のナレーションセリフが刻まれたマグカップと美麗なイラストのポストカードセットを買いました。
12日に展示内容が変わるとのことで、18日までの会期中にもう一度行ってみたいと思います。シグルイもあるかなあ?

180729新マシン行き着くところはこれやった(SSD換装編失敗)

180729新マシン行き着くところはこれやった(SSD換装編失敗)
SSDを250GBに変えるため、準備としてクローンを作る。
Img_0324
裸族のM.2に装着したM.2の250GBSSDをHDDケースに入れてUSB接続。
クローンソフトでクローン作成開始。
Img_0331 Img_0332
Img_0334 Img_0333
6時間近くかかったw物理フォーマットしながらクローン作業してるっぽい。
念の為、リカバリーUSBも作成しておく。
恐ろしことに16GBでも足りなかった。なくなく32GBのUSBメモリを探して使う。
底面のカバーをネジで外し、底面を開ける。
Img_0342
ネジはやたら数が多いため、一つ一つ外しては底面を印刷した紙に両面テープでネジを貼っていく。
Img_0341
全部外すと簡単に外れた
Img_0343 Img_0344
ここの黒いカバーがついているのがSSD。ネジをはずすとびよん、と飛び出すw
Ssd1 Img_0350
代わりにクローンしたSSDをはめてネジ留め。あとは両面テープで貼ったネジを同じ位置にはめ直す。
手間はかかるが作業は複雑ではない。
これでクローンがきちんと出来ていれば起動するはず、だったが、
起動しなかったwww
6時間無駄ー!
原因はわからない。普通クローンしたSSDは無条件でブートしてくれるはずんだが…windows10特有の事象なのか?
皮肉なことについででとっといたリカバリーUSBが役に立ってしまったw
完全にクリーンインストールするしかない。
Img_0354 Img_0352_2
リカバリーすればつづいてWINDOWSUPDATEが始まるが、やたら時間がかかる。
タスクマネージャでみてみると、なんじゃこりゃ?!
全然通信実績がない。つながっては切れ、つながってもほとんどデータが届いてない。
どうやら無線LANドライバが悪いみたいだ。しらべると、2018年4月の最新無線LANドライバがアップロードされてたので
早速当てると、嘘のように通信状況が良くなった。
http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/004760?no=1&p1=103&p2=103106&p3=103106359&score=1.0&sri=5145171&trn_org=2
かんがえたら、この機種が出た2016年ごろは11acも出たばっかしでドライバもこなれてなかったのかもしれない。
結果クローン化は失敗に終わったが、250GBSSDでリカバリーして使用できるようになったのでこれはこれでOK。
あとは定番ソフトのインストールと
chromeブックマークのインポート、thunderbirdのメールデータコピーで環境もだいたい整った。
覚書としてインストールしたソフトをいかに記す。
Avast!
https://www.avast.co.jp/index#pc
あとでかぶるのでWindowsDifenderを無効化した。
https://boxil.jp/mag/a13/

«180729新マシンlet'sRZ5

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ