2017年11月24日 (金)

171123…用件を聞こう

171123…用件を聞こう
天保山の大阪文化館はサブカル系の展覧会でかなり面白いのが多い。
THE ART OF GUNDAMもここでやってました。
今回はゴルゴ。あの怖い目つきのスナイパーです。
https://www.golgo-13.com/
葉巻をくわえ、決して笑わず、食後のタバコ感覚で女を買いw、
確実にターゲットを仕留める。
翌年、雑誌連載50年!を記念しての特別展だ。
Dscn3371
連載最初のシーンはいきなり女を買った後のネオンサインに浮かぶゴルゴ。
白ブリーフがセクシーだw
Dscn3370
ゴルゴ展では貴重な生原稿の展示、中でもクローズアップしてたのは
さいとう・たかを先生がシナリオを描き下ろした女性殺し屋とゴルゴのすれ違いな交流を描いた
「海へ向かうエバ」
劇中の参考資料としてさいとうプロの武器庫に補完されているモデルガンの展示も行われていました。
アーマライトM-16を始め劇中に使われるあらゆる拳銃の実物(モデルガンですが)が展示されております。
展示物とは別に触れる物もあり、ゴルゴばりの狙撃ポーズをスマホで撮影したり出来ます。
私もM-16を持ってみましたが、すごい重い。
Dscn3357 Dscn3358
Dscn3359
こっちはゴルゴの等身大フィギュアと記念撮影できます。さいとうプロの応接室のイメージだそうでw
Dscn3353
Dscn3355 Dscn3356
最後に全エピソードから人気投票をやってました。帝王の罠とか、日本人東研作とか
名エピソードいっぱい。どれにしようかな…
見終わった後のミュージアムショップもゴルゴ。弾痕がらしい、よねw
ポストカードを購入。白ブリーフがインパクトあるわーw
Dscn3369
カフェまでゴルゴw
スイス銀行に振り込まなくてもコーヒーが飲めますw
Dscn3360
Dscn3361 Dscn3362
思わず目つきも険しくなったりw
Dscn3372

171118ブレイブストーム

171118ブレイブストーム
先日ツイッターで見とけと絶賛のツイートをみた。
なんでも昔の特撮シルバー仮面とレッドバロンのリメイクらしい。しかも公開から2週くらいで終わるという。
人気がないのか、もともと短期間公開なのか?
シルバー仮面の平成ライダーっぽさはともかくレッドバロンのデザインが
パシリムっぽくて重量感あふれる作りだったんでみてみよか~くらいのつもりで見に行ってみたのだが、
・・・・・・
やられた~! 手に汗握るカッコよさだったわ。
シルバー仮面が絡むので佐々木守的鬱展開も覚悟してたんだが、全くの杞憂だったwww
痛快娯楽に徹したストレートな作りが、
最近のちょっと鬱入れたりリアル入れたり、恋愛要素入れたり、
監督の精神世界垣間見せたりとかの、今時のヒーローリメイクの要素皆無。
それでいて前作へのリスペクトがなされているのが好感持てる。
Dscn3300
クライマックスの紅健のセリフ、
「あのデカブツから先にぶっ壊してやる!」「下手な小細工しやがって、ぶっつぶしてやる!」
これで「そうだ、やっちまえ!」と素直な言葉が喉から出そうになるwもう円盤出たら買うの確定ですw
Dscn3298 Dscn3299
ラスト以外な人物が出てきて「to be continued」だったのでぜひ続編を期待したいです。
不知火ロボみたいっすw
島本和彦先生あたりがみたら冬コミで薄い本を厚く作りそうなくらいの熱さだったw
ちなみに宇宙人に拉致改造されたどれい人間が鉄のお面つけてるのはなんでだろうと思ってたんだが、
そうか。「鉄面党」かwww
映画の興奮冷めやらぬまま、なんばパークスシネマへいき、
翌年公開の正月映画「マジンガーZinfinity」のムビチケを購入。
なんかカードにしかみえないのだが、これが前売り券なの?
特典のクリアファイルはZの勇姿。カッコイイ!ついでにチラシも配布されていたので
ゲットさせていただきました。
Dscn3296 Dscn3297

171112ゲームレジェンド、とおるたねいてぃぶとデジゲー博

171112ゲームレジェンド、とおるたねいてぃぶとデジゲー博
いよいよ本番。
東京都内と埼玉県のほぼ境目にある川口市。ここでまさにレジェンドなイベントが行われた。
Dscn3281 Dscn3275
Dscn3278
Dscn3286   
基本レトロゲーム関連のイベントで、同人誌、CD、グッズなどの頒布とゲーム関連の技術、レトロゲーム機の展示が行われる。
いつもはそういうのが好きな人向けのイベントなんでおじさんメインw、
参加者もおおいわけではない(といってもこの手のイベントでは多い方)んだが、
今回は勝手が違った。余裕を持って30分前で友人と待ち合わせ、会場に行ったのだが、
すでにざっとみて200人は待機列にならんでいた。
「な、何が起こったかわからねえが」とポルナレフ状態w
並んだ後もぞくぞく行列は加わり、会場の前のホール(結構広い)からはみ出したというツイートも。
少なく見積もっても500人は並んでるようだった。
入場制限が行われ、開場から約30分待ってやっと入場。なかはまさに満員電車並みの混雑。
じっくり見ることも難しい、むしろ立ち止まったら危ないくらい。
しかし、レトロゲームへの熱気は凄まじい。
おじさんだけでなくその子供も参加しているのもみえてなんか嬉しい。
同人誌はもとより
Dscn3292
シューティングの自機を展示や
Img_2994 Img_2997
オリジナル改造を施したゲームボーイ、
Img_2999
ゲーム筐体1/12に小さいモニターを組み込んだ超小型アーケード筐体!
Img_3001 Img_3003
ヘルメッツさんのX68000XVI型ラズパイケースの参考展示(販売は近日、3000円です)
もされてました。 
Img_2991 Img_2992
Dscn3293
2時間近く楽しんだが、流石に体力の限界を感じ、撤収。
じつはゲームレジェンドは開場と参加希望サークルのバランスが合わず、
直前で多数の抽選漏れが発生するという失態がありました。
あぶれたサークルが別の場所を借りて、非公式なゲームレジェンドを別途開催してました。
メインの会場からあるいて5分位の場所です。
本来ならゲームレジェンドの会場で見られたはずのメガドラ版ダライアス用アーケード筐体w
手作りでしかもキレイでカッコイイ。
Img_3006 Img_3004
Img_3007
秋葉原へ行って、UDXでやっているデジゲー博へいきました。
こっちでもゲームイベント。まさにゲージュツの秋ですなあw
半年ほど前に京都のイベントで見かけたサークルさん、
http://bitsummit.org/2017/
http://www.geocities.jp/dij4121/alpha/
半年前は半分くらいの完成度で作りかけてたシューティングゲームが
9割9分完成してました。EDだけ実装が間に合わなかったそうです。
Img_3012 Img_3013
Dscn3294
帰り際に巨大なウォズニアックが!こわいよwww
Img_3020
帰りは駅弁。やはり安定して美味いシウマイ弁当に限るw
Img_3022_2 Img_3023

171111東京へいくぞ

171111東京へいくぞ
翌日のゲームレジェンドへさんかスべく、前日から東京へ向かう。
本当は江戸東京博物館にいって2018年のカレンダーを買いたかったのだが、
残念ながらよく3月まで改装のため休館中でした。せめてカレンダーだけでも他所で買えないかなあ…
ひさびさに秋葉原をブラブラしてみました。秋ブラですw
駿河屋で、8BITMUSICPOWERFINALを購入。3300円と何故か安い。
たぶん、マジックで落書きがしてあると思ったのかもしれないが
これ、作者RIKIさんのサインです。値落ち要素どころかお宝ですw
Riki
ほかには3DOの「シンジケート」を見つけた。これは悪の秘密結社による世界征服ゲームです。科学者を拉致、「説得」し、
一般人を拉致改造して悪のサイボーグとして暗躍させるという…
作中にある「説得」というのは実質「洗脳」というヤバさw
Dscn3377_3
オウムの時代のゲームなんでスーファミにも移植された割に敬遠されてました。
スーファミではシナリオも差し替えになってるようですが、
原作(IBM-PC)のヤバさはこの3DOとFM-TOWNS版が忠実ですw
英語版ならwindows版が500円でダウンロード販売してました。
その後、神田神保町へ久々に赴く。ここはかび臭いけど嫌いになれない場所だ。
途中で、痴漢防止ポスター。なぜか80年代ラブコメ漫画風に絵柄が変わっているw
Img_2985 Dscn3290
途中見つけた猫本専門店「姉川書店」。中に入ると猫の本しかないw最高だ。
Img_2973_2 Img_2974_2
ならではのものはアーチストによる猫の映画パロディ絵葉書。
Dscn3291
なんでも「ねこ検定」なるものもあるときく。挑戦してみたいが間違いなく落第するだろうなあw
Dscn3295
晩御飯は神保町の「くいしんぼ」で200gのすごいステーキその名も「くいしんぼステーキ」
まんまですw サラダとご飯ついて980円(税抜き)なので安い。
Img_2982 Img_2979
Img_2977

171105スーフェス

171105スーフェス
大阪で4回めのスーフェスが開催。行ってみることにした。
場所は堺筋本町近くのマイドームおおさか。
Img_2961 Img_2963
Img_2964
スーフェスとはいわゆるおもちゃの即売会で、
いつもは東京で年3回やってます。大阪は2年に1回くらいのペースでまだ4回め。
企業主催のイベントなため中古販売や企業のオリジナル商品販売が目立つ。
同人イベントの側面もあるワンフェスと違いむしろプロが集う古書市に近い。
ここの魅力はレアなおもちゃが格安で手に入ること。
今回、ROBOT魂のバイファムが3200円。かなり安く手に入れられた。
Dscn3373 Dscn3374
他にも、ガチャガチャのレア物やコスモ星丸グッズ(当時モノ)、ギャバンレーザーブレード(市価の半額)、
完成品プラモなどがあった。
ここのもう一つの特徴は、特撮関連の業界人や芸能人を招いてのトークショーやサイン会、物販を売りにしていること。
今回は「仮面ライダーアマゾン」主役の岡崎徹さん、「ウルトラマンA」の主役、高峰圭二さんが登壇され、
当時の思い出をトークで語ってくれていた。
こういうのは企業イベントならでは。同人イベントではこんなゲストはまず呼べない。

171104北斎

171104北斎
あべのハルカスで公開中の北斎展。
Img_2954 Img_2955
今までの作品だけでなく、
今回は初の「濤図」のパネル絵が展示されているところから連日大人気。
よりによって土日に行こうものなら長蛇の列に巻かれることになる。
チケット買うのに30分近く並んだ上に、中庭へいって時間ごとの整理券をもらわないといけない。
もらった整理券は14:30。げっ、1時間も後だわ。
時間つぶしまくって、やっと入室時間。
中に入るとすごい人。
どんだけみんな北斎だいすきなんだよとw
しかし、それでも北斎は偉大だった。両国のすみだ北斎美術館でみたのとくらべると、
初刷りあり、肉筆画ありととんでも豪華、
極めつけは 最晩年の大作「上町祭屋台天井絵「濤図」」が展示されていたこと。
巨大な物で120cm四方の大きさ。桐の板に描かれているので重量も相当あります。
おみやげにガチャガチャもありました。最近の展覧会でけっこうありますね。
Img_2957
また、今年は阿倍野近鉄百貨店の80周年でした。そこで近鉄百貨店の歴史展示も行われています。
Img_2952
Img_2958_2 Img_2959
お歳暮コーナーの隅ですが、当時の広告や引札などを見ることが出来ました。
当時のデパガの制服も一部展示されています。東京の白木屋火災の経験
(和服の店員が飛び降りれば助かるのに裾がまくれるのを嫌がり、結果多くの店員が焼死した)からか、
開業当時から洋服の制服を導入したみたいですね。

2017年8月18日 (金)

170813_コミケ3日目。喜びのデス・ロード

170813_コミケ3日目。喜びのデス・ロード
コミケ3日目、東横インのまずい朝ごはんを食べた後、万全の体制でビッグサイトへ。
2019年からビッグサイトが使えなくなる可能性があるということで代替会場を探しているが、
幕張メッセも他の展示場も厳しい。下手すれば次回の冬コミがビッグサイト開催の
いったん最後になるかもしれない。
 
そういう厳しい状況でも3日目の盛り上がりは大変だった。
なにせ男性向け創作は3日目の華。
酸っぱい匂いのフレンズがたっくさーん参加してくれるからだいじょーぶ(ヤケクソ)
そんな私が購入した同人誌はこんな感じ。
「シマフレ」島本和彦先生のサークルウラシマモトの新刊。
けものフレンズだが、やっぱり熱いないようになっていた。
アライさんは話を盛りすぎる。ということがよくわかったw
Dscn2985 01
「桜戸町10秒戦争」
「だいらんど」で知る人ぞ知るがぁさんの一般向けSF。
爆発事件から10秒以内に町の全員を避難させるため、
時間遅延機をつかって奔走する弁当屋の看板娘とマッドサイエンティストのおはなし。
がぁさんは本来成人漫画、つまりエロ方面の人なのだが、たまに描く一般向けに
弱い人への優しい眼差しが垣間見えて好きだ。
「うちの猫ず日記」「デッドコピー」や「だいらんど」はマンガ図書館Zで無償で見られますのでぜひ。
Dscn2988
三峯徹同人誌生活10周年記念本~道の途中
あのエロ雑誌や少女雑誌の伝説のハガキ職人三峯徹先生の同人誌。イラスト中心。
よく彼の絵を下手くそだという人がいるが、そんなやつはルソーの絵に出てくるライオンにでも
食われてしまえと思う。
 
彼は21世紀のルソーだ。かれの価値は後の人が
評価してくれると信じているが、残念ながら私の生きている間には評価されそうもない。だから俺は買う。
Dscn2989
「人妻と怪獣と」成人漫画の人たちが肉感たっぷりな人妻を描く、がそこにMeetsするのは
洗濯屋のケンちゃんでもとなりの大学生でもホスト上がりのチャラ男でもなくメトロン星人や
ジャミラ、ギエロン星獣、ベムスター、ノーマンと円谷以外も揃ったバラエティ豊かな怪獣宇宙人たち。
特撮欲と性欲を同時に満たすノーパンしゃぶしゃぶのような作品ですw(一応一般作な、これ)
Dscn2990 Dscn2992
「らくがきちょう2017」「ミシューロク2」
「らくがきちょう2017」は長谷川裕一先生の新解釈で描いたサイボーグ009や
ザブングル、パシフィック・リムのイェーガー、怪物くんなどのラフなイラスト集。
怪物くんはクラシックなドラキュラ、フランケン、狼男を今風な解釈で
 フレディ、ジェイソン、ギーガーエイリアンにリファインw
ザブングルはSFロボット然としたデザインをより西部劇チックにアレンジ、009にいたっては
一部メンバーを女性化し制服をトレンチコート風にと想像力が羽ばたく羽ばたく
ミシューロク2はスパロボアンソロかなんかに載って、
権利関係でまず再度みられないだろうダンバインとゴッドマーズの外伝をお蔵出し。
Dscn2993 Dscn2994
「ぼくらを育てたシナリオとミステリーのすごい人4」
いままで数々のアニメ特撮で脚本を手がけ、推理作家、マンガ原作者としても知られた辻真先先生の
ロングインタビュー。
素敵なことにスペースに辻先生ご本人がおられ、緊張しながらサインをいただきました。
そりゃ我々の世代は辻真先脚本のアニメ特撮で育ったようなものです。
Dscn2995
「知らゲーZoukan」
いつもの知らゲーとちがってZ(増刊)と銘打った本号。
ゲームラボ最終号特集と銘打って同雑誌の裏事情を暴露というか、同じ人が編集者だったいう衝撃の事実w
海外ゲームのへんなタイトルなどどうりで内容と雰囲気が似てると思った。
ゲームラボはなくなったが、この同人誌は続くだろう。違いはピョコタンがいないくらいだw
Dscn2996 Dscn2997
「レトロPCが好きな人の毒舌な妹ともえのこれから始めるPC-88読本」 「ともえの妄想ライブラリー」
同人ソフトではなく、一般創作で見かけるとは思わなかった。レトロPCクラスタで知る人ぞ知る
毒舌な妹によるPC-8801の解説本と、妄想ライブラリーと銘打った「こんなレトロPCがあればいいのに」
なアイディア集。
Dscn2998 Dscn2999
「シェア1%未満のガジェット読本」
シェアは低いが、独特の使い勝手がその1%を魅了する、そういうガジェットたち。
本編ではコンデンサー型ヘッドホン、RPN電卓(HP電卓)、親指シフトキーボード、トラックボールについて
それらの魅力を紹介しています。RPN電卓はかのHP-200LXでも搭載されていたのですが、いまはより高性能な数式直入力という掟破りが
出ちゃってますから厳しいかなあ…
トラックボールはいまでも欲しいアイテムです。震災の頃、職場で導入を呼びかけたんですが見事に却下された思い出が
(マウスだと地震のとき”踊る”から危ないと主張したんだけどねえ)w
コンデンサー型ヘッドホンは存在を初めて知りました。
いままで安価なダイナミック型ヘッドホンしか使ったことがないので
今度オーディオショップでコンデンサー型ヘッドホンを試聴してみたいと考えるくらいには興味を引かれました。
Dscn3000 Dscn3001
「アニメ100年ハンドブック」
アニメ評論家氷川竜介先生による、1917年(大正8年)に始めてアニメらしきものが作られたところから戦中戦後をへて、手塚治虫の鉄腕アトム、
TVアニメ隆盛の時代、宇宙戦艦ヤマトや機動戦士ガンダムのブーム、ロボットアニメ全盛期、OVA、深夜アニメ、萌え、
アニメだけでなく、アニメ雑誌の創刊やビデオデッキ登場による視聴ライフスタイルの変化といったアニメ周辺の状況の変化も含め、
100年分のサブカル史のいち側面を一気に考察している読み応えのある内容です。
Dscn3002
「アレの月」
宮城銘菓「萩の月」名物にうまいものなしと言われる中で本当に美味しい名物として知られるが、
有名になれば当然、それっぽいものも出回る。全国各地にある「アレな月」の紹介だけでなく萩の月を100点満点とした
”月っぽさ評価”をレーダーチャートで紹介w
セブンイレブンのアレもあるよ~w
Dscn2956 Dscn2957
重さにめげそうになること幾度か。宅配で送りゃいいのにとあとで思ったが後の祭りw

2017年8月17日 (木)

170812_コミケ2日目&銀ブラ

170812_コミケ2日目&銀ブラ
いよいよ気合い入れていかんとなあw
てなわけでコミケ2日目参加してきました。友人のサークルに挨拶して、特撮のエリアへ。
現在めきめき活躍されている金子大輝さんのサークル「レトロランド」へ。
今回は東映まんがまつりでありそうななさそうなシチュエーションを映画パンフレット風に作った
「妄映まんがまつりパンフレット」 夢の対決や石森章太郎絵の幻魔大戦、
旧東映版サイボーグ009VS原作風デビルマンというマニア泣かせな一品。
この方、平成生まれながらツボを心得ている。すごくできる人だ。
商業では、写実的なイラストが多いだけにあえて漫画マンガしてるのも意外性があって素敵です。
Dscn2974
Dscn2976 Dscn2975
田中圭一先生の「フォースの無駄遣い」
いまやうつヌケでヒーリング漫画家と誤解されている田中圭一先生。
実はどぎついパロディのほうが多いw
過去手塚、本宮、宮崎駿とヤバイ箸を渡ってきたにも関わらず、さらに地雷原「ディ○ニー」に踏み込むという暴挙
しかもあの「スター○ォーズ」という超弩級地雷w
なんでか関西弁のジャバ寿司が結構好きw
Dscn2978
前川さなえ「ひとりりぼん」
育児マンガの前川さなえ先生はイタコまんがの達人だったw 一人で全盛期のりぼんを再現すべく
パロディーを巻き起こす。叶姉妹と一条さゆり先生との相性の良さよw
岡田あーみんのネタは本家がそのまんまなのでずるいっちゃずるいw
Dscn2979
両方共、とらやZINなどの同人誌ショップで買えます
こうの史代先生の大学時代漫研の先輩後輩が寄稿した「呉の世界の片隅に」 師匠である
とだ勝之先生を始め、多くの商業、同人作家がアニメ化された「この世界の片隅に」についての
感想や作者こうの史代先生の思い出を書き記しています。
Dscn2980 Dscn2981
すでに内外の作家が描かれたファンブック(こっちは商業誌)
と合わせて対になる同人誌です。
 
暗黒シン・ゴジラ
ゴジラは宇宙の真理でブラフマンでアートマンで暗黒神で馬頭星雲なんだよ!
な、なんだってー >ΩΩΩ
諸星大二郎「暗黒神話」風の絵柄でシン・ゴジラをネタにしたパロディ本。
Dscn2982 Dscn2983
さすがに体力が長続きしないため(それに本番は明日だw)早めにビッグサイトを撤収。
 
ちょっと有楽町へ寄り道。ここで開催されている「幻獣神話展IV」にいきました。
すでに4回目を迎える本展では、イラスト、版画、オブジェなどの様々な作品を楽しめます。
殆どはうりものなので買うことも出来ますが、数万円~百数十万円となかなかのお値段です。
図録を買うと会場にいらしゃる先生方のサインもいただけます。
Dscn2949
憧れの怪獣絵師開田裕治先生などそうそうたるメンバーのサインを頂けて感激。
さらに片目でみると遠近感がなくなることを利用したトリックアートで出品されていらっしゃったのは
なんと世界のSFXメーキャップアーチスト、スクリーミング・マッド・ジョージ先生。
先生から直接説明を受けてボタンを押すと女性の顔が醜く変形して化物になった、ように見える不思議w
図録では製作途中だったのですが、実物はさすが特殊メイクの天才。まるで人間の肉が露出したような
リアルな肌色+ピンク色に塗装されていました。
8月19日まで、有楽町の東京交通会館で実施されてます。
さらにtwitterで知って、銀座三越まで足を伸ばしました。
久々の銀座。向かいにある銀座和光のセイコー時計台が正時を告げてました。
Dscn2925 Dscn2924
今年、パックマン37周年を記念して、記念ショップが開設されています。
様々なグッズ販売や、パックマンカフェ、展示コーナーでは
貴重な資料やパックマンシリーズのゲーム筐体もおいてあり、無料でゲームが出来ます。
パックマンだけでなく、パックランドや海外からの逆輸入Msパックマンなども遊べます。
Dscn2910_2 Dscn2912
Dscn2919 Dscn2916
これはパックマンのキャラオブジェ。
Dscn2922 Dscn2921
グッズはTシャツや文具みたいなリーズナブルなものから受注生産のアナログ時計(270万円超!)
まで。私はネタ目当てでこれを。
パックマンはいい、コーヒーも好きだ。けどくっつけたら…あかんやつになります。
Dscn2984

170811_すみだ北斎美術館toアキバ

170811_すみだ北斎美術館toアキバ
両国といえば現代の相撲の聖地「両国国技館」と江戸東京博物館、そして新たなスポットがオープンした。
すみだ北斎美術館である。
まだオープンしたばかりで、あまり知られていないスポットではあるが、
画狂老人こと葛飾北斎の富嶽三十六景を中心としたコレクションを展示している。
児童公園と総武線沿線の蕎麦にいきなり宇宙人の秘密基地みたいにあるので違和感半端ないw
Dscn2870 Dscn2873
Dscn2869
今回の特別展は富嶽三十六景に加え、後に描き下ろしたイラスト集「富嶽百景」を展示している。
Dscn2941 Dscn2944
02 01_2
百景は多色刷りの錦絵ではなく、
モノクロ描きのイラスト集である。そのため北斎漫画みたいなシンプルな絵面だが、
富士山がちょろっとでも乗ってれば後は何描いてもいいという
90年代エロマンガみたいな好き勝手感(?)にあふれている。
水面に写った富士(いわゆる逆さ富士)だけでなく、
水面が揺れている逆さ富士などどれひとつとして同じイラストがない。
まさにマンガ感覚のライトな読み物になっている。
北斎というのは90歳で死ぬまで描き続け、本人は150歳まで生きて絵を描き続けるつもりだったらしい。
「70なんてまだまだひよっこよ」とカラカラ笑う画狂老人を見た気がしましたw
妖怪絵やエロ絵、美人画、生物画、風俗画などなんでも描いた北斎老人に後世の絵師は
どこまで挑み続けられるだろうか?
  
このあと、友人と落ち合ってアキバへ。
友人が予約してくれたVRゲームを体験させてもらった。
最初はアイマスやラブライブみたいなアニメアイドルのライブ体験。持ってるコントローラーが
サイリウムになって振ったりして応援するものだが、基本特等席(かぶりつき)での鑑賞。
おどったり歌ったり迫ってくるのだが驚いたのは振ってくる紙吹雪。おもわずてで掴めそうな錯覚で
ライブなのに上を見上げること何回もwひらひら舞う紙が手元へオチてきそうなまでに感じます。
2つ目にジェットコースター。スーパーマリオみたいにコース上に転がってるコインをゲットするものだが、
見てるだけなのに単なる錯覚なのに、強風を感じて思わず避けてしまったり
コースターが上下するたびにコシを浮かせてしまったりとまんまと幻想に取り込まれてしまいました。
思い出したのが1990年花の万博でみた立体映像体験。液晶シャッターメガネで、書割じゃない、
リアリティ最大の立体映像技術を展示していて、その時感じた「てにさわれそう」感覚が
今回の物に近かった。逆を言えば三菱が国内最大級のイベントに何十億という金をつぎ込んでようやく
実現できたものが、いまはPC+VRゴーグルで30~40万円で実現できているという技術の進化。
友人に言わせると「これより数段劣る」PS4VRでも可能性を期待してしまいます。
女の子の家庭教師なんかどうでもよかったが
レーシングやコクピットシューティングのいいのが出るならがぜん期待してしまうわーw
帰りにRaspberryPIと組み合わせてSCSIデバイスをエミュレートするRaSCSIと
ネタで雑貨店でハンドスピナーを購入。
ハンドスピナーはただくるくる回るだけのもので
もともとは発達障害者のリハビリ用だったそうだが、(障害といっても昔で言う「落ち着きのない子」レベル)
いまやなぜか大はやり。
実際、コレを猿みたいに回してると貧乏ゆすりとか手遊びとかペン回しとか
他のことをしてしまいがちなきっかけ、イライラ感がなぜか失せるのだw
俺の子供の時これがあれば貧乏ゆすりとかくせにならずにすんだのかもしれない。
Dscn2966 Dscn2968
これ、LEDが仕込んであって、押すと光ります。無駄な機能だなあw
Dscn2960 Dscn2961

2017年8月16日 (水)

170806 ウルトラセブンと携帯端末リニューアル

170806 ウルトラセブンと携帯端末リニューアル
なんば高島屋で実施されていたウルトラセブン50周年イベント「モロボシダンの名を借りて」
ものとしては前回京都で見たものと同じだったが、日曜日だったため、セブンが来場してくれていて
子どもたち大喜び。パパやママも大喜びw
一緒に写真をとって一生の思い出をつくってました。この内何人かは、特撮やアニメの世界に飛び込むんだろうなと思いつつw
Dscn2830 Dscn2831
Dscn2832
前回も圧巻だったメトロン星人ジオラマもありました。今回はアオリで撮影。
巨大なものはやっぱアオリが映えますねw
Dscn2834 Dscn2838
帰りに電気街に寄り道。
中古ゲーム屋さんで、スーパーファミコンの対戦格闘ゲーム 「ウルトラセブン」を購入w
テンションあがってたんでw
Dscn2839
さらにジョーシンへ。
今使ってるのはipodtouch5世代目2012年モデルですが、5年も使ってると度重なる
OSバージョンアップのお陰でもっさり遅いしメモリは足りないしで、アプリもオチまくる。
ついでにバッテリーもへたって持たないという三重苦。
バッテリー交換もこの機種は極めて至難の業らしく、交換は難しい。そもそもアップルは修理しない
(新品交換)方針みたいです。
もたもた遅い携帯端末にイライラしていると
なんと、ipodtouch6thが値下げされていた。本体21800円(32GBモデル)。
32GBで定価ベース約4000円の値下げ。2015年モデルながら64ビットクアッドA8プロセッサで、
メモリも1GB。IOS10を動かすには十分だ。
この値下げは多分、新モデル発表かさもなくば打ち止めかの二択だろうなあと思い、
それなら安くなった直後のいまが買い時じゃないか、いまのを使い続ける義理もないと思い、
すぐさま購入。これに保護フィルムをセット割引で追加して、税込25000円くらいで購入。
本当はシリコンケースが欲しかったがジョーシンに在庫無く、後に淀で購入。こっちは1380円でした。
Dscn2850_2 Dscn2849_2
帰ってitunesへ別名(デフォルト)で新規登録、その後バックアップを書き戻して完了
(itunesの仕様で一度別名の新機種として登録しないと、バックアップからのリストアが出来ない。
リストアの際、名前はバックアップのものに上書きされる)
いままで買ったアプリもそのまま登録されたのでロストしないですんだ。
ツイッターやAmazonもほぼアカウント設定がそのまま引き継がれるので違和感なく使える。
さらに
・バッテリーの持ち:5thの初期状態よりは悪いが、それでもネット接続状態で6~7時間は持ちます
・速さ:64ビット最適化されたアプリは顕著だが互換性に難あり。「群馬県から来た少女」など一部ゲームアプリで動作しない物がある
・メモリ倍増による安定性:それでもときどきtwitterは挙動不審になる
という感じ。
見た目は写真では変わらないように見えるが、実際は同じブルーでもだいぶ違う。
旧5thは水色といった感じだが。新6thはちょい青が濃くなっている。
それと5thにはついていたストラップホールがなくなってるため、ヒモを繋げなくなってしまった。
ココは残念。コスト下げるためにだろうか? ついでにリアカメラもやっと800万画素とiphone5並、まともなデジカメレベルに鳴ったので
写真もSNSに載せやすくなった。
また一応フルHD動画も撮影可能なようだが、まだ試していない。
背面の比較。左下のストラップを引っ掛けるギミックがなくなってるのが残念。
大きさは全く同じなのでケースは流用できます。写真では分からないが色は6thがかなり濃い目の青です。5thは水色に近い。
Dscn2854
   
後日、同じくもっさりを飛び越えて、レスポンスが3分後に帰ってくる超激遅端末と化したNexus7(2012)
の後継機をさがしてヨドバシでファーウェイメディアパッドを購入。
Dscn2840_3 Dscn2846
8インチで薄クて軽いのに電池が10時間持つ。さらに、CPUが64ビット仕様のオクタコアで
液晶解像度が1920*1200というフルHD仕様(nexus7 2012は1280*800)
ゲームには速度の面で難ありだそうだが、kindleなど電子書籍とtwitterメインなので悪くないスペック。
しかも価格が17980円(淀価格)とかなりやすい(通販ならもっと安いところがある)
気になっていたのは旧Nexus7からのアプリ移行。itunesみたいに母艦でバックアップを取ってるわkでもないし、
バックアップソフトでコピーを撮っているわけでもない。
どうやればいいんだろう?
    
結論から言うと、
1)新端末でgoogleアカウントを登録
2)アカウントに紐ついた情報を引き、googleからアプリ情報(記憶パスワードなど)をダウンロード
3)旧端末を持っていれば、旧端末←→新端末間で接続し、登録アプリの移し替えを行う。
端末同士を無線で繋いでコピーというのはおそれいった。
いまのAndroidスマホなら常識だったんだろうが、
もってない私としては驚かざるを得ない。
Dscn2851 Dscn2853
ちなみに端末同士を無線で繋いでコピーする機能はAndroid4.2以降で実装されたらしいが、
てんで気づかなかったw
画面の大きさ比較。NEXUS7は7インチ、MediapadT8は8インチ。一回り大きい。
解像度はMediapadが圧倒的に高いが、意外と電子書籍を見る分にはNexus7でも違和感はない。
Dscn2859 Dscn2863
色合いはNexusのほうが好みだ。でも超絶おそいのでもういいw
考えたら、今日まで5年前の端末で遅さに不満言いながらやってたわけだ。何やってたんだろ、俺…

«170730_怖い絵展

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ